« android walkman zシリーズにmaximaをインストール | トップページ | 「ファントム・ピークス」を読んだ。 »

2013年1月 3日 (木)

「独白するユニバーサル横メルカトル」を読んだ。

ちょっと前に京極さんの「南極。」を読んで、その中の一章”毒マッスル海胆ばーさん用米糠盗る”の元ネタということで気になっていて読んだ。

これは、、、こわい!ホラーかつミステリだ。日本推理作家協会賞を受賞したのも納得。

表題作は、タクシー運転手に長年使えた地図!の独白。

恐ろしくて吐きそうになったのは「Ωの聖餐」。痛くて泣きそうになったのは「怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男」。ぞっとするほど残酷なC10H14N2と少年(ただし、表題はおやじギャグ)。その他、どの作品も恐ろしいながら引き込まれるお話がそろっています。地獄の黙示録のオマージュやSFなどなどバラエティも豊富。

これは続けて読みたい。けれど怖い、、、

« android walkman zシリーズにmaximaをインストール | トップページ | 「ファントム・ピークス」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55522003

この記事へのトラックバック一覧です: 「独白するユニバーサル横メルカトル」を読んだ。:

« android walkman zシリーズにmaximaをインストール | トップページ | 「ファントム・ピークス」を読んだ。 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ