« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その10 円弧と矢高から弦長を求める/その11 円弧と弦長から矢高を求める) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その12 三体問題の8の字解をシンプレクティックオイラー法で計算) »

2013年5月14日 (火)

差が70,000,000以下である素数のペアが無限ある&弱いゴールドバッハ予想が証明された?

全く証明を理解してないですが、、、Twitterで流れていたお話で、最近証明した!と論文がでたもの。Not Even Wrongから。

まずは弱いゴールドバッハ予想(あるいはternary Goldbach conjecture)は、

”全ての5より大きな奇数は3つの素数の和であらわされる”

証明は n ≥ C = 10^30でなりたち、それ以下はコンピュータでチェック(実際はn ≤ 8.875 · 10^30まで)ということで、これが証明された、というようなことですが、数学はわからないうえに133ページ、、、まあしばらくすれば誰かが正しいかどうかチェックしてくれるでしょう。

http://arxiv.org/pdf/1305.2897v1.pdf

次は、Nature Newsでもでたこれ。

http://www.nature.com/news/first-proof-that-infinitely-many-prime-numbers-come-in-pairs-1.12989

70,000,000以下の差の素数のペアは無数にある、、、これも全くわからんな。

Natureの例でもある双子素数

3 and 5, or 17 and 19, or 2,003,663,613 × 2195,000 − 1 and 2,003,663,613 × 2195,000 + 1.

ならきれいなんですが。。。

« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その10 円弧と矢高から弦長を求める/その11 円弧と弦長から矢高を求める) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その12 三体問題の8の字解をシンプレクティックオイラー法で計算) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57383541

この記事へのトラックバック一覧です: 差が70,000,000以下である素数のペアが無限ある&弱いゴールドバッハ予想が証明された?:

« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その10 円弧と矢高から弦長を求める/その11 円弧と弦長から矢高を求める) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その12 三体問題の8の字解をシンプレクティックオイラー法で計算) »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ