« 今日は私のお誕生日:京都吉兆で豪華に。 | トップページ | "二流小説家"を読んだ。 »

2013年6月14日 (金)

Cpk(工程能力指数)って知ってますか? - NPBの統一球が勝手に飛んだり飛ばなかったりという話で、すこし言いたいこと。

ミズノから”プロ野球統一球の仕様の変更について”という説明が出てた。

http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/2013/06/20130612.html

ミズノでは、日本野球機構(NPB)との契約に基づき、2011年からプロ野球12球団に統一球を納品しておりますが、2013年シーズン用のボールにつきましては、反発係数を従来より高めたボールを納品していました。

新しいボールは、中心にあるコルク芯を覆うゴム材の低反発素材の配合を少なくすることで、反発係数を高めています。従来の統一球は反発係数の規定値(0.4134~0.4374)を下限に目標値を設定していたため、実際には下限値を下回るものがありました。今回、ゴム芯を変更することで反発係数を高め、下限値を下回るボールを出難くしています。

2013年 2011年、2012年
目標とする反発係数
(平均値)
0.415~0.416

0.4134に近づける

ちょっと待った!下限値を目標だと?

私は製造業の開発部門にいますが、そんな製造聞いたことない。

工場に持って行く前にちゃんとCpkが1.33以上あることは確かめるのはもう言うのも恥ずかしい話。

Cpkは例えばこちらを参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E7%A8%8B%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%8C%87%E6%95%B0

Cpk = (上限-下限)/(6×標準偏差σ)と思ってもらえば。Cpk=1.0なら±3σで規格に入っている。でもっと余裕をもって1.33が普通の仕様。

NPBがむちゃくちゃな要求出してミズノが飲まざるを得なかったのかな、、、

---

こんなのおかしいと思うでしょ?でもなあ、、、スマートフォン大手の上位2社に出す製品はこれと似たようなことしてたり。もちろん、検査して半分捨てるからNPBみたいにバカな話にはならんが、、、

品質工学とか、田口メソッドとかありますが、実際のスマートフォンの世界では何の役にも立っていないという現実が。

« 今日は私のお誕生日:京都吉兆で豪華に。 | トップページ | "二流小説家"を読んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57592132

この記事へのトラックバック一覧です: Cpk(工程能力指数)って知ってますか? - NPBの統一球が勝手に飛んだり飛ばなかったりという話で、すこし言いたいこと。:

« 今日は私のお誕生日:京都吉兆で豪華に。 | トップページ | "二流小説家"を読んだ。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

フォト