« 今、嵐にしやがれでクドイ焼き肉屋さんのおやじがやっていた誕生日当ての仕組み-カシオの高精度計算サイトに自作式をつくってみた。 | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その2 シンプレクティックオイラー法で大振幅振り子) »

2013年5月 5日 (日)

Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その1、ダンゴムシと迷路)

こどもの日、ということでこどもでも簡単に扱えるプログラム言語、Scratchで遊んでみよう。

http://scratch.mit.edu/

MITメディアラボが開発したもので、スプライト(動く対象)がどう動いてほしいかを図的に並べるだけでプログラムが組める。

まずは、、、あるスプライトが別のものにぶつかったり、ある色がある色にぶつかったときある動作をさせる、というのが簡単にできることに感心。

これなら大人のピタゴラスイッチで見た”ダンゴムシは障害物にぶつかるごとに左右交互に進み(交替制転向反応)、うまく迷路を選ぶと迷路抜ける!”というのがすぐ出来るな。と思ってやってみた。ダンゴムシが気持ち悪くて書く気しなかったので、灰色の塊にぶつかり判定用の黒点を打っているだけ。

Photo

そしてプログラムは真ん中の絵。短い。

これをScratchのサイトにアップロードしてみた。(このサイトは皆張り切って凄いの作ってるからこんなちゃっちいの恥ずかしいところはあるが、、、)

http://scratch.mit.edu/projects/tonagai/3314199

グリーンの旗を押すと、ダンゴムシが迷路を抜けていく。

迷路はこれを使用。
http://www.ntv.co.jp/shukudai/2005/002.html

しばらくこれで遊んでみようかな。

« 今、嵐にしやがれでクドイ焼き肉屋さんのおやじがやっていた誕生日当ての仕組み-カシオの高精度計算サイトに自作式をつくってみた。 | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その2 シンプレクティックオイラー法で大振幅振り子) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57310390

この記事へのトラックバック一覧です: Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その1、ダンゴムシと迷路):

« 今、嵐にしやがれでクドイ焼き肉屋さんのおやじがやっていた誕生日当ての仕組み-カシオの高精度計算サイトに自作式をつくってみた。 | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その2 シンプレクティックオイラー法で大振幅振り子) »

最近の記事

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ