« NHKスペシャル、キャパの”崩れ落ちる兵士”の真贋についてやってましたが、面白かった。 | トップページ | 不発弾撤去のために列車が遅れるって!(2/17 静岡県浜松市付近) »

2013年2月 4日 (月)

「死神の精度」を読んだ。

人間が死ぬべきかどうか一週間調査して、「可」か「見送り」を決める死神。ミュージックが好きで、レトリックを理解せず、微妙にずれた答えをいつもし、また人間界にあらわれるときはいつも雨だったり天気が悪い。そんな死神の物語が6つ入ったお得な作品です。

クレームに悩まされる苦情処理の女性を描いた「死神の精度」、やくざの抗争の「死神と藤田」(Lが死ぬのに近いなあ。)、そしてなぜか嵐の山荘物、「吹雪に死神」。これは探偵役になってしまって面白かった。そしてかわいそうな「恋愛で死神」「旅路を死神」(これ、重力ピエロとつながった)と続き、最後の「死神対老女」が一番よかったなあ。実はいくつかの話は繋がっていたということがわかるお話。

« NHKスペシャル、キャパの”崩れ落ちる兵士”の真贋についてやってましたが、面白かった。 | トップページ | 不発弾撤去のために列車が遅れるって!(2/17 静岡県浜松市付近) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54268217

この記事へのトラックバック一覧です: 「死神の精度」を読んだ。:

« NHKスペシャル、キャパの”崩れ落ちる兵士”の真贋についてやってましたが、面白かった。 | トップページ | 不発弾撤去のために列車が遅れるって!(2/17 静岡県浜松市付近) »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ