« Winny開発の金子勇さんが若くしてお亡くなりに、、、 | トップページ | 水渡神社(みとじんじゃ)に行ってきたが、鳥居から神殿までの距離が長くて不安に、、、 »

2013年7月 7日 (日)

NHKスペシャル”あなたは未来をどこまで知りたいですか~運命の遺伝子~”を見てました。23andMe、私もやってみようかな、、、⇒FDAから停止命令が、、、

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0707/index.html

以下そのメモ。

アンジェリーナ・ジョリーが乳がんのリスクがある遺伝子を持っていることがわかり、乳房を切除したことが話題に。遺伝子検査の結果が彼女に手術を決意させた。

遺伝子解読技術は1人あたり、12年かかっていたものが今では1日にまで短縮されている。

平岳大さんと樹木希林さんがナビゲータ。

日本でもできる検査キットがある。記憶力や円形脱毛症、肥満になりやすいなど検査できる。

場面変わって武庫川女子大学。薬学部の学生を対象に毎年やっている。容器に唾液を入れ、紙に吸わせて提出するだけ。アルコールの分解酵素を持っているかなどについて調べる。2時間で結果がでる。一般の人でも数千円でできる。結果はAからEの5段階。Aはお酒好きで、アルコール依存症にもなりやすい。Bは強い。Dは弱い。

また場面変わってアメリカ。アメリカでは遺伝子検査で120種類がわかるキットが販売されている。99ドル。わずかな唾液を送るだけでいい。1カ月でインターネット経由で結果がでる。

これだな。23andMe.

23andme

https://www.23andme.com/

http://wired.jp/2012/12/13/23andme-99-dollar-dna-scan/

----

遺伝子解読は1991年、ヒトゲノム計画から始まった。

人の遺伝子情報をすべて解読することが目的。23種類の染色体に収められている。構成しているのはATGCの4種類。何個、どんな順番で並んでいるのかを解明しようとした。特殊なレーザを照射した。一度に96個が限界。2003年に解読が終わった。12年かかった。

23種類の染色体の配列がわかり、数は30億にものぼる。2年後、革命的な技術が起きる。

次世代シーケンサーと呼ばれる装置ができた。

illuninaか。http://www.illuminakk.co.jp/

原理はこんなやつ?次世代シークエンサーの医療への応用と課題http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1108_02.pdf

一度に解読できるのが今までの3000倍、23万個まで増えた。30億の配列も1日で。そうすると膨大な人数のデータが得られる。そのため、配列のもつ意味がわかってきた。領域ごとに意味がある。その領域ひとつひとつを遺伝子と呼ぶ。

例えばHERC2遺伝子は、瞳の色を決める。この遺伝子があるたんぱく質をつくり、これが瞳の色素の量を決める。茶・青、、、

平さんの遺伝子検査結果が出た。思いもよらない病気のリスクが高かった。

心房細動については患者だけが持つある遺伝子がある。PITX2遺伝子は正しく心臓を動かすものだが、これに異常があると心房細動が起きやすい。通常Cの場所がTになっていて、またAの場所がGになっている。過去の患者と比べて、リスクが割り出される。

また場面変わって樹木さんと平さん。そして研究者の榊佳之さんが加わった。

アンジェリーナ・ジョリーさんのBRCA遺伝子で87%のリスクがあるというのは、13%は環境要因、放射線とか化学物質とか。遺伝要因が87%。

一個の遺伝子だけ見て、高いからだめとは言えない。

平さんの結果で、アルツハイマー病になるかどうかは、、、遺伝子との関係や治療法など確立されてないので、見るかどうかは個人の選択になっていた(鍵のマークが付いていて、デフォルトで見られない)。

遺伝子検査については、今は法的な規制がない。

---

がんにかかわる研究者 間野博行さん。6種類の遺伝子を最近見つけ話題に。

RAC1遺伝子など。以前の解読スピードでは2年かかっていたのが次世代シーケンサーでは2カ月に。

これで治療の可能性が広がる。ALK遺伝子については治療への応用が始まっている。40台の肺がんと診断された主婦。咳が止まらない。手術では取り除けないほど肥大したがん。2人の子供がいる。6歳と2歳、、、遺伝子検査を受けたところALKが原因と分かった。

細胞分裂を促すが、ALKの配列が異なっているので分裂が暴走する。それを抑える新薬が試された。

かなり大きなサイズの薬(ピンク色)を飲んでました。

1ヶ月後、、、咳がない!すごい。CT画像もがんが明らかに減っている。半分以下!

こりゃすごい。1000人以上の人(日本だけで)がこの薬でがんを抑えている。

これですね。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20120213/

---

またアメリカ。ニコラス君。2歳のとき、異変に襲われた。食べ物を食べると腸に穴があく、、、手術も160回以上。

が、ウィスコンシン子供病院の医師が全部の遺伝子を調べた。ニコラス君だけがもっている遺伝子は何か?それを調べるしかない16124か所でニコラス君だけの配列があった。

免疫にかかわるものを3カ月で32にまで絞った。XIAP遺伝子が腸にかかわるもの。

普通はGの場所がAになっていた。たった一文字の違い。

そして、骨髄移植が行われた。健康な人のものと入れ替える。

すると、、、ニコラス君!元気に!すごい。9歳になるって。よかったなあ。。。チーズのフライかな、うまそうに食べるなあ、、、そりゃ食べられなかった時期があるとそうなるのか。

----

10万円で1人のゲノムが読める時代になってきている。乳がんもある特定の遺伝子を持っているときはある薬がよくきくことがわかっていたら、その薬でアタックできる。樹木さんは持ってなかったと。

---

遺伝子と才能にかかわる研究が進んでいる。例えば運動。ある配列の人は持久力がすぐれている。リズム感に関してもダンサーはある場所が長いとか。東野さんの小説”プラチナデータ”や”カッコウの卵は誰のものの”が現実になってきてる。

遺伝子検査は中国では子供の英才教育に使われだしている。ダンスの才能を開花させた少年も。この検査は日本人も3000人が利用している。

---

受精卵の遺伝子も検査する話が出ている。デトロイトにある会社で遺伝子調査依頼が殺到している。500種類が検査できる。1つの病気につき、35万円で分析を行っている。

3つの受精卵のうち、2つに異常が見つかった。この結果で選択する、、、命の選別。

もともとは150の病気を検査していたが、どんどん追加されてきた。

月に40件の依頼。17個の受精卵が入ったものが送られてきた映像が。

---

今度は北京ゲノム研究所。天才の遺伝子に迫ろうという研究が。知能指数が高い人に共通する配列を探している。

----

樹木さん夫(内田さん)の姉が電話かけてきて、ストレスでがんになったんじゃないかと電話で謝られた話も。

---

人類は多様じゃないとタフじゃない。エイズでもタフに残る人がいる。一緒だったら皆ばたっと倒れる可能性もある。

最後に樹木さんが紅白まんじゅうならぬ4色まんじゅうを出しておしまい。

---

11/27追記:

赤ちゃん設計が話題になっていたと思ったら、、、

”遺伝子解析 赤ちゃん設計”という記事が朝日新聞一面(&2面)に。23andMeの特許が出たのを問題視しているのだが、、、

次にこんなことに、、、

Googleが支援する遺伝子検査キット「23andMe」に出荷停止命令が下る

« Winny開発の金子勇さんが若くしてお亡くなりに、、、 | トップページ | 水渡神社(みとじんじゃ)に行ってきたが、鳥居から神殿までの距離が長くて不安に、、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57744377

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル”あなたは未来をどこまで知りたいですか~運命の遺伝子~”を見てました。23andMe、私もやってみようかな、、、⇒FDAから停止命令が、、、:

« Winny開発の金子勇さんが若くしてお亡くなりに、、、 | トップページ | 水渡神社(みとじんじゃ)に行ってきたが、鳥居から神殿までの距離が長くて不安に、、、 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ