« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる- 高木曲線(いたるところ微分不可能な連続曲線) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる-蔵本・シバシンスキー方程式 »

2013年6月 6日 (木)

「6月6日生まれの天使」を6月6日に読む。

ものすごく引っかかったところ(保険証見て云々)があって、それがそういうネタだったのか、、、と唖然。”ふと目覚めると、私は記憶を失っていた。同じベッドにはゴムの仮面を被った全裸の男が眠っている。一体ここはどこで、この男は誰?そして外に出ると雪。初老のサンタクロースが私に手招きをしている”というすごい書き出し。

記憶喪失もの(2種類。一個は、、、メメントとか)と○○トリックを組み合わせた秀作で、解説を読んで私も読みなおしたけれどものすごくフェアな書き方になってます。

ぼーとして読むと絶対混乱しますよ。

« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる- 高木曲線(いたるところ微分不可能な連続曲線) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる-蔵本・シバシンスキー方程式 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57376833

この記事へのトラックバック一覧です: 「6月6日生まれの天使」を6月6日に読む。:

« Scratch(プログラム言語)で遊んでみる- 高木曲線(いたるところ微分不可能な連続曲線) | トップページ | Scratch(プログラム言語)で遊んでみる-蔵本・シバシンスキー方程式 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ