« 酸素ボンベのかわりに植物を背負う | トップページ | パーマン(というかコピーロボット)のリクルートカードCMに出てるのは、 二宮慶多くん(半沢直樹出演)と安藤美優ちゃん(エコナビのCM) »

2013年8月25日 (日)

「スタートレック イントゥ・ダークネス」と「パシフィックリム」を2本立てで観てきた。

まずはスタートレックから。私はディアゴスティーニのスタートレックのDVD 135冊買うほどファンなのですが、この映画シリーズは前作でパラレルワールド、ということになったので実際にはそれほどスタートレックらしくはないけれど、、、それでもやっぱり面白い。

特に悪役のベネディクト・カンバーバッチがかっこいい。その正体は実は、、、(ネタバレなのでやめておこう)。

で昔の映画、カーンの逆襲のリメイクというかパラレルワールド版だとわかるが(あ、結局言ってる)その有名なシーンが、カークとスポックの役目が逆なのがびっくりした。その過程でオリジナルの世界のスポック(レナード・ニモイ)もちょっとだけ登場。

今回はスコットがめっちゃ活躍。スールーはアクションシーンはないけれど、まあまあの活躍。マッコイは、、、マイケル富岡にしか見えなくなってる。。。チェコフのロシア訛りは前回は字幕で観たのでよくわかったけど、今回は吹き替えだったのでどうだったかわからん。もちろん、ウフーラとスポックの痴話げんかも。

あとワープコアが、加速器の設備を思わせるような結構リアルなものになってる。クリンゴンは!どのシリーズとも違うが結構いいデザインだと思う。戦争を起こそうとするトップとか、911以降ご法度のような巨大戦艦がビルに突っ込むシーンとかも印象的。

そして、最後にあのナレーション。まあこれがあればスタートレックだ!

艦隊の本部はサンフランシスコにあって、ゴールデンゲートブリッジがちらちら見えてうれしかった(私昔サンフランシスコ近くに住んでた)のだが、、、次のパシフィックリムでいきなり壊される!

ということでパシフィックリム。これは本物の怪獣映画、巨大ロボット映画だ!なんで日本でこれが作れないんだろう。。。最初の怪獣に戦闘機が向かうシーンだけでもうこれは絶対面白いとわかった。エヴァっぽいところはいろいろでてきますが(シンクロ・ヘルメットに液体・脱出ポットを強制でこじ開けるなど)、その他にも、そもそも巨大ロボット(イェーガー)たちがぼろぼろにやられるシーンはあのマジンガー軍団がぼろぼろにやられるシーンそのもの。ロケットパンチもあるよ。

あとは大気圏突入はガンダムかな。壁を作るのは進撃の巨人のリアル版。最後のシーンはゲッターロボのムサシのシーンとか。

杖ついてる方の博士はどうみてもアラン・チューリング。

そして芦田愛菜ちゃんの演技はどうみても100点です。変な看板が出てるのを差し引いても。

まあ棒術でシンクロ率がわかるの?とかアナログって何?とか突っ込みどころもありますが、

最後に”レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ”と出てこれもよかった。

とにかく面白い。最初にも書いたけどなぜこれが日本で作れないのか?と思います。

« 酸素ボンベのかわりに植物を背負う | トップページ | パーマン(というかコピーロボット)のリクルートカードCMに出てるのは、 二宮慶多くん(半沢直樹出演)と安藤美優ちゃん(エコナビのCM) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58057101

この記事へのトラックバック一覧です: 「スタートレック イントゥ・ダークネス」と「パシフィックリム」を2本立てで観てきた。:

« 酸素ボンベのかわりに植物を背負う | トップページ | パーマン(というかコピーロボット)のリクルートカードCMに出てるのは、 二宮慶多くん(半沢直樹出演)と安藤美優ちゃん(エコナビのCM) »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ