« ブラックホールのまわりの光線の軌跡をGeoGebra4.0で描く。 | トップページ | iPad miniのCMソングをGoogle Moog(モーグ博士の78回目の誕生日にでたやつ)で弾いてみたが、、、 »

2012年11月10日 (土)

無貌伝 - 双児の子ら - を読んだ。

帯が西尾維新さんが絶句(これは褒めているのだろうか)した、とかあおっているので気になって読んでみた。

私はジャンプに前に連載されていたネウロのファンだったんですが、何か似た雰囲気がありますね。

相続問題を抱えた資産家の屋敷、双子という横溝さんっぽいギミックと、ヒトデナシという妖怪?と、小林少年のような古村、といういろんな要素が入っています。

特にヒトデナシがいる世界で、そのきめられたルールに従ってトリックも使われているというのが西澤さんっぽい。

名探偵 秋津は怪盗 無貌によって顔を奪われ、絶望の日々を送っていた。そこにサーカスにいた少年、古村望が助手になる。そんな中、無貌から犯行予告が送られ、鉄道王の一族の娘、榎木芹の舌が狙われているという。二人は榎木の屋敷に警護のために向かうが、、、

という話。上でも書いたように、きめられたルールをうまいこと使ってますが、メイントリックじゃないというのが少し残念。でも最後の対決のとことか、なぜ二人が見えなかったのか、は面白かった。まだまだ続くということで次も読んでみたい。

« ブラックホールのまわりの光線の軌跡をGeoGebra4.0で描く。 | トップページ | iPad miniのCMソングをGoogle Moog(モーグ博士の78回目の誕生日にでたやつ)で弾いてみたが、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55991909

この記事へのトラックバック一覧です: 無貌伝 - 双児の子ら - を読んだ。:

« ブラックホールのまわりの光線の軌跡をGeoGebra4.0で描く。 | トップページ | iPad miniのCMソングをGoogle Moog(モーグ博士の78回目の誕生日にでたやつ)で弾いてみたが、、、 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ