« お化け煙突をgoogle検索 3次元グラフ作成機能で描いてみる。 | トップページ | 「さよならドビュッシー」を読んだ。 »

2012年10月 3日 (水)

「プリズン・トリック」を読んだ。

第55回江戸川乱歩賞受賞作で、帯で散々あおっている(選考委員のド肝を抜いた「鉄壁のトリック」)ので、これは読まねばと思って読んだ。

市原の交通刑務所内で、受刑者が殺され、別の受刑者が逃走という非常事態が起きる。殺された受刑者は密室としか思えないような状況で顔・手を薬品で焼かれ、また前に倣えのような体制をとっていた。一体どうやって殺されたのか?

というわくわくの展開。また政治汚職も絡み、一体どうなっていくのかと一気に読んだ。

が、これ、乱歩賞に応募したときは最後についている手紙の部分はなかったらしい。でも、これ、ない方が面白いんじゃないだろうか。最後にみんなの頭の中に「????」が渦巻くと思う。まあ、それをにおわせることはあちこちにちりばめられているので、、、

でも最後の手紙があることで、これ続編ができるんじゃないか、と思わせるものに。うーん、どっちがよかったんだろう。

« お化け煙突をgoogle検索 3次元グラフ作成機能で描いてみる。 | トップページ | 「さよならドビュッシー」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54268134

この記事へのトラックバック一覧です: 「プリズン・トリック」を読んだ。:

« お化け煙突をgoogle検索 3次元グラフ作成機能で描いてみる。 | トップページ | 「さよならドビュッシー」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ