« 笠松公園までリフトで登ったあとは成相寺までバスでさらに登る。 | トップページ | 伏見稲荷へ行ってきた(前半)。 »

2012年11月19日 (月)

糖尿病治療薬ロシグリタゾンの副作用(心不全など)について、製薬会社からお金をもらっている研究者は副作用を少なく見積もるという論文が、、、

まきのさんのTwitterで知りました。唖然…でも2010年か。だいぶ前ですね。全然知らなかった。

内容はこちら↓

ロシグリタゾン(商品名:Avandia)の心血管に対するリスクについての産業提携と地位の関連付けについて:横断的な系統的レビュー

"Association between industry affiliation and position on cardiovascular risk with rosiglitazone: cross sectional systematic review"

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2841746/

なんとそのお金をもらっている著者リスト付き。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2841746/bin/wana709220.w1_default.pdf

で結局は2010年に使用禁止になっていたということでした。

http://www.drugsinfo.jp/2011/03/04-000900

”但し、本薬に関しては米食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)が、2010年9月23日、『使用制限』について通知した。欧州では市場から回収、米国でも原則として使用を禁止する。回収あるいは禁止の理由は、心臓発作を起こし易くする副作用があると見られるためとされている。”

だって。

Scientific Americanの記事にこういう話が載っているそうです。

http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=how-drug-company-money-undermining-science&WT.mc_id=SA_sharetool_Twitter

« 笠松公園までリフトで登ったあとは成相寺までバスでさらに登る。 | トップページ | 伏見稲荷へ行ってきた(前半)。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56149930

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病治療薬ロシグリタゾンの副作用(心不全など)について、製薬会社からお金をもらっている研究者は副作用を少なく見積もるという論文が、、、:

» 糖尿病 最新情報 - 知識陣 (健康 医療) [知識陣 健康]
糖尿病 に関する最新情報 [続きを読む]

« 笠松公園までリフトで登ったあとは成相寺までバスでさらに登る。 | トップページ | 伏見稲荷へ行ってきた(前半)。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ