« 防湿梱包ってしないの?というかMSLって知ってますか?(NPBの統一球問題) | トップページ | 複素数電卓(Complex Number Calculator)をScratch(プログラム言語)で作ってみる。 »

2013年6月16日 (日)

人間の目の角膜に今まで知られていなかった層が見つかったって?

ギズモード経由Popsciの記事Sci-newの記事を見た。

Harminder Duaさんが15μm厚の層を角膜内に新しく見つけ、Dua層と名付けたというもの。

今までは5層だと思われていたが、これで6層に。

Image_1151eeyeduaslayer

いやそもそも5層になっていることも知らなかった。

the corneal epithelium, Bowman’s layer, the corneal stroma, Descemet’s membrane and the corneal endotheliumらしいが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E8%86%9C

によると、

  • 角膜上皮 - 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
  • ボーマン膜(外境界膜)
  • 固有層
  • デスメ膜(内境界膜)
  • 角膜内皮 - 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
  • と訳すらしいです。

    « 防湿梱包ってしないの?というかMSLって知ってますか?(NPBの統一球問題) | トップページ | 複素数電卓(Complex Number Calculator)をScratch(プログラム言語)で作ってみる。 »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57604734

    この記事へのトラックバック一覧です: 人間の目の角膜に今まで知られていなかった層が見つかったって?:

    « 防湿梱包ってしないの?というかMSLって知ってますか?(NPBの統一球問題) | トップページ | 複素数電卓(Complex Number Calculator)をScratch(プログラム言語)で作ってみる。 »

    最近の記事

    最近のコメント

    2017年12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    フォト
    無料ブログはココログ