« 万博記念公園に行ってきた(その4 国立民俗学博物館) | トップページ | 無貌伝 - 双児の子ら - を読んだ。 »

2012年11月 9日 (金)

ブラックホールのまわりの光線の軌跡をGeoGebra4.0で描く。

ブラックホールのまわりの光線を記述する微分方程式は、

dr/dt = ±(1-rg/r)*√(1-b^2/r^2 + b^2*rg/r)

dφ/dt= (1-rg/r)*b/r^2

と書ける。これをRunge-Kutta8次(Dormand&Prince)で計算したあと、GeoGebra4.0で図示したものがこちら。

Blackhole

最初の位置によってブラックホールに吸い込まれたり、うまく逃げたりできる。一回転する解も。

元ネタは”計算物理”(共立)です。

« 万博記念公園に行ってきた(その4 国立民俗学博物館) | トップページ | 無貌伝 - 双児の子ら - を読んだ。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56050705

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホールのまわりの光線の軌跡をGeoGebra4.0で描く。:

« 万博記念公園に行ってきた(その4 国立民俗学博物館) | トップページ | 無貌伝 - 双児の子ら - を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ