« 世界初のパソコン、Altair 8800のクローンが出てた。 | トップページ | 久御山のリサイクルショップの前にトリケラトプスが! »

2013年7月 9日 (火)

「分身」(東野圭吾)を読んだ。

これは、ES細胞捏造で女性の卵子を倫理観なくつかいまくったファン・ウソク事件にインスパイアされたお話なのかな?と思いきや、実はもっとずっと前に書かれたものか!やっぱり東野さんはすごいな。時代を先取りしてるよ。函館市生まれの18歳、氏家鞠子と東京の20歳、小林双葉は自分たちは全く知らないが、まったくの瓜二つ。双葉がアマチュアバンドでテレビに出演したことから物語が動き始める。。。

なぜ似ているかというのはすぐわかると思いますが、なぜ出生の秘密が隠されているのか、などのストーリーがやはりすごく面白い。最後のシーンもじわじわと来ますね。

« 世界初のパソコン、Altair 8800のクローンが出てた。 | トップページ | 久御山のリサイクルショップの前にトリケラトプスが! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54196721

この記事へのトラックバック一覧です: 「分身」(東野圭吾)を読んだ。:

« 世界初のパソコン、Altair 8800のクローンが出てた。 | トップページ | 久御山のリサイクルショップの前にトリケラトプスが! »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ