« Cahn-Hillard方程式をExcel VBAで計算してGIFアニメに。 | トップページ | Gray-Scott方程式をExcel VBAで計算して、パルスの分裂をGIFアニメに。 »

2013年2月16日 (土)

文系にはわからない時計(GEEK CLOCK)を解説してみる。

だいぶ前に話題になったそうで、時期を逸している気もしますが、、、

18145_zoom1

この時計。

じゃあ解説してみる。

12時: 1728の三乗根なんで、電卓をたたいてみると、、、(1728)^(1/3) = 12

1時:これはマニアックな、、、ルジャンドルの定数。

http://mathworld.wolfram.com/LegendresConstant.html

 
\lim_{n \to \infty } \left( \ln(n) - {n \over \pi(n)} \right)= B

で、π(n)はnを超えない素数の数。これが1ってことは、、、

π(n) ~n/ln(n)という素数定理が。

*これ、なぜBL'とダッシュがついているかと言うのがわかりにくいが、多分これは

'=primeということで、primer number(素数)と引っかけたヒントだと思います。

2時:1+1/2+1/4+1/8+...= 1/(1-1/2) = 2

3時:Unicodeで3、これは数学じゃないね。

4時:1/2 mod 7ってことですが、つまりはmod 7なんで1が8、2が9、、、と同じ。

なんで1を8と思えば8/2 =4ってこと。

5時:黄金比というのがある

φ=(1+√5)/2なんで、(2φ-1)^2=5

6時:突然簡単になった。階乗で3! = 1*2*3=6

7時:9にバーがあると6.99999...ということですがこれが7と等しいとわかるのは高校生くらいでは難しいかな?大学で勉強しましょう。

8時:これは2進数で1000ということ。なので8。

9時:4進数では1,2,3,10,11,12,13,20,21なんで。

10時:5C2ってことだね。組み合わせ。5!/(2!*3!) = (5*4*3*2)/(2*2*3) = 10

11時:16進数で&h0Bってこと。なので11.

ということで、1時だけが数学的であとはそうでもない、、、

« Cahn-Hillard方程式をExcel VBAで計算してGIFアニメに。 | トップページ | Gray-Scott方程式をExcel VBAで計算して、パルスの分裂をGIFアニメに。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/56779043

この記事へのトラックバック一覧です: 文系にはわからない時計(GEEK CLOCK)を解説してみる。:

« Cahn-Hillard方程式をExcel VBAで計算してGIFアニメに。 | トップページ | Gray-Scott方程式をExcel VBAで計算して、パルスの分裂をGIFアニメに。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ