« 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! | トップページ | 速報:2012年ノーベル化学賞はRobert J. Lefkowitz & Brian K. Kobilka »

2012年10月10日 (水)

「絶望ノート」を読んだ。

今、私が最も好きな作家、歌野さんの新作ということで相当身構えて読んだ。

前半は中二の男の子(太刀川照音)があまりのすさまじいいじめに苦しみ、絶望ノートという日記をつけるところから始まる。そしてある日、頭部大の人間の顔を思わせる石を見つけ(ベヘリット? ベルセルクのね)、それを神としていじめた人間の死を祈る…

するとそのいじめた人間が突如死んでしまう。

いじめ問題を歌野さん流に糾弾する話と思いきや、、、(なので前半は読んでいてつらい)

後半で様相がガラッと変わっていきます。

さすが、そんな単純な話にはならない。が、やっぱり最後は後味悪い…

« 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! | トップページ | 速報:2012年ノーベル化学賞はRobert J. Lefkowitz & Brian K. Kobilka »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55845704

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶望ノート」を読んだ。:

« 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! | トップページ | 速報:2012年ノーベル化学賞はRobert J. Lefkowitz & Brian K. Kobilka »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ