« え!プラスチックのコンビニ袋からカーボンナノチューブができる? | トップページ | ”魔神の遊戯”を読んだ。 »

2013年9月26日 (木)

Google翻訳の数学的アプローチが論文に。

これです。↓

"Exploiting Similarities among Languages for Machine Translation"

http://arxiv.org/pdf/1309.4168v1.pdf

統計翻訳のための辞書とフレーズテーブルを生成・拡張する新しい方法ということでした。言語のベクトル空間の間の線形写像、とかシンプルな話で成果を上げるという。

しかし!英語とスペイン語間の精度はいいという話だが!

Google翻訳、日本語訳でまともな訳を返したことがない。最近も試したけどまだ全然×。Bing翻訳も全然×。

エキサイト翻訳が一番いいです。私が人に勧めるのはいつもエキサイト翻訳(別にまわし者じゃないです、、、)。

« え!プラスチックのコンビニ袋からカーボンナノチューブができる? | トップページ | ”魔神の遊戯”を読んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58270943

この記事へのトラックバック一覧です: Google翻訳の数学的アプローチが論文に。:

« え!プラスチックのコンビニ袋からカーボンナノチューブができる? | トップページ | ”魔神の遊戯”を読んだ。 »

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ