« 万博記念公園に行ってきた(その3 EXPO’70パビリオン) | トップページ | ゆびピアノドレミくんを思い出した(iPad miniの人差し指ピアノを見て) »

2012年11月 6日 (火)

我々の世界は誰かが作ったシミュレーションではない、という論文がありましたが、単に格子QCDは現実を正確に記述していない、というだけじゃないの?

これです。"Constraints on the Universe as a Numerical Simulation"

http://arxiv.org/pdf/1210.1847v1.pdf

内容は(わかってないですが)、

観測されている宇宙が(誰かの?)格子状の時空での数値シミュレーションなのかを調べる。シミュレーションのシナリオは格子QCDの最近のトレンドを見て将来どうなるのか、を見てみる。格子ゲージ理論の歴史的経緯からして、改善されていないウィルソン・フェルミオンを使った初期の数値シミュレーションだと仮定して観測量を考えてみると高エネルギーでミューオンのgファクターや回転対称性などで現実とずれがでてくる、、、

格子で切断したり、近似しているのでずれてあたりまえじゃないの?と素人の私は思ったり。

とか思ったら、よくよく見ると格子QCDの限界を示した話で、(誰かが?)シミュレーションしていない、という話じゃないの?

GIZMODEの記事と

http://www.technologyreview.com/view/429561/the-measurement-that-would-reveal-the-universe-as-a-computer-simulation/

ではいかにも”誰かがシミュレーションしていないことが証明された”、ように書いてあったのだが、、、と思って論文の最後読むと、著者たちもそういうモチベーションでやったと、、、微妙な気が、、、

« 万博記念公園に行ってきた(その3 EXPO’70パビリオン) | トップページ | ゆびピアノドレミくんを思い出した(iPad miniの人差し指ピアノを見て) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56056717

この記事へのトラックバック一覧です: 我々の世界は誰かが作ったシミュレーションではない、という論文がありましたが、単に格子QCDは現実を正確に記述していない、というだけじゃないの?:

« 万博記念公園に行ってきた(その3 EXPO’70パビリオン) | トップページ | ゆびピアノドレミくんを思い出した(iPad miniの人差し指ピアノを見て) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ