« バスケットボールのフリースローの特訓ができる時計?Hoop Trackerは面白いが、ゴルフボールの行方を捜すGolfball Finderは微妙、、、 | トップページ | 科学がSFネタを殺した9つの例 »

2013年8月30日 (金)

0.07秒はめっちゃ長い時間ですよ(ロケット イプシロンの発射中止原因で)

イプシロンの発射が延期になってしまいましたが、ちゃんと人工知能が働いて止めたんだから失敗でも何でもないと思ったり。それはそうと理由が、

イプシロン中止、データ送受信に0.07秒のズレ

という記事がでてました。

多分、記者はたった0.07秒くらいで、、、とか思って書いてそうですが、0.07秒ってめっちゃ長いよ。例えば、、、プリント基板考える。FR4で50Ωラインをマイクロストリップラインで引いて、有効誘電率計算すると、、、、

(私がカシオの計算サイト、keisan.casio.jpにアップした式はこちら。)

マイクロストリップラインの特性インピーダンス

だいたいεeff~2.4くらいだとして、基板内の速度c/√εeffで0.07秒で進む距離って1.36×10^7m。

またクロックは、流石にGHzとかの高速なクロック周波数はロケットには使わないでしょうが、たとえ1MHzとしても70000クロック分。

ちなみに、、、ちょっと前に超光速ニュートリノが実はケーブルの緩みのせいだったという話がありましたが、それの遅延が60nsecくらいだったと思います。それにくらべても長すぎる。

http://news.sciencemag.org/2012/02/breaking-news-error-undoes-faster-light-neutrino-results

だから、何の原因かも解明はニュートリノの解析ほどは難しくはないはずですよ。なんたって60nsecと70000000nsecの違いだから。

そもそも人間の反応速度が、平均して100msec(0.1秒)くらいだそうなんで

http://an-pan-man.com/archives/2012/01/04_0051.php

0.07秒くらいならわかる人もいるかも

ちょっと前に画像伝送を無線でやる規格が乱立して、レイテンシが問題になっていたことがもう過去の遺物に、、、全部死んだかな。。。

---

追記:詳細がこちらに出てます。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130830/300261/

「現在想定される1番確からしい原因は、地上側の計算機『LCS(ローンチ・コントロール・システム)』から機体側の計算機『OBC(オンボード・コンピュータ)』にタイマーを起動させる命令を伝達する際の時間的な遅れ」とのこと。”地上側の計算機から機体側の計算機への伝送経路には、幾つかのコンピュータが入っており、それらの処理に時間を要したことが最大の理由”だって。こういうのはちゃんと設計ツールで計算できると思いますが、やってなかったんだろうかな?

« バスケットボールのフリースローの特訓ができる時計?Hoop Trackerは面白いが、ゴルフボールの行方を捜すGolfball Finderは微妙、、、 | トップページ | 科学がSFネタを殺した9つの例 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58094887

この記事へのトラックバック一覧です: 0.07秒はめっちゃ長い時間ですよ(ロケット イプシロンの発射中止原因で):

» ララミィ | 消費者詐欺被害センター [ララミィ | 消費者詐欺被害センター]
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! [続きを読む]

« バスケットボールのフリースローの特訓ができる時計?Hoop Trackerは面白いが、ゴルフボールの行方を捜すGolfball Finderは微妙、、、 | トップページ | 科学がSFネタを殺した9つの例 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ