« 微熱の定義って? - 発熱が37℃以上と誤解しているのは水銀体温計のせい!? | トップページ | Scratch(プログラム言語)でLotka-Volterra方程式(アドリア海の鮫と魚の振動)を描いてみる。 »

2013年8月28日 (水)

115番目の元素の生成がやっと確認された?

PHYS.ORGの記事より。Existence of new element confirmed

Lund大学を主とする研究グループがドイツのGSI research facility(重イオン研究所)で作ったとのこと。

方法はこのリンク先のGIFアニメがわかりやすい。

https://www.gsi.de/en/start/forschung/forschung_bei_gsi_ein_ueberblick/the_creation_of_new_elements.htm

名前は仮に、ウンウンペンチウムになるということで。

この先のリンクによると!

Theoretical Element 115 Exists, Study Confirms

 

正式な名前が付くのはこういうことになるそうですよ。

15. When will elements          113 and 115 be named?

We don't know when the elements will be named. The naming of          new elements is a long process governed by the International Union          of Pure and Applied Chemistry (IUPAC). Any discovery of new elements          must first be confirmed by an independent laboratory and established          beyond a reasonable doubt. Afterwards, the research team that discovered          the element is asked to propose a name and symbol for the element.          The proposed name is then reviewed by a panel of experts and, if all          goes well, finally approved by the IUPAC. This naming process can take          many years. For example, element 110 was discovered in 1995 and received          its name, darmstadtium (Ds), in 2003, while element 106 was discovered          in 1974 but was not officially named as seaborgium (Sg) until 1997.          Until elements 113 and 115 receive their official names, they will          be known by their temporary IUPAC names: ununtrium (Uut) for element  113 and ununpentium (Uup) for element 115.

どこまでいくのかというと、ファインマンさんによると137番目(ウントリセプチウム)で終わり、という可能性もありますが。

---

関連リンク;

113番目の元素発見、すばらしいが、116番目と118番目の元素で捏造があったのを知ってますか?

« 微熱の定義って? - 発熱が37℃以上と誤解しているのは水銀体温計のせい!? | トップページ | Scratch(プログラム言語)でLotka-Volterra方程式(アドリア海の鮫と魚の振動)を描いてみる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58082659

この記事へのトラックバック一覧です: 115番目の元素の生成がやっと確認された?:

« 微熱の定義って? - 発熱が37℃以上と誤解しているのは水銀体温計のせい!? | トップページ | Scratch(プログラム言語)でLotka-Volterra方程式(アドリア海の鮫と魚の振動)を描いてみる。 »

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ