« ユーキャンのCM(間に合う編)で岡田将生くんと一緒に走っているのは我妻三輪子さん。 | トップページ | バタフライ・エフェクトをGIFアニメで(PARI/GPでのロジスティック写像の計算) »

2013年1月29日 (火)

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読んだ。

万城目さんの作品は文庫になるたびに読んでる。今回はほのぼの系。

かのこちゃんという小学一年生の女の子と、マドレーヌ夫人という”外国語”を話せるアカトラの猫、かのこちゃんの家で飼っていた年老いた老犬、玄三郎、そしてかのこちゃんが”こやつはできる”と感じた同級生のすずちゃん、の物語。

一章はあまりのお下品さに爆笑。でも1年生だとこういうもんだよな。

お父さんってまさかあの鹿の、、、?

マドレーヌ夫人と玄三郎、かのこちゃんとすずちゃんのやり取りが楽しくてあっと言う間に読んでしまった。万城目さんらしい、不思議な出来事も途中でちゃんと起こりますよ。

« ユーキャンのCM(間に合う編)で岡田将生くんと一緒に走っているのは我妻三輪子さん。 | トップページ | バタフライ・エフェクトをGIFアニメで(PARI/GPでのロジスティック写像の計算) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56647175

この記事へのトラックバック一覧です: 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読んだ。:

« ユーキャンのCM(間に合う編)で岡田将生くんと一緒に走っているのは我妻三輪子さん。 | トップページ | バタフライ・エフェクトをGIFアニメで(PARI/GPでのロジスティック写像の計算) »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ