« Rabinovich-Fabrikant方程式をRunge-Kutta8次のDOP853 Excel版で計算してみる[再挑戦] | トップページ | 黒体輻射で重力より強い引力が生じる? »

2013年7月28日 (日)

銃規制したらどうなるかという数学モデルが。

Popsciより。A Mathematical Model Of Gun Control Means We Can Finally Argue Over Data

で、元の論文がPLoS ONEに載っていたを見てみた。

Dependence of the Firearm-Related Homicide Rate on Gun Availability: A Mathematical Analysis

gを銃規制のパラメータ、hを規制されていても持っている割合、cを被害者が銃をたまたま持っている確率、、、など。hに閾値があって、それを超えると銃規制しないほうが死亡者が減ると。

最初は単純なモデルであれ?と思ったが、最後の方で、アメリカらしいシチュエーションをマルコフ過程でモデル化していく。これ。

”One-against-many Attack

Here, we consider a situation where a shooter attacks a crowd of people, such as in a movie theater or mall shooting. ”

大量殺人だ、、、

で、n人の犠牲者が攻撃者のまわりにいるとして、そのうちk人が自分自身でも銃を持っているというシチュエーションを考える(考えたくない)。犠牲者が殺される確率と、反撃にあって攻撃者が殺される確率とか考える(考えたくない)。

でhの閾値(のlog)をさまざまなnでプロットしたもの。

Journalpone0071606g002

結論というより、これをもとに規制の方針を決めましょうという話かな。

こんな話をしないといけない国は嫌だなあ、、、と思ったが日本でも最近大量殺人多いしなあ。山口のあれは何なんだ。




« Rabinovich-Fabrikant方程式をRunge-Kutta8次のDOP853 Excel版で計算してみる[再挑戦] | トップページ | 黒体輻射で重力より強い引力が生じる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/57879113

この記事へのトラックバック一覧です: 銃規制したらどうなるかという数学モデルが。:

« Rabinovich-Fabrikant方程式をRunge-Kutta8次のDOP853 Excel版で計算してみる[再挑戦] | トップページ | 黒体輻射で重力より強い引力が生じる? »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ