« 伏見稲荷へ行ってきた(後半、山登り)。 | トップページ | 無線LANがなぜ2.4GHzか、で学生が調べてもわからん、という話がありましたが、携帯電話のバンドの周波数がどうやって決まったかの方が難しい。 »

2012年11月22日 (木)

"プラチナデータ"を読んだ。

ほんとにありそうな近未来ものを書かせたらやっぱり東野さんはうまいですね。

DNAの解析が進み、DNAを調べるだけで人間の身体的特徴がわかるようになっている世界。DNAに関する法律ができ、国民のDNAを国が管理するようになり、犯罪者の遺留物を調べればある人物の身内ということまでわかってしまう。このすぐれたシステムでもわからないNot Foundと呼ばれる事例が出てきていた。

そんな中、DNAデータをコンピュータで扱いやすい形にし、データベース照合を容易に行えるようにした天才数学者の女性とその兄が殺害される。

システムのもう一方の担当者である神楽は、殺害された遺留物から犯人をシステムで調べたが、その犯人を指し示すデータは何と自分自身のものであった。

逃げる神楽と追うもう一人の主人公、刑事の浅間。天才数学者が残した”モーグル”というプログラムとは何なのか?

という話を聞くだけでおもしろそうなお話。

とはいえ、結構予想できるところが多かったのでちょっとそこは東野さんらしくないか?でも十二分に面白いのと、最後の部分はわかっていても感動的。

映画化には向いてそうだなあ、と思ったら来年、嵐の二宮くんと豊川主演で映画化されるそうですよ。

« 伏見稲荷へ行ってきた(後半、山登り)。 | トップページ | 無線LANがなぜ2.4GHzか、で学生が調べてもわからん、という話がありましたが、携帯電話のバンドの周波数がどうやって決まったかの方が難しい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56149151

この記事へのトラックバック一覧です: "プラチナデータ"を読んだ。:

« 伏見稲荷へ行ってきた(後半、山登り)。 | トップページ | 無線LANがなぜ2.4GHzか、で学生が調べてもわからん、という話がありましたが、携帯電話のバンドの周波数がどうやって決まったかの方が難しい。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ