« ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 | トップページ | エロ>>健康>>スポーツ>>CM>> 何か越えられない壁 >> コンピュータ >> さらに越えられない壁 >> 数学・物理か? »

2013年3月21日 (木)

「螢」を読んだ。

麻耶雄嵩さんの一文字漢字シリーズ。前回の鴉と違ってメルカトルは出てきませんが、正統的な嵐の山荘もの。

オカルトスポット探検サークルの学生六人は京都の山間部にある黒いレンガ屋敷、ファイアフライ館で4日間、合宿することになった。この館は十年前、元の持ち主の作曲家が仲間の演奏家、六人を惨殺した場所。また、このサークルの女子メンバーは半年前、ジョージと渾名される殺人鬼に殺されていた。

折からの豪雨で館から出られなくなったメンバー。そんな中、第一の殺人が、、、

これも最後の章であっ!と思わせるミスリーディングの正体が明らかに。このあともう一回最初から読みなおしましたよ。確かにそのとおりだ。「ベッドで、、、」のくだりがおかしいなあ、と思ったんだよな。あそこが最大のヒントでした。

« ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 | トップページ | エロ>>健康>>スポーツ>>CM>> 何か越えられない壁 >> コンピュータ >> さらに越えられない壁 >> 数学・物理か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55149429

この記事へのトラックバック一覧です: 「螢」を読んだ。:

« ”カッコウの卵は誰のもの”を読んだ。 | トップページ | エロ>>健康>>スポーツ>>CM>> 何か越えられない壁 >> コンピュータ >> さらに越えられない壁 >> 数学・物理か? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ