« "モヤモヤさまぁ~ず2" 大江アナの後任は、、、狩野恵里アナ-久しぶりに沼津みなと新鮮館のテーマ聞いた! | トップページ | フーコーの振り子をGeoGebra5 betaで。 »

2013年4月 7日 (日)

紅茶にミルクを入れるのとミルクに紅茶を入れるのと味が違うということは信じられても、カルピスに水を注ぐのと、水にカルピスを注ぐのと味が違う、、、というのは誰も信じてくれない。

私もだいぶ前に読んで、すごく参考になった本、サイモン・シンさんの”代替医療のトリック”。

鍼灸、ホメオパシー、カイロプラクティックなどについての科学的な検証が行われています。

でその中に、紅茶にミルクを入れるのとミルクに紅茶を入れるのとの味が違うというのがでてきて、↓の記事を見るまですっかり忘れていた。

http://www.asks.jp/community/nebula3/143167.html

内容は、二十世紀、ケンブリッジ大学のサー・ロン・フィッシャーが、

"ミルクをあらかじめカップに入れておき、そこにお茶を注ぐべきであって、お茶にミルクを注げば味が落ちてしまう"と言い張った女性の言い分を確かめるために検証を行った。

数カップの2種類の入れ方を秘密に行ったものが用意され、女性が飲むと確かに判別できた。

今では、それはミルクの温度が急激に上がるとタンパク質が変質して酸味を帯びるからだ、という理由が付いている。

で、、、誰に言っても信じてもらえない話。

カルピスあるじゃないですか。あれ、カルピスに水を注ぎますよね。でちょっと薄かったからといってそこにカルピスを追加してもあんまり濃くならない。

さらに試すと、水にカルピスを入れるやり方は全然薄くなる。

多分、化学的に理由が付くと思うんですが、誰も信じてくれない、というか私も大人になってからは検証してない。誰か理由知っている人いないですかね、、、

小麦粉に水を混ぜるときにの話みたいな。

« "モヤモヤさまぁ~ず2" 大江アナの後任は、、、狩野恵里アナ-久しぶりに沼津みなと新鮮館のテーマ聞いた! | トップページ | フーコーの振り子をGeoGebra5 betaで。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« "モヤモヤさまぁ~ず2" 大江アナの後任は、、、狩野恵里アナ-久しぶりに沼津みなと新鮮館のテーマ聞いた! | トップページ | フーコーの振り子をGeoGebra5 betaで。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ