« スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 | トップページ | アポロ計画で使われたコンピュータの貴重な解説映像が! »

2013年9月 3日 (火)

”舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵”を読んだ。

歌野さんは今、私が一番好きな作家さんです。このシリーズの前作、”舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵”ではひとみちゃんはダンスも探偵もあまりしてなかった!ですが、今回の作品は鋭い探偵として再登場します。ダンスは、、、途中まで、、、

でこのシリーズは歌野さんには珍しく後味が悪い結末があまりないさわやか(ともいいにくい、、、)ですが、人は死にます。これは米澤さんなんかが人の誰も死なないシリーズやっているのと対照的。

ひとみちゃん目線でなくて、その小学生の時の同級生(今は違う中学に通う)高梨エミリーの目線で書かれています。もちろんトシちゃんもでてくる。

「白+赤=シロ」は募金詐欺の女が死体で発見されるものですが、私地理だめなんで(ネタバレ?)。「警備員は見た!」は、この病気、ミステリで使われるの初めてでは?(これもネタバレ?)「電卓男」はタイトルどおりですが、もうこれすら古く、、、スマートフォンの普及が早すぎる、、、「幽霊は先生」は、伏線通りの結末。「誘拐ポリリズム」は新しい犯罪ですね。しかもポリリズムがヒントに。そして「母」、これはちょっと余韻を残す終わり方に、、、でもこれでおわりじゃないですよね、続きがありそう。

« スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 | トップページ | アポロ計画で使われたコンピュータの貴重な解説映像が! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58017340

この記事へのトラックバック一覧です: ”舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵”を読んだ。:

« スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 | トップページ | アポロ計画で使われたコンピュータの貴重な解説映像が! »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ