« 山中教授のノーベル賞受賞のKey publicationの論文 | トップページ | 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! »

2012年10月 9日 (火)

「天地明察」を読んだ。面白い!

和算にこれだけスポットを当てたお話で、かつ面白いのは初めて。関孝和がすごいヒーロー的な描かれ方をしていて(もちろん本当にすごい人なんですが)わくわく。

*”100人の数学者”に出てきた関さんの業績は、代数式の表し方の工夫、数字係数方程式のホーナーの方法による解法、方程式の判別式、正負の根の存在条件、根の変換問題、ニュートンの近似解法、ニュートンの補間法、極大・極小条件、行列式(これが最も有名)、近似分数、不定方程式も解法、招差法の一般化、級数の和、ベルヌイ数、正多角形に関する計算、パップス・ギュルダンの方法、円錐曲線論、方陣、円陣、継子立て、目付字、天文、暦、、、だそうですよ。

特に上巻では登場しなくても要所要所で主人公(渋川春海)にヒントを与えるといういい役。

建部さんが上巻で出てきたときは、これは、、、と思ったら建部賢弘も下巻で登場して来たー!という感じ。

建部さんは(arcsin x)^2をテイラー展開した人ですよ(もちろん、テイラーより前に)。

ちなみに私の大学の同期、建部賞という日本数学会の新人賞みたいな賞を取ってます。

和算の例題もGeogebraでやらせたら面白そうなので時間があったらまたやってみます。

岡田君主演の映画も面白そうだな。特に日食のシーン。

« 山中教授のノーベル賞受賞のKey publicationの論文 | トップページ | 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55845631

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地明察」を読んだ。面白い!:

« 山中教授のノーベル賞受賞のKey publicationの論文 | トップページ | 2012ノーベル物理学賞は量子力学の実験家のお二人(Serge Haroche & David J. Wineland)-シュレーディンガーの猫?! »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ