« S&BのハピファミってカレーのCMキャラ、地獄のミサワだよね、、、 | トップページ | 「英国庭園の謎」を読んだ。 »

2013年1月27日 (日)

ENIAC(最初のコンピュータ)が実際にやった弾道計算って具体的にどんなのか調べた。

先日、弾道計算の話をちょっと書きましたが、じゃあ実際にENIACが最初にやった計算ってどんなの?というのが気になった。

こういうのはIEEEの昔の文献を見るに限る、ということで調べたところ、、、

(*IEEEの論文、私は会員でDigital Library使えるようにしてるのでダウンロードできます。)

Before the ENIAC [weapons firing table calculations]

Electronic Computing Circuits Of The ENIAC

という2件が参考になる。最初のは、ENIACが出る前、Firing Tables(射撃表?)というのを砲撃手は持っているのだが、それをどうやって計算したかというお話。

2つめのが、それをENIACがどう計算したか、というお話。

計算は結局のところ

y'' = -E*y' - g

x'' = -E*x'

を解くことだったが、ここでEがポイントで、

E(y, v) =exp(-h*y) * G(v) / C

(v = √(x'^2 + y'^2) )

G(v)がdrag functionといって空気抵抗などを経験的に定めたもの。Cが弾にかかわる定数。

この微分方程式を数値的に計算する、ということをやったということでした。確かにこんなのを人力でさまざまな条件で計算するのは大変だろう。

こういうのはうちのブログでもRayくん関係でExcelで!計算したことあるなあ。

http://sci.tea-nifty.com/blog/2012/06/8dormandprincer.html

ちなみにFiring Tableはこんな感じで作られるようだ。

Firingtables

« S&BのハピファミってカレーのCMキャラ、地獄のミサワだよね、、、 | トップページ | 「英国庭園の謎」を読んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56636281

この記事へのトラックバック一覧です: ENIAC(最初のコンピュータ)が実際にやった弾道計算って具体的にどんなのか調べた。:

« S&BのハピファミってカレーのCMキャラ、地獄のミサワだよね、、、 | トップページ | 「英国庭園の謎」を読んだ。 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ