« 無限べき乗の計算を高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP | トップページ | ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 »

2013年3月19日 (火)

脳卒中になるリスクの計算式が国立がん研究センターから発表になっていた。そこで高精度計算サイト、keisan.casio.jpに自作式として作ってみた。論文のアブストラクトも訳してみた。

NHKのニュースを見ていたら、、、国立がん研究センターが10年間で脳卒中になるリスクを計算する式を導出した、という話がでていた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130319/k10013301611000.html

おっとこれは自分でも計算しようと思い、探すと国立がん研究センターのwebに詳細な式が示されていた。

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3284.html

これは簡単なのでkeisan.casio.jpに自作式として作って上げておこう。

リンクはこちら。

脳卒中のリスクの計算式

年齢、性別、たばこ、身長、体重、糖尿病、血圧(降圧剤服用してるかどうか)を入力すると点数と確率、血管年齢、BMIを計算する。画面はこんな感じ。

Nousocchuu

まあ、ある程度の年齢の方は一度試してみてください。

*テストも何もしてないので、まちがっているところがあれば連絡いただければ幸い。

(参考)発表論文はこれだそうです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23449266

あ、報道ステーションでもやるみたい。

*3/20追記

 思いのほか計算サイトのアクセス数が多く、各項目ごとの分点を出してほしいという話がでたので改良しました。

脳卒中のリスクの計算式

Nousocchuu2

分点に加え、発症確率の字を大きくして赤くしてみた。

---

ついでに、、、Stroke誌(って脳卒中専門のジャーナルなのか!)に掲載されたという論文、

"Development of a Point-based Prediction Model for the Incidence of Total Stroke: Japan Public Health Center Study."

のアブストラクトを読んでみたので、どういうことをやったのか意訳してみましょう。統計用語がよくわからないので調べながら、、、(なので全く自信なし)

----

背景と目的:

脳卒中の進行に対する個々人のリスクを点数で表せば、患者さんがリスク行動を変えていくいいきっかけになりうる。我々は点数加算をベースとした脳卒中の予測モデル(リスク点数)を、日本の一般的な男女のコホート(一班)を使って開発し、確かめた。

方法:

JPHCのコホートII(年齢範囲 40-69歳、1993-1994時点、15,672人)で、Coxの回帰法によってモデルが導出された。

(*でCox回帰がさっそくわからん。調べるとこれ↓

http://www012.upp.so-net.ne.jp/doi/biostat/CT39/Cox.pdf

Coxの比例ハザードモデル?)

モデルは、コホートIを使って、またブートストラップ法でコホートIIの範囲で外部で検証された。

(*またブートストラップ法がわからん。調べると、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E6%B3%95

なるほど、、、)

モデルの識別は、Receiver operating characteristic曲線の下の面積、

(*Receiverなんとかはこちら。

http://en.wikipedia.org/wiki/Receiver_operating_characteristic

でGrønnesby-Borgan χ2 statisticによるモデル校正で評価された。

(*、、、またわからん。http://folk.uio.no/borgan/cv/Borgan-Langholz-Word-Scientific-2007.pdf を参照)

血管年齢も計算された。

結果:

14年間追跡した結果、790人が脳卒中になった。モデルの変数としては年齢、性別、喫煙、BMI、血圧、降圧剤有無、糖尿病を選んだ。性別による喫煙と、降圧剤有無による血圧の相関は統計的に有意だった。でreceiver operating characteristic curveの下の面積が0.73なので(*これがよくわからん)モデルはいい。コホートIに当てはめても0.69なのでいい(*いい悪いの判断がわからん、、、)50歳の男性が糖尿と高血圧を持っていたら69歳とみなせる。高血圧は脳卒中原因の1/3を占めている。

結論:

我々は容易に使用できる変数を用いて、10年間の脳卒中リスクを計算する式を開発した。

---

うーん、多分訳の間違いが多いと思いますが、まあ雰囲気だけでも。

« 無限べき乗の計算を高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP | トップページ | ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 無限べき乗の計算を高精度計算サイトkeisan.casio.jpにUP | トップページ | ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 »

最近の記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ