« 近鉄大和八木駅、 JR長岡京駅前のイルミネーションはきれい。 | トップページ | 富士山をGeoGebra4.2で図示してみる。 »

2013年1月22日 (火)

映画”LOOPER”(ルーパー)を観てきた。ラストにびっくりした!

いやー、油断していたらラストで驚いた。「えっ?」っと3回くらいつぶやいてしまった。

2044年とかの少し先の世界が舞台で、さらにそこから30年後にはタイムマシンが出来ている。しかしタイムトラベルは違法とされており、使っているのは悪人のみ。その使い方は、未来から殺したい人間を捕えて過去に送り込んで、過去で殺させて死体を処分させる、というもの。未来では死体を残すことは分析されて犯人が分かるので?不可能、という設定か。その殺す人間たちをルーパーと呼んでいる。報酬は殺される人間と一緒に送られてくる銀の延べ棒。自分自身の30年後が未来から送られてくるときは金の延べ棒が一緒に送られ、それを殺すことをループを閉じる、と言う。

30年後の犯罪組織の大ボス、レインメーカーがすべてのループを閉じようとしているとのうわさが流れ、30年後の主人公も未来から殺されるために送られてくる、、、

いやー、最初は犯罪組織と姿を見せないボス、タイムトラベルということで「あれだ!未来警察ウラシマンだ!」(古すぎ、、、)とかのほほん、と観ていたら、「キャリー???」とかになって「やっぱりタイムトラベルだとターミネータ(特に2)ぽいなあ」と思っていたら、、、

最後にこれか!

いや、確かにタイムトラベル物で、これをやるのはありだが、、、ネタバレすると全く面白くなくなるので絶対かきません。

ただ、ラスト直前はドラゴンボールの「たったひとりの最終決戦」のラストを思い出した。

孫悟空のお父さん、バーダックのお話。

しかし1つ文句が!未来である人が普通に殺されますが、あれはいいのか?設定と矛盾しないのか?

まあブルース・ウィリスの若いころには主人公が見えなさすぎとか、貧乳が、、、ごにょごにょとか。鼻とか指がなくなるシーンは怖すぎ、、、

« 近鉄大和八木駅、 JR長岡京駅前のイルミネーションはきれい。 | トップページ | 富士山をGeoGebra4.2で図示してみる。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56593850

この記事へのトラックバック一覧です: 映画”LOOPER”(ルーパー)を観てきた。ラストにびっくりした!:

« 近鉄大和八木駅、 JR長岡京駅前のイルミネーションはきれい。 | トップページ | 富士山をGeoGebra4.2で図示してみる。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ