« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

車折神社/芸能神社でCEATEC2013が盛り上がるように祈願。

10/1からCEATEC2013が始まる。出展しているブースが少しでも盛り上がるように芸能関係の神社でお参りしようと嵯峨嵐山駅から歩いていってみた。台風18号の影響を感じさせず、さすがに観光客がとんでもない人数いたが、神社の方には誰も行かないね。

まずは車折(くるまざき)神社。

Imgp0988

Imgp0978


そして境内にあるのがこれだ!芸能神社。

Imgp0979

有名人の名前がいっぱい。Exileもやしょこたんも。Imgp0981

もやさまも。

Imgp0985

もう数え切れん。。。
でも意外な人の名前があったりして結構面白い。ちょっとお勧め。

Imgp0986







2013年9月29日 (日)

NHKスペシャル"マネー氾濫(はんらん)~世界経済に異変~"を見てました。

これ始まる前のNHKニュースで、また中国で大気汚染ひどくなって10m先が見えなくなって高速道路閉鎖されたと報道が、、、無茶苦茶だ。まあそれはそれとしてその中国とアメリカの経済のNHKスペシャル。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0929/index.html

--以下そのメモ---

まずはオリンピック開催が決まった日本から。景気が回復し始めている。しかし、世界に目を向けると、、、様子がおかしい。中国で、工事があちこちでストップ。鬼城(ゴーストタウン)ってよんでる。ブラジルでは連日デモ。理由は物価高。パンが1年で2割上がった。一方アメリカは2億円もする住宅に投資しようとしている人たち。不動産市場が加熱しようとしている。

いつ投資するか?今でしょうって。。。

アメリカは3兆ドル、中国は4兆人民元のお金を流し続けていたが、、、

今年5月、「緩和の縮小もありうる」とFRBのバーナンキ議長の発言で逆流が生じ始めている。リーマンショックから5年。世界にあふれ出したマネーはいったいどこに向かうのか?

とここまでがイントロ。

東京品川。世界を取引をしているどこかの企業(どこ?)。日本精工か。NSK。8月、担当の大平部長は販売の減速という形で景気の悪さを実感していた。アセアン地域やブラジル、鉱山関係の鉄鉱石が下落している。建機は下期厳しい。この企業ではベアリングを製造している。リーマンショックのあと新興国で売り上げをのばしたが、新興国が落ちてきている。

グローバル戦略会議では海外の責任者があつまった。(どこも同じことやってるな、、、うちもやってる)

中国担当者は経済が落ちてきていると報告。ブラジルも悪化、インドも悪化、、、おいこんなの映していいのかな?

5月以降、新興国からアメリカにドルを引き上げる動きがでてる。バーナンキ議長の発言を受けた。ブラジルが激しい。ブラジル通貨、レアルはドルに対して20%落ちた、、、(あ、レアルってRealってかくのか)。レアル安のため、輸入している小麦の価格が上昇、パンが20%近く値段上がってる。各地で連日デモが発生している。値上がりは公共料金にも及ぶ。

怒ってるときでもどこか陽気なブラジルの人(聞こえますか~)。

インドもルピーが22%下がった。ガソリン価格が高騰。自動車産業に影響が。販売台数が毎年前の年を割っている。

なぜこんなことになったのか?きっかけはアメリカ。リーマンショックまでさかのぼる。危機になる前は住宅価格も高騰していた。それを支えていたのがサブプライムローンなどの金融商品。そしてそれが一気にはじけた。深刻なダメージを受けたアメリカ経済。FRBが切り札として打ち出したのが量的緩和という金融政策。大量のマネーを供給して景気回復を後押し。これまで3兆ドルちかく流した。これが新興国にまで流れた。アメリカの金融機関がこのお金を新興国にながしていた。その時、おりしもオリンピックの招致にブラジルは成功。それでどんどん高価な住宅や車がうれていくなど、経済が上昇して国中が沸いた。

それからアメリカでも景気が持ち直してきた。株価も5年5ヶ月ぶりに最高値。そこでFRBの中でも緩和を見直すという意見が出てきた。そこで、バーナンキ議長が量的緩和の縮小もありうるという発言が。ここで投資家の考えが一点。蛇口が閉まるなら、アメリカにマネーを戻した方がもうかる。そこでドルを買う動きが加速した。ブラジルはそもそも身の丈に合わない莫大なお金が流れ込んだに過ぎない。

サトウキビ畑が広がるブラジル南東部。バイオエタノールをサトウキビから作る工場。ここも事業を拡大してきたが、、、(圧搾機一台5億円だって)。社債を発行し、ドルでの投資を呼びかけた。アメリカのマネーが入ってきた。社債完売の楯とか作ってる。多額のドルを調達した。5月を超えて、会社の計算が狂った。返済額が大きく膨らんだ。社債はドルで返さないといけないが、レアルが大きく下落したため。

このような工場は次々と閉鎖に追い込まれており、失業者も増えている。サトウキビ工場の社長はFRBのバーナンキのせいだと怒ってる。

ブラジル政府はレアルを守ろうとはしてきた。海外からの資金には2%の税金を設定し、どんどん税率をあげていった。流出しはじめると0%にした。しかし大きな流れは変えられなかった。

日本企業はさらなる問題にさらされた。中国経済の下落。さっきの大平さんが下期の生産を下げる話をしてる。。。(だからこんなの映していいの?)中国はよくわからんと。

で生産ラインの2割がストップしてるって。工場長は注文ちょうだいって。どこもこんな感じだなあ。

中国政府も多額のマネーを導入した。これが問題に、、、

湖北省の工場。ラインが動いているはずの時間。従業員が草むしりをしていた。2500人の従業員全員にある知らせが届いた。休め、と。生産ラインの半分以上を止める状況が続いている(というのをスマートフォンでみてるその中国人)。

中国経済を詳しく見る。2009年リーマンショックの直後、おんかほう首相は4兆人民元を導入。150兆円に金融機関の貸出は及んだ。経済成長率は12%に急回復。好景気に沸いた。しかし過剰な投資を招いていた。2010年、1年で引き締め政策に転換した。景気は7.5%に低下。営口市では巨額のマネーを投じて複合都市の計画を立てていた。当時は景気刺激策のおかげで経済成長したが、、、もくろみはおおきく外れた。工場を誘致する土地はほとんど空き地。

1年近く工事が止まっている建物が出てきた。商業施設付きのマンションになる予定だった。今では鬼城(ゴーストタウン)を呼ばれている。これまでの投資はどうなるのか。見通しは立っていない。

過剰な投資をしたのでは?という質問に担当者は私の立場では答えられないとコメント。

中国経済の減速の影響が世界に広がっている。アフリカ南部のザンビア。輸出の4割が中国向け。銅を輸出していた。しかし中国経済の減速で銅の価格も下がっている。銅鉱山の経営も悪化。5人の子持ちのお父さんも解雇、、、子供たちも学校変えないといけなくなった。街にも失業者が目立つようになっている。中国ブームがずっと続くと思っていたと鉱山の担当者。

再度アメリカに目を向けると、、、バブルがまた。サンフランシスコの住宅の展示会。2億円の物件に100人が訪れた。投資対象らしい。不動産業者の顧客リストには投資会社の名前が並ぶ。投資家が買いあさって住宅の価格が上がっている(ほんとにこいつら学習しないな。日本もだが、、、)。

中国は新たなリスクも。りこっきょう首相も危機感を募らせる。金融の監督を強めると。

不透明なシャドーバンキングというマネーの流れが増えてきている。

先月、シャドーバンキングを行っていた投資会社が破たんした。理財商品で高金利でお金をあつめ、破たん。投資していた人が怒ってる(日本でもこんなのあったなあ、、、どこも同じか)

シャドーバンキングは総額480兆円にものぼると。しかしこれが増えてきたのは中国政府のマネーの流出から引き締めへの政策変更によるもの。地方政府が利用したのだ。

シャドーバンキングの主役の投資会社を訪ねた。するとそこは地方政府の庁舎の中だった。地方政府の許可なしに取材出来ないと言われ、地方政府の担当に許可を求める。うわ、いかにもわいろもらってる役人だ。一緒になってシャドーバンキングをやってると。

あ、中国でもデモが。政府に怒りをむけてる。地方政府の債務はGDPの1/4に。この破たんが相次げば、世界経済にも影響は免れない。

またアメリカ。アメリカが緩和を縮小するかどうかに世界は注目していた。FRBが9月18日に出す発表は何かと。で発表したのは、、、”量的緩和を継続する”と。

市場関係者の予想が覆った。投資家は反応した。そこでまた新興国に投資をした(こいつら何やってんだ)。株価は最高値を更新。

---

正直、投資やお金に全く興味ないが、たまたまこの番組みて、やっぱりこんな投資の世界、全く面白くないという思いを新たにしたよ。私は日本精工の大平さんの立場で観てました。うちもこういう感じなのですよ。

日本もオリンピックが決まったばかりだし、ブラジルのようにならなければいいが、、、

CERNの標準モデルが書かれた石板とか、マグカップとか倍返しになってる?

この前、NHKスペシャルの”神の数式”を見てましたが、、、

CERNの石板に標準モデルのLagrangianが刻まれていて、、、

http://home.web.cern.ch/cern-people/updates/2013/03/standard-model-set-stone

Mehir_2

マグカップもあるんだが、、、

Cernmug

それ、h.c.(エルミート共役)いらないんじゃ、、、2倍違う(倍返しだ!)んじゃという記事が。

CERN mug summarizes Standard Model, but is off by a factor of 2

☆半沢直樹は一回も見てませんが。

というかあの石板見るたびに、ガリレオの湯川さんがあの音楽(vs.~知覚と快楽の螺旋~)をBGMにかってに石板に式をかいているように見えてしまうと言う。。。新ガリレオ(ドラマ)に出てきた数式まとめ + α

Mehir_2yukawa

2013年9月28日 (土)

え!サグラダファミリア、2026年に完成?ってことはリニアモーターカー東京・名古屋間開通(2027年)より早いじゃないか、、、

いつまでも完成しないものの象徴だったあのSagrada Familia。

なんと2026年に完成だって!

Here's How Sagrada Familia Will Look When It's Finally Done In 2026

完成予想動画。

てことは2027年のリニア開通より早いんだな、、、

今、リアルスコープで新幹線の特集やってましたが、次の新幹線(見せてもらえなかったけど)も確実に作られてた。今から14年後なら、リニアより早くなってるんじゃ、、、という疑問がありますが。

通販サイトLa BooのCMで、スーパーモデル カーラ・デルヴィーニュさんがジャミラとか変顔とかしてる!CMソングは80kidz。ふなっしーとも共演。

ガールズファッション通販サイト、La boo。http://la-boo.jp/?gclid=CIGGmr-B7bkCFUFLpgodaWIAug

このCM面白いな。でてるのはイギリスのスーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュさん。

アイーンとかジャミラとか、、、

っていまこういうのジャミラって言わないのか?小学生のころ、ジャミラごっこをよくやってた。

http://pulog1.exblog.jp/111564

--

でCMソングは!80kidzじゃないですか!私Alt Aずっと聞いてた時代が。

「監察医七浦小夜子」の予告編の曲がえらくかっこいいが80kidzのAlt Aだそうです。

---

でカーラさん、ふなっしーとも共演してるし、、、こっちも面白いな。なんかすごいノリがいい。

http://www.fashion-press.net/news/7692

2013年9月27日 (金)

ストリートビューはCERN内部から熊野古道まで。ついでにうちの姉も登場。

ストリートビューの話題が続けて出てました。まずは、

先日、NHKスペシャル”神の数式”にも出てきたCERN。

http://www.fastcompany.com/3018548/where-are-they-now/google-street-view-lets-you-take-a-virtual-tour-of-cern

ATLASを見学しよう。

次は、熊野古道。

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/27/107/

さて、ついでに、うちの姉がストリートビューに昨日から登場しているが、、、出すと怒られるのでどこかは秘密。

探してみよう。

”魔神の遊戯”を読んだ。

これは、、、このトリックというか手法はシリーズで多分、1回しか使えないやつですよね。島田さんが使うとは思わなかった。

例えば(ネタバレにならないようにタイトルは記載しないで、、、)浅見光彦シリーズとか、犀川さん&西之園さんのやつとか。しかしこれは1ページ目から、、、そこは島田さんっぽい。

で、舞台は大がかり。ネス湖畔の寒村ティモシーで発生したバラバラ連続殺人事件。

頭の中に浮かんだ村を写真に撮ったかのように絵にできる精神を病んだ男、ロドニー。彼を学者として調べていく御手洗さん。そこに現れる絵に殺人事件で殺された人たちが、、、

ロドニーが未来を見てきて、恨みを持つものを殺していたというのは本当なのか?旧約聖書に出てくる魔神が糸を引いているのか、、、

というのですが、一番最後に書いたように手法が驚いた。殺人自体のトリックはあまりにさらっとしていてあれ?書いてあったっけ?とか思ってしまった。

2013年9月26日 (木)

Google翻訳の数学的アプローチが論文に。

これです。↓

"Exploiting Similarities among Languages for Machine Translation"

http://arxiv.org/pdf/1309.4168v1.pdf

統計翻訳のための辞書とフレーズテーブルを生成・拡張する新しい方法ということでした。言語のベクトル空間の間の線形写像、とかシンプルな話で成果を上げるという。

しかし!英語とスペイン語間の精度はいいという話だが!

Google翻訳、日本語訳でまともな訳を返したことがない。最近も試したけどまだ全然×。Bing翻訳も全然×。

エキサイト翻訳が一番いいです。私が人に勧めるのはいつもエキサイト翻訳(別にまわし者じゃないです、、、)。

え!プラスチックのコンビニ袋からカーボンナノチューブができる?

生分解性のないプラスチックバッグから、、、

Turning plastic bags into high-tech materials

カーボンナノチューブを作って、環境にやさしい循環サイクルを作ると言う話。

論文はこれか。

Synthesis of well-organised carbon nanotube membranes from non-degradable plastic bags with tuneable molecular transport: Towards nanotechnological recycling

Volume 63, November 2013, Pages 423–433

って、Carbonって雑誌があるんだな。知らなかった。

1s2_0s0008622313006246gr1


そもそもグラフェンが最初に作られたのもスコッチテープ何回もはがして、ということだったし、炭素系の材料はまだまだ面白そうな作り方があるかも?

ちなみにグラフェンでノーベル賞をもらったアンドレ・ガイムさんは、カエルの浮遊でイグノーベル賞ももらっている。ノーベル/イグノーベルダブル受賞!

グラフェンの作り方、、、

カエルの浮遊、、、

Google Science Fair 2013(GSF2013)の受賞者決定!

Google Science Fair Winners Are Some Amazing Kids

という記事がでてました。13-14歳、15-16歳、17-18歳のグループに分けて科学コンテストをするというもの。

でそれぞれの優勝者は、、、

まずは最年少部門はこちら。PARTプログラム。緊急車両が通る時に知らせてくれるというもの。あ、これは将来的に近いものがほんとに広まるだろうな。もうあったりしないのかな、、、

次は15-16歳部門。電池のいらない懐中電灯。上といい、なんかすごく実用的。ただGoogleの日本サイトがmWをメガワットと書いているのは直したほうがいい、、、

そして最年長(っても18歳未満)部門。インフルエンザ治療薬って突然レベルUP!

あと賞を取ったのはバナナの皮から作るプラスチック。

どれもかなり実用的だけれど、、、若いんだからどちらかというとイグノーベル賞みたいな突飛な話が出た方が面白かったですが。

2013年9月25日 (水)

NHKスペシャル "神の数式" 第1回&第2回を録画していたのを続けて今見た。⇒12/24~27に4回に増やした完全版放映するって。BS1で。

先週末は不在で、今やっと録画したのを見た。

神の数式 第1回 この世は何からできているのか ~天才たちの100年の苦闘~

神の数式 第2回 宇宙はどこから来たのか ~最後の難問に挑む天才たち~

以下、ほぼリアルタイムで観ながら書いたメモ。とんでもなく長いのでご注意。ちょくちょく私が覚えている話を挟みながら。

第一回

一本の鉛筆を尖った方を下に、机に立ててみてください。立たない。どんなにまっすぐに立てても無理。当たり前?これがある科学的大発見の大元になっている。スイスのCERN。2012/7にここでヒッグス粒子が発見されたという発表があった。あ、ここでシェルドン・グラショウ登場。ヒッグスが最後のピースだと。

鉛筆が倒れる現象の重要性に気付いたのは南部陽一郎。あ、アインシュタインとディラックが写っている写真が。南部さんはなんでもわかりたい、わかるはずだという欲求が物理学者にあると話された。

数式を使って一応、物理学者はいろいろ説明して来た。例えばオーロラはγ~R(1/n^2-1/m^2)、

http://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/aboutAurora/aboutAurora_frame.html

オングストロームが最初に測定したという、、、

大気の動きはナビエ・ストークス、電磁気はMaxwell方程式。

って”一応”とか”ある程度うまくいく”ってなんだ!精密に予言できるレベルのものが多いっつーの。もうこの時点でへろへろ、、、

けれどもあらゆる現象をたった一つの数式で説明出来たら、それが神の数式とよばれるだろう。って、非平衡現象やっていたり、私みたいにそれから工学移ってもっと多くの要素が関わりあう複雑な現象やってる人はそうでもないと思いますが。多体系の量子力学や、Maxwell方程式やナビエ・ストークスとかを基礎として、スーパーコンピュータ使ってでも苦労して意味のある計算をしようとしているわけで。特に乱流をTOEから解けないっつーの!

まあそれはいいと思っていたら、物理学者はってのは万物の理論を追い求めているとファビオラ・ジノアッティさん。おいおい、だからそれはそういう物理の分野もあるけどそれだけじゃないって。

というイントロのあと始まりました。

CERNにある石板に数式が刻まれている。http://home.web.cern.ch/cern-people/updates/2013/03/standard-model-set-stone

これですな。

Mehir_2

standard modelのLagrangianですね。

電子、クォーク、ニュートリノを表す項と、電磁気力、弱い力、強い力を表す項と、、、

(これが分かれば全ての現象がわかるとナレーション。だからこれだけわかったから乱流がわかるわけじゃないっつーの。ハイゼンベルクの言葉を参照
“When I meet God, I am going to ask him two questions:
Why relativity? And why turbulence? I really believe he will have an
answer for the first.”

そしてヒッグスを表す項。これにどうやってたどり着いたか、100年に渡る苦闘を説明する。

まずは、、、ケンブリッジのディラック!!!朝永さんの”スピンはめぐる”を最初に読んだとき、ディラックの天才さとか、ディラック方程式からスピンが勝手に!出てくることに感動したなあ。。。ディラックは寡黙な人で、学生から1年に1言しゃべるという単位を1ディラックと呼ばれてたり、地図を見てこの距離ならすぐ帰れると思って散歩にでかけてとんでもなく遅くに帰ってきて”なぜ最短距離で道を作ってないんだ”と怒ったとか。

ということでディラック方程式の説明。\left(\beta mc^2 + \sum_{k = 1}^3 \alpha_k p_k \, c\right) \psi (\mathbf{x},t) = i \hbar \frac{\partial\psi(\mathbf{x},t) }{\partial t}

クライン・ゴルドン方程式が水素を表すのにうまくいかなかったのは確率を表すには一階微分しか含んではならず、それを表すのに行列をつかって、、、とかそんなことはすっ飛ばし、物理法則は、数学的に美しくなければならない、というディラックの言葉を引用。そして対称性の話へ。

円は座標軸を回転させても数式の形が変化しない。それが回転対称性があるといって美しいと物理学者は感じる。縞模様も平行移動で並進対称だから美しいと。

で次にワインバーグ登場。あ、だいぶ老けたなあ。。。正方形の対称性を説明。

ディラックはローレンツ対称性も大事にしていた。完璧な美しさを持つには時間と空間が、ってやっぱりγ行列で描いた方が美しいか。テレビでもこっちで説明。

i \hbar \gamma^\mu \partial_\mu \psi - m c \psi = 0 \,.

おっとここでカクミチオさん登場。ディラック方程式を見て涙がこぼれたって。ほんと?

そして陽電子の話やもともと陽子だと思っていたことをすっとばし、、、

あ、次はフリーマン・ダイソンさん。最近、囚人のジレンマみたいなゲーム理論の新しい戦略を提出するとか、まだまだお元気という信じられんない人。

そして次は素粒子同士を結び付ける力のお話。

電磁気力は、、、オッペンハイマー。あれ?ここでこの人か?業績は多いけれど、、、パウリ・ヨルダン・ハイゼンベルク・ウィグナーとかの方がふさわしいんじゃ、、、

シルバン・シュウェーバーさんが説明。ゲージ対称性をここで説明している。でここで量子電磁力学(QED)のラグランジアンまで登場。私が学生時代に計算したことのあるのはここどまり。ファインマンダイアグラムの話をCGでやってる。

ピエール・ラモンが無限大の問題の話を説明。あ、オッペンハイマーが電子のエネルギーが無限大になった計算をしたので最初に出てきたのか。この時代、第二次世界大戦が勃発。フェルミが最初の核分裂連鎖反応を起こすことに成功。オッペンハイマーもマンハッタン計画(原爆計画)の責任者に(ここでファインマンが書いた”下から見たロスアラモス”という話と宮崎さんの”風立ちぬ”が似てるという話をちょっと前に書いた)。

そしてオッペンハイマーは原爆の父と呼ばれ、、、プリンストン高等研究所にいたオッペンハイマーに敗戦国から無名のShin-itiro Tomonagaという人物から手紙が届く(tiだね。chiじゃなくて)。欧米に発表する機会はなかったが、私は無限大を回避する方法をみつけたと、、、

オッペンハイマーは論文を書くように勧め、Physical Reviewに載った!くりこみ!

ダイソンの有名な言葉がhttp://tomonaga.tsukuba.ac.jp/room/room_05_02.htm

"

そこには,ジュリアン・シュウィンガーの理論の中心的アイデアが,何らの数学的技巧 も用いずに,簡単且つ明瞭に述べてあった。これはまことに驚くべきこと を意味していた。ともかくも,戦争による破壊と混乱の真只中にあり,世界の他の場所から全く孤立していながらも,トモナガは日本において,当時他の如何な る所にあった如何なるものよりも,幾多の点で進んでいた理論物理学の一学派を維持していたのであった。彼はシュウィンガーに五年も先んじて,しかもコロン ビアの実験に何ら助けられずに,新しい量子電気力学を独力で推し進め,その基礎を築いていた。

彼は,1943年には,その理論を完成させておらず,それを実際問題に適用できる段 階までは発展させていなかった。…………しかし,トモナガは,最初の本 質的な一歩を踏み出していた。そして,1948年の春,東京の灰と瓦礫の中に坐りながら,あの感動的な小さな小包を私たちに送ってくれた。それは深淵から の声として私たちに届いたのであった。"

ここでシュウィンガーもファインマンも紹介。2人の扱いが小さい、、、がこれがとんでもない精度でいろんな計算ができることを説明。ちなみにこれ知ってますか?

「物理学史上、最も精密な理論計算値 -電子の磁気能率の大きさを1.3兆分の1の精度で決定-

http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120910/

これで対称性が指針になるとわかった。次は、、、C.N.ヤン。ヤン・ミルズのお話。

☆内山龍雄さんの話は無視か!

非可換ゲージ対称性の話だが、ミルズも無視か!まあ、それはそれとして、強い力と弱い力のラグランジアンも付け加えられた。

☆繰り込み可能性を示したトフーフト ('t Hooft )も無視か!

しかしその力を伝える粒子の重さが0になってしまう。光子は0だが、その他は明らかに非常に重いはずだった、とワインバーグが説明。

これ、確かパウリがめちゃくちゃ突っ込んだ。パウリが自分でも計算していたはずで重さ0になるから葬ったのを他人が出したのが超気に入らなかったという。。。スピンの時も自分で計算してウーレンベックと飼うシュミットにめちゃくちゃ突っ込んだのだが。

数式は美しいが、現実と離れている。。。

そこででてきたのが、、、南部さん。”南部には未来が見えている”と周りから言われていた。鉛筆の話がここで再登場。実際には超伝導のBCS理論から来たんじゃないの?

設計図には回転対称性があるのに、実際に起こる現象では破れている。

”自発的対称性の破れ”。ゴールドストンの話もとばし、、、

次はワインバーグ・サラム理論(電弱理論)の話をワインバーグが説明。ヒッグス等の理論を持ち込んだ。サラムも無視か!

当時はヒッグス粒子が都合がよすぎるということであまり評判が良くなかった。

グラショウはヒッグス粒子を”トイレのようなもの”と説明。きれいな家を成り立たせるには汚れ役が必要と。

ホーキングもヒッグス粒子が存在しない方に金銭をかけた(ってこれはプレイボーイ誌じゃなかったっけ?しかも外れても何か得するようにかけたんじゃ、、、)

そしてヒッグス粒子が見つかったと発表。

標準理論が完成した。そしてCERNの石板が再登場。しかし重力を取りこんだ理論がまだ。

ここまでが第一回。

----

第二回

今回は重力について。

ホーキング登場。だいぶ悪そう、、、奥さんに虐待されているとかいう話はどうなったんだろう。。。でブラックホールが謎を解くカギになると説明。

重力の数式、一般相対性理論と標準理論を合わせられれば神の数式になるのではと、ポルチンスキー登場して話す。マイケルグリーンが神に近づきすぎて神の怒りをかったとかわけのわからんことを話す。

京コンピュータも映るが、遺伝子解析が映る。なんでやねん。

とここまでがイントロ。

アメリカ・コロラド州。その山中にアスペン物理学センターがある。そこにシュワルツが招かれた。超弦理論の初期の立役者の一人。山登りしてる。71歳でも全然元気。

ウィルソン山天文台まで登る!元気!アインシュタインも来たことある天文台。

ここでアインシュタイン登場。一般相対論の話が出た。ポルチンスキーが簡単に説明する。シーツを引いて、、、そこに重りを載せて、、、シーツをゆがませて、、、そこにちいさなビー玉をいれて、、、というおなじみの実験。

アインシュタインが重力の中で光も曲がると予言。で、日食のときのエディントンの実験で検証、、、というのは今となっては精度が怪しい。

もちろん、今はすごい精度で検証されてますが(GPSとか使えてるのはこのおかげ)。

ホーキングまた登場。ブラックホールの特異点のお話。ブラックホールの底が一般相対論では説明できない。宇宙誕生から10^-43秒より前のことを知るのにはこれが必要。

一般相対性理論と量子力学を組み合わせたら?

なぜかここでロシア。非業の死を遂げた旧ソビエト時代の物理学者、マトベイ・ブロンスタイン。誰?初めて知らない人がでてきた。

31歳でスターリンに粛清されたって。。。

空間をミクロなサイズに区切ってそこにはたらく重力を計算した。そして無限大を見た。

って、この人なんでここで紹介する?時間がないのに、もっと紹介すべき人いるんじゃないか?

なんでかと思ったらNHKで”粛清の時代の天才たち”、という番組やったからというしょーもない理由か、、、

でやっと本筋に。プリンストンのシャーク、シュワルツが弦理論を研究していた。当時は時代遅れと思われていた。点でなく、弦が基本になる理論。見捨てられた分野で、評価されなかった。絶滅危惧種だと担当教授にも言われた。

しかし、ここで超弦理論を提唱。無限大を解消することに。ただし、10次元が必要。

あ、トフーフトがここで登場。当時全く興味がなかったと。。。シュワルツを”今日は何次元にいたんだい?”とか、からかったりした。

シャークは、、、重い糖尿病にかかっており、フランスに帰り、、、そして、、、10次元の研究に没頭し、、、仏教に傾倒、瞑想にふけり、、、突然34才で大量に糖尿の治療薬を投与し、お亡くなりに、、、これは知らなかった。

そしてシュワルツは一人研究を続ける。転機は、マイケルグリーンが加わったこと。

シュワルツとグリーンは496という数字が数式に次々現れることを見た。完全数。SO(32)の発見。ここでようやくウィッテン登場!一言だけ。

どこに異次元があるのか?ポルチンスキーがまた登場。説明してくれる。

綱渡りしている女性にとって、綱は1次元。前か後ろにしか進めない。綱を這うテントウムシにとっては2次元の面に見えるはず。小さい世界に視点を動かすと隠れていた次元が見える。ではどこに超弦理論の次元は隠れている?ミクロの世界。奇妙な形で丸まっているもの。カラビヤウ空間。

しかしまだ問題がある。

ホーキング再登場。ブラックホールの蒸発の話。ホーキングパラドクスが解けるか?と超弦理論に突き付けた。

そこで出てきたのが、ポルチンスキー。お、自転車レースしてる。コインランドリーでアイデアが浮かんだ。これは京都のコインランドリーですよ!これ言わないと。。。

ここで膜の話が出てくる。そしてブラックホールの蒸発を説明できると。

ホーキングが誤り(でもないよな。)を認める会見を開く。

次はバファが登場。一瞬、、、

そしてLIGO,重力波の検出器が一瞬映る。

---

正直、そうとう無理があるNHKスペシャルでした。微妙に何も言ってないような気がする。。。まあ著名な物理学者の年取った今が見られたのはよかった。学生時代にあこがれていたような人たちの。

しかしこれより、"大栗先生の超弦理論入門"を読めばもっとわかりやすい。ここまでわかりやすくしかもごまかさず書いてある本はそうそうないです。

---

12/24-27でもっと詳細にリメイクしたものを放映するって。

2013/12/9

 

NHKスペシャルで2013年9月に全2回で放送した「神の数式」をより詳細にリメイクした
「神の数式 完全版」を【BS1】で全4回・4夜連続で放送します。
12月24日(火)~27(金)午後7時00分~7時50分 BS1 です。
 

2013年9月24日 (火)

ミツオシエ(Honey guide bird)とミツアナグマ(Honey badger)の共生動画(早川いくをさんのTwitterみて調べてみた)。

早川いくをさんのTwitterで、https://twitter.com/phagetypet40

ミツオシエという人間に蜜蜂の巣のありかを教えてくれる鳥の話がでてた。人間はその蜜を取り、ミツオシエは蜂の巣や、幼虫をいただくという共生関係ができてるというお話。

でも近年は人間がミツオシエを無視して、、、”「人間さーん、やりました! 蜂の巣見つけました!」 「……あれ?」 「人間さん、動いてくれないよ?」 「どうしたんだろう……」 「ぼくの言い方が良くなかったのかな……」 「旦那、旦那さーん、蜜です、甘いハチミツです、よー!」 「行っちゃった(´・ω・`)」 「お腹すいたよう…」”

という全人類が同情するようなお話が。でもミツアナグマ(ラーテル)はまだ共生にある、、、ということで動画ないかみたら!あった。

ミツアナグマの方にどっちかというと同情、、、幼くして狩も覚えてないのに両親にほっとかれるという、、、でよくわからないので自分より強い相手にも立ち向かって、、、

2013年9月23日 (月)

”.金田一耕助VS明智小五郎”って芦辺さんのか!。--こういうVSものは昔から多い。

今、金田一耕助VS明智小五郎をやっているが、芦辺拓さん原作のやつじゃないですか。http://www.fujitv.co.jp/b_hp/130923kindaichi/index.html

よくこの時代にこの企画通ったなあ、、、という感心しましたよ。あ、でも金田一少年の事件簿にも明智がでるのか。この流れでいくと、御手洗潔対シャーロックホームズのドラマ化もあるのか(これは柄刀一さん)?いやそもそも島田さんは御手洗さんの映像化を絶対許可しないからこれはないか、、、御手洗さんと吉敷さん両方登場の「龍臥亭幻想」はありますが。漱石と倫敦ミイラ殺人事件もある。

いや、そもそもルパン対明智小五郎の黄金仮面とかあるしな(ルパンはルブラン、明智小五郎はもちろん江戸川乱歩なのでそれそもこの対決が変だ)。

---

しかし昔の東映まんがまつりの

マジンガーZ対デビルマン

マジンガーZ対暗黒大将軍

グレートマジンガー対ゲッターロボ

グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突

宇宙円盤大戦争

UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー

グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣

のほうが個人的には大興奮する、、、

なんで”考えない”ということができないか?

"Feel, don't think"とブルースリーも言ってますが、考えないということは難しい。
New Scientistに"Thoughts: The inside story"という記事がでてるそうで、
動画も出てました。あの”シロクマのことだけは考えるな”の話も導入に。
結局、考えないということは難しいというか脳の構造上、無理ってことかな。
だから私が注意力散漫でもそれは当然、、、
※白熊効果は例えばこちら:Daniel Wegnerさんのweb site.

2013年9月22日 (日)

Apple iPhone 5C のCM"Plastic Perfected"のCMソングはSleigh bellsのRill Rill

カラフルなiPhone 5CのCMが始まりました。"Plastic Perfected"というCM。

曲はSleigh Bellsの "Rill Rill"。なかなかいい曲。
(注)11月からやってるiPhone 5SのCMソングはこっちです。

2013年9月21日 (土)

"ボヘミアン・グラヴィティ"(ボヘミアン・ラプソディの物理版)の完成度高し。

これ面白い。出だしがそもそも"Is  string theory right?"だし。(本物は" Is this  the real life?")

南部・後藤、南部・後藤に爆笑した。

Watch The World's Nerdiest Rendition Of 'Bohemian Rhapsody'

大学院生のTim Blaisさんの作品。

☆そもそもクイーンのブライアン・メイは天体物理学の博士号もってるしなあ。

ヒッグスを歌ったこっちも面白い。↓

今朝の朝日新聞の”ののちゃんのDO科学”はケミカルライト、つまりサイリューム/サイリウムなどの原理でした。

よく縁日とか、アイドルのコンサートで見られるあれです。

シュウ酸ジフェニルと過酸化水素水の化学反応で、一緒に入れている染料によって色が変わるってことだそう。以下の説明がわかりやすい。

http://chemistry.about.com/library/weekly/aa031703a.htm

染料は以下の通りだそうです。

Blue 9,10-diphenylanthracene
Green 9,10-bis(phenylethynyl)anthracene
Yellow 1-chloro-9,10-bis(phenylethynyl)anthracene
Rubrene
Orange 5,12-bis(phenylethynyl)-naphthacene
Rhodamine 6G
Red Rhodamine B

でも、 Cyalume(サイリューム)という名前、商品名でもともとはシアナミド社が開発・販売していたが、この商標権を含む発光体事業をオムニグロー社に売却したって初めて知りました。

ただ、朝日新聞が取材したのはルミカ社の方。

http://www.lumica.co.jp/

電子レンジであったまるもの、そうでないもの。

だいぶ前に、電子レンジの周波数2.45GHzは水分子の共振周波数でもなんでもない、ことを書いた。

電子レンジは、水分子の固有振動数(共振周波数)を利用しているのではないです。

水が極めて広い帯域で吸収スペクトルを持っていて、低周波側でもだらだらと残っているおまけのような損失を使ってるというイメージ。

分子どうこういうより、誘電率(ε)と誘電正接(tanδ)というマクロな物理量を使うと実際の温度上昇とか、周波数でどう中まで入っていくかを計算できる。

逆に言うと、誘電率と誘電正接を持った物質なら温まる可能性があるわけで。だから水を特異的に狙っているので無線LANは恐ろしいとかそういうのないから。

例えば、電力半減深度という、ガリレオ(ドラマ)でも出てきた式が定性的にどんなもんかのイメージをするのにちょうどいい式じゃないかと

私が高精度計算サイト keisan.casio.jpに作った自作式がこちら。

電磁波の波長,反射率,透過率,電力半減深度,表皮厚み

☆ここから、絶縁体とみなせることを暗に仮定します。良導体(金属)だと、マイクロ波で渦電流が流れて、で火花ばちばちになってあぶないのでやめよう。

水はだいたい比誘電率εr~80、誘電正接tanδ~0.1くらい@2.45GHz。

これだと電力半減深度Dが15mmくらいでまあ妥当な食品サイズで、吸収した電磁波の電力が半分になる。1000Wの電子レンジの半分っていうと結構な損失でよくあったまる。

☆実際には誘電率高いので表面での反射もばかになりませんが。。。ここでは簡単な扱いにします。

ではガラス容器は?というとそもそもガラスは比誘電率が小さくて(構造を思い出そう)、誘電正接も小さい。一般的なガラスは、εr~5くらいでtanδ~0.01以下。なので

電力半減深度は60cm、ほとんど素通りしちゃうのであったまらない。

陶器も一般的なものはガラスと大差ないので、あったまらない。

陶器を進めたファインセラミクスは誘電率も誘電正接もピンキリなので、まああったまって焼結するやつとかもあったり。

理科年表にデータでてるので、それを見て計算したらだいたいわかる。

http://www.uesu.phys.waseda.ac.jp/Japanese/lec/chapter1-1-renew.pdf

紙もεr低くてまあ誘電正接も結構低いのであたたまらない。

・・・とか言っていると誘電正接0.1くらいの身近な物質って水しかないので結局水しか温まらないという話になるんですな。

氷もεr=3くらいで、なんと誘電正接が0.001とか一気に損失すくなくなるので温まらないです。結晶化すると全く特性かわりますな。

氷っていってもいろいろあるけれど、、、

水の結晶って一体何種類あるんだ? --- 15種類以上!?

---

FDTD法などによるもっとちゃんとした解析はこういうのがあります。

http://www.sharp.co.jp/corporate/rd/journal-82/pdf/82-05.pdf

2013年9月20日 (金)

平成25年「秋の全国交通安全運動」のポスターに斉藤雪乃さんと武田訓佳さんが!(す・またんコンビ)

西宮の派出所の前をぶらぶら歩いていたら!このポスターが!

http://www.pref.osaka.jp/dorokankyo/anzen/25aki.html

Photo

す・またん、毎朝出勤前に見てるのでめっちゃうれしい。特に斉藤さんの鉄道の知識にはいつも驚かされる、、、武田さんもかわいい。

武田さんはロート製薬のパンシロン ビオリズムのCMにも出演。

でもこの交通安全運動のポスター、地域によって違うみたい。 例えばももクロちゃんだったり

え!アジレント(旧ヒューレットパッカードというかアバゴというか、、、)また分割されるの?

むかしむかし、Hewlett Packardという会社があってですね、コンピュータや計測機器を作ってたわけですよ。私は計測機器の方にものすごくお世話になって(アメリカにいたのもこのころ)いたのです。あの有名なガレージも見に行ったり、、、

それがコンピュータ・プリンタのHPと計測機器や半導体、ライフサイエンス機器のAgilentに分割されて、、、

そして半導体のAvagoが分割した。(これもめっちゃ今の仕事に関係あるのだが、、、)

そして今回、計測機器とライフサイエンス機器の会社に分割。

http://www.agilent.com/newsjp/presrel/fy2013/co13_separation.shtml

あれ!ライフサイエンスの方がアジレントで、計測機器が新しい名前になるのか!

まだ決まってないけど(仮称)EM会社。。。

こんなに分割される会社も珍しい。

”ロシア幽霊軍艦事件”を読んだ。

”最後の一球”の冒頭で触れられていたのでこれは読まないと、ということでBook OFFで探して見つけました。

これは、、、人が死ぬような事件も何も起きないんですが、大ボラ度(失礼、、、これが読みたいんですよ)はすごい。

箱根のホテルに飾られていた一枚の古い写真には、芦ノ湖に浮かぶロシアの軍艦が映っていた。その軍艦は嵐の夜に突如現れ、軍人たちが降りると忽然と姿を消したという。

一体山間の湖にどうやって軍艦が現れ、そして消えたのか?

一夜城みたいな話かな?と思ったら全然違いました。

ロシア革命、アナスタシアはいいとして、アナ・アンダーソンって実在するのか!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

そして(完全ネタバレ)、これも、、、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A8_Do_X

まあ、よくこんなこと思いつくなあ、と感心。

ドコモのiPhone5S, 予約しました(プレミアステージ限定) - どうでもいいですが、テレビのニュースはどの局もアイフォーンと伸ばすのが気になる、、、

ドコモプレミアクラブで、プレミアステージにある人限定でiPhone5Sが予約できる。

http://www.nttdocomo.co.jp/iphone/purchase/notice/

ということで5S、ゴールド、64GBをさっき予約した。特にwebが繋がりにくいということもなく、普通に確認メールなど帰ってきた。

9/20 8:00から9/23 12:00まで。

入荷したら近くのドコモショップから連絡がある、ということでまあ楽しみにしましょう。

まあ、ゴールドは人気ありそうなのでいつ入ってくるかよくわからんが、、、

iPhone 5s「シルバー」「ゴールド」入手困難 入荷めど立たず というニュースもあるし。

---

で今日はテレビのニュースでiPhone5C/5S発売のニュースが多く取り扱われてるんですが、

全部アイフォーンと伸ばすのが気になる、、、アイフォンじゃだめな理由はあのアイホンと紛らわしいから(でもちゃんと許諾は取ってるのに)という話を聞いたことがありますが、ほんと?

アップルのサイトでも必ず日本語のページは

iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。”とあるし。

表情のカタログがあるのか!(今、ZIPで進撃の巨人の作者、諌山創さんが使ってた)

ZIP見てたら、諌山さんのインタビューが。で、巨人を描くのにこういうのを使ってるって。

表情カタログ!(テレビで映っていたのと表紙がちょっと違うので同じものじゃないかも)

http://www.maar.com/books/03/ISBN978-4-8373-0174-5/

Isbn9784837301745__050051

これはニッチな市場を、、、

このマール社、ほかにも

http://www.maar.com/books/03_list.html

ポーズカタログや背景カタログを出してる。

こういうのはサルまんで絵が書けなかったら見て書け!というのを思い出す。

2013年9月19日 (木)

キーボード(鍵盤)をキーボード(入力装置)の代わりにする2題。(タイプライティングとDOOM!)

偶然なのか何なのか、2つの話題が同時期に出てました。

その1、PCのQWERTYキーボードよりピアニストは早くキーを打てる。

Pianists play their instruments as fast as experienced typists on a QWERTY keyboard

Zoom

その2、DOOMをピアノでプレイ!

DOOMは最初出てきたときに衝撃を受けたゲーム。ここまでPCで出来るようになったのかと。

Somebody Modded A Piano To Play The Game 'Doom' [Video]

---

ものすごーく古い話ですが、望月三起也さんが、マシンハヤブサというレース漫画を書いててですね、主人公が突然ピアノを習わされるんですよ。ずっと怒ってたんだけど、最後に新しいマシンを見て納得。レースで周りのライバルに、腕が十本あるような運転してる!と驚かれたんですが、、、実は運転がピアノのキーボードでするようになっていたという。。。

・・・というのを思い出した。

---

ちなみにQWERTY配列の起源でよく知られているのが実は都市伝説だったという本がこちら。

ピサの斜塔がポータブルの3Dスキャナで内部をスキャンされた。思っている以上に傾いてる、、、

Researchers create first-ever interior 3-D map of Leaning Tower of Pisa using breakthrough mobile laser mapping system

もって歩くだけで3Dレーザースキャンできるという面白デバイス、CSIROのZebedeeというものを使ってイタリアのピサの斜塔内部をスキャンしてみた、というものです。ピコピコとスキャナが動くのが面白い。

で最終的な構造がこれ。

243clipboard1

これほんとに大丈夫なのか。いつ倒れてもおかしくなさそうな、、、

wikipediaでは

"2008年5月28日、監視担当のエンジニアで地質学者でもあるミケレ・ジャミオルコウスキ教授により、少なくともあと300年は倒れる危険がないとの見解が示されている。"
て話があるが、、、

ここでガリレオ・ガリレイが落下実験を行ったという話もありますが、どうも創作らしいということを聞いて愕然とした覚えが。

---

まあ、小学生くらいのときはピザの斜塔だと思っていたが、、、

Mac OS X, Xcode4.6, Objective-CでHID(ゲームパッドとかジョイスティック)を使う(備忘録)

来月頭、とある大きな展示会にMacを使ったゲームを出す(いや、仕事とはあんまり(全く?)関係ないけど成り行き上、、、)。

でゲームと言えばゲームパッドかジョイスティックだろう、ということでゲームパッドを使うことにしたのだが、、、

だがどうやって動かすか最初全く分からなかった。ググっても初心者がわかるようなものがないし、、、(そもそもちょっと前の制御と、IOKitが出てからの制御が違うのでよけいに混乱)

で最終的にできるようになったのだが、その備忘録を。Objective-Cはど素人なので変なことを書いている可能性も高いが、、、

☆HIDってのはUSBの規格の中に含まれているHuman Interface Deviceのこと。キーボード、マウス、ジョイスティック、ハンドルとかいろいろ含まれる。

とにかく情報としては

https://developer.apple.com/library/mac/documentation/devicedrivers/conceptual/HID/intro/intro.html#//apple_ref/doc/uid/TP40000970-CH202-SW1

が全て。

①Linked Frameworks and Librariesに"IOKit.framework"を追加する。

②ライブラリ集として、サンプルプログラムのHID Config Save

https://developer.apple.com/library/mac/samplecode/HID_Config_Save/Introduction/Intro.html

にある、HID Utilitilesをフォルダごと自分のプロジェクトに追加する。

Add FILES to "***"で、Copy items into destination group's folderにチェックを入れ(入れなくてもいいけど)、FolderはCreate groups for any added folders.

このHID Config Saveが唯一の頼りになる例だった。が、HIDのマニュアルと結構違うことを書いていて大混乱。

③.hファイルに、#import "HID_Utilities_External.h"を追加する。

これで準備OK。

④今回のゲームパッドはElecomのこれを使った。

⑤では実際のプログラムはこちら。.mと.hをまとめて一本に。

「HIDAppDelegate.txt」をダウンロード

キーの設定は以下のコードの繰り返し。

    //  X AXIS
    searchHIDInfo.device.vendorID = (uint32_t)vendorID;
    searchHIDInfo.device.productID = (uint32_t)productID;
    searchHIDInfo.device.locID = (uint32_t)locID;
    searchHIDInfo.device.usagePage = 0x01;
    searchHIDInfo.device.usage = 0x04;
    searchHIDInfo.element.usagePage = 0x01;
    searchHIDInfo.element.usage = 0x30;
    searchHIDInfo.element.cookie = 0x11;
   
    IOHIDDeviceRef outIOHIDDeviceRef = NULL;
IOHIDElementRef outIOHIDElementRef = NULL;
    HIDFindDeviceAndElement(&searchHIDInfo, &outIOHIDDeviceRef, &outIOHIDElementRef);
   
    // if the calibration parameters haven't been set yet…
    double_t granularity = IOHIDElement_GetCalibrationGranularity(outIOHIDElementRef);
    if (granularity < 0) {
        // … do it now
        HIDSetupElementCalibration(outIOHIDElementRef);
    }
   
    IOHIDValueRef tIOHIDValueRef;
    if (kIOReturnSuccess ==
        IOHIDDeviceGetValue(IOHIDElementGetDevice(outIOHIDElementRef), outIOHIDElementRef, &tIOHIDValueRef))
    {
        actionRecs[kActionXAxis].fValue = [self calibrateElementValue:tIOHIDValueRef];
        actionRecs[kActionXAxis].fOldValue = actionRecs[kActionXAxis].fValue;
    }
    actionRecs[kActionXAxis].fDeviceRef = outIOHIDDeviceRef;
    actionRecs[kActionXAxis].fElementRef = outIOHIDElementRef;

このデバイス固有のパラメータを変えたらエレコム以外にも使える。

あとコールバック関数だが、、、

static void Handle_InputValueCallback(void *inContext, IOReturn inResult, void *inSender, IOHIDValueRef inIOHIDValueRef) {
// call the class method
[(__bridge HIDAppDelegate *) inContext inputValueResult:inResult sender:inSender value:inIOHIDValueRef];
   
}

__bridgeというものを使わないとエラーに。それもよくわからんが、とりあえずつけると動く。

ビルドするとlongとuinit32_tの型が違うとかHID Utilities内でいっぱいwarning出るけど気にしないで(私は全部直したものを使ってますが)。

で動かすと、X, Y, 1,3,12ボタンを押すと、ログ画面に押された値がでる。

動いた!

もっとシューティングゲームみたいなタイミングが重要なものにはQueueを使えばいいが、

私のアプリには今回のコードで十分。

Queueを使うときも今回のプログラム+HID Config Saveのコピペで大丈夫と思う。

---

ということでこれだけのことをやるのに、仕事の合間にちょっとずつ進めて1カ月くらいかかっちゃった。初心者に優しくないなあ、、、ということで私と同じ初心者がちょっとでも早く動かせるように備忘録として公開しました。

---

関連リンク:

Mac OS X (Xcode, cocoa)でFTDIのICおよびD2XXを使う(備忘録というか、、、)

2013年9月18日 (水)

AKBじゃんけんは、パーを出し続けた松井珠理奈さんが優勝- FORTRANを思い出したり。

一回戦から決勝まで全てパーで勝ったって。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130918-OHT1T00131.htm

そりゃすごいな。

私がじゃんけんといって思い出すのは2つあって、まずは1つめ。

大学の一回生の計算機実習で、FORTRAN77を使ってプログラムを書いていた(今の人はもう使ってないのかな、、、)。

その教科書に書いてあったお話。

”じゃんけんのプログラムを書けというと、まずパー、チョキ、グーを乱数で決めて、それが人間の出した手とかちまけあいこの判定をして、、、

と書く人がいる。こんなことしなくても、どうせ1/3の確率なんだから勝ち、負け、あいこを1/3の確率でだせばいい。まじめにやるのも考えもの”

真面目に書こうとしていた私は衝撃を受けた。

あとDO文の話。http://d.hatena.ne.jp/kmori58/20051208/p3

ピリオドとカンマを間違えて、、、というもの。これは今では都市伝説に落ちちゃいましたが。

これの説明で DO 2 KA=IKUYO.MUSIHYA

(うろ覚え、、、どーにかいくよってん無視や、だったような)にも。

---

もうひとつは小学生の時。

全校でじゃんけん大会をしたのだが、まず2人で勝負し、負けた人は勝った人の後ろに肩を持って並ぶ。その2人ずつの列の先頭がじゃんけんして、、、を繰り返すとだんだん列が長くなっていく。それでなぜか私は勝ち続け、数百人の生徒が3つの列に分かれてさあ勝負!というところで時間切れ終了。あれ最後までやってたら、絶対全ての生徒が私にひれ伏したはず、、、

今日(9/18)のGoogleのトップページはフーコーの振り子のシミュレーション

最近、ツールバーばっかり使ってトップページ見ないので気付かなかった。

http://www.google.com/doodles/leon-foucaults-194th-birthday

今日はレオン・フーコー生誕194年で、地球の自転を証明したフーコーの振り子のシミュレーションをしてる。コリオリ力。

Google20130918

時間と緯度がスライダーで動かせる。

私がGeoGebra5でやったシミュレーションはこちら。

http://sci.tea-nifty.com/blog/2013/04/geogebra5beta-9.html

「クラインの壺」を読んだ。

「99%の誘拐」は面白かったけれど、使われているテクノロジーがびっくりするほど古くなってしまってそこがどうしても共感できない点でした。この「クラインの壺」は、、、これも1989年と昔の作品ですが、これは今でもここまでの技術は出来てない!そういう技術予測という意味でも面白い。

200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティシステム「クライン2」のテストに参加することになった。

一体どちらが現実でどちらが仮想なのか、というのはトータルリコールでもあったなあ(というかその原作の”追憶売ります”か?)。

今なら神経に直接接続する話になると思いますが、これはこれで面白い。

2013年9月17日 (火)

世界で最も小さい物質は、、、

さっきテレビでデニーズの新メニューの紹介をしていた。それで思い出した話。

Leon Ledermanたち3人にニュートリノの研究でノーベル物理学賞がおくられることになったとき、コメディアンのJay Lenoがその件に触れた時のコメント。

”昨日、3人の物理学者が世界で最も小さい物質を発見したことでノーベル賞をもらった。それはデニーズのステーキだとわかった。”

http://orlop.net/2013/06/21/in-quest-of-the-true-a-tom/

まあ、日本人の感覚ではデニーズのステーキも大きすぎなくらい大きいけど、、、

http://www.dennys.com/

Dennys

そのLedermanが goddamn particleと名付けようとしていろいろあってなぜかマスコミで神の粒子と言われてしまったヒッグスなどの特集が今週土日にNHKスペシャルでありますよ。

神の数式 第1回 この世は何からできているのか ~天才たちの100年の苦闘~

神の数式 第2回 宇宙はどこから来たのか ~最後の難問に挑む天才たち~

2週じゃなくて土日で二回ということに要注意。私は来週いないので録画して後で観ることにする。その次の週もいないが、、、幕張メッセでイベントあるので(後でちょっと詳しく書きます)

「最後の一球」を読んだ。

あー、御手洗さんと石岡さんが一緒に住んでいるシリーズ読むの無茶苦茶久しぶりだ。

やっぱりこういうのが読みたいというのはあるんですが、島田さんはもう書かないんだろうな、、、

悪徳金融業者のために自殺を図ったある青年の母親。しかし司法には彼らを有罪にすることはできない(裁判所の批判がいっぱい書いてあります、、、)。

しかし、ある奇跡のような方法で借金が消えてしまう。。。

ある天才打者と、彼をライバルと思いながらも二流で終わった投手の絆がその奇跡を起こしたのだった、、、

これはしみじみいいお話。ちょっとあるキングを思い出した。

銅のブレスレット/磁石のリストバンドは、もちろんリウマチ関節炎を防がないという研究結果が出てました。

こういう記事が出てました。まあ、そりゃそうだろうなという。

Copper bracelets and magnetic wrist straps fail to help rheumatoid arthritis, research says

二重盲検法"Randomised double-blind placebo-controlled crossover trial"で70人の患者(33-79才、52人が女性)で効果を調べた。

調べたものは、、、

a standard (1502 to 2365 gauss) magnetic wrist strap,

a demagnetised (<20 gauss) wrist strap,

an attenuated (250 to 350 gauss) magnetic wrist strap,

a copper bracelet

の4つで、、、有意差が得られなかったという話。でも業者は、”いや、肩こりには効くんです!”といいそう、、、、

こういうのはサイモン・シンの”代替医療のトリック”(Trick or Treatment)も参考になります。

・・・ってあれ?文庫版のタイトルは代替医療解剖なのか。↓

元文献はこちら。

"Copper Bracelets and Magnetic Wrist Straps for Rheumatoid Arthritis – Analgesic and Anti-Inflammatory Effects: A Randomised Double-Blind Placebo Controlled Crossover Trial "

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0071529

東大・阪大の偏差値が35、、、ってそれよりこどもってなんだ?

何言ってんだ(笑)。

https://twitter.com/bulge6721

”難関と言われた東大・阪大は、今や地に落ちました。現在の東大と阪大の偏差値は35です。優秀な受験生は日本一の大学である京大を目指すべきなのです”

Bulwri4cmaanltz

元リンクはこっち。

http://passnavi.evidus.com/search_univ/4343/difficulty.html

で、まあこのギャグは結構昔からあるとして、”こども”って何なんだ?アジアこどもも、、、

こども銀行みたいな、これ自体が虚構新聞みたいな話?と思ったら、、、

http://www.higashiosaka.ac.jp/faculty/childhood/guidance/

うわ、こども学部こども学科!アジアこども学科も!びっくりした。

いや、こどもは大事ですよ。

---

そういや東大を上回る大東大ってのもあったなあ、、、(本当は大東文化大学です)。

2013年9月16日 (月)

桂川の9/14~9/16の水位のテレメトリーデータをプロット。

台風18号で嵐山、渡月橋も大変なことになりましたが、国土交通省がさまざまな川の水位をさまざまな場所でモニターしていて、例えば京都はこちらにデータがある。

http://www.river.go.jp/nrpc0303gDisp.do?wtAreaCode=6105&itemKindCode=901&timeAxis=60

3日前からデータある。で桂川のデータを桂で見た時のデータがこちら。

Photo

9/16の昼前に思いっきり氾濫危険状態になってる(いや、氾濫したのか)のがよくわかる。

直近は10分単位でデータ見られるので、こういうのを見て避難の参考にするのがいいでしょう。絶対値よりも水位が増える速度が重要。

しかしこういう関数形は簡単なモデルで計算できそうな気がする。誰かやってないのかな、、、

Intelが低消費電力プロセッサをアピールするのに赤ワインで発電してるが、、、ワイングラスがどうみてもゆうたろうのやつ。

Wine-powered microprocessor fermenting in Intel labsを見てると、E-inkのディスプレイを使ったPCがワインで発電して動かせたという話。

Img_0572_500

しかしこのワイングラス、、、どうみてもゆうたろうのブランデーグラスにしか見えない、、、

054a2193s

--

でも別アングルだとそうでもないか、、、

Intelwineexperimentidfcoperzine540x

http://www.theinquirer.net/inquirer/news/2294476/intel-turns-wine-into-electricity-to-power-mobile-devices

どっちにしても小学生の理科実験みたい。

Skylon、、、完成していたの!? (次世代スペースシャトル)

まずはこの写真を見よう。

Psc0913_sk_094

これが次世代スペースシャトル、スカイロンだ。サンダーバード2号をさらに先進的にしたようなデザイン、曲がったエンジンで最初は空気を取り入れて自分で滑空し、高度があがればマッハ5でロケットに切り替える。すでに完成、、、、ってだまされた!

これNick KaloterakisさんのCGじゃないか!

The Next Space Shuttle: Hybrid Engines Make Runway-To-Orbit Missions A Reality

でもデザインがかっこいいことにはかわりない。

台風18号で、嵐山、渡月橋が大変なことに、、、

完全に道まであふれだしてるじゃないか、、、(上の2枚の写真)。

ライブカメラはストップしてるし、、、http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/live/live/index.html

で下の写真は亀岡駅。駅が冠水してる、、、これじゃ復旧にどれだけかかることやら、、、

18

NHKのヘリからの映像

183

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130916/k10014568794000.html

旅館にも浸水して、泊まっていた人たちはボートで避難したって。

---

鴨川と桂川の合流地点。もうプールみたいになってる。

182

この羽束師付近は私の散歩コースで、普段は水なんかほとんどない川なんですが、、、

大きな地図で見る

Ugly Animal Presavation Society(醜い動物保存協会)のマスコットに選出されたのは、、、Blobfish!

Forget pandas – ugly animals should be protected tooという記事でUgly Animal Preservation Societyのことをしった。

で、最も醜い動物を投票で選んだ結果、、、

http://uglyanimalsoc.com/vote/

blobfishが選ばれたということでした。なんちゅうインパクトのある顔だ。

Blobfishpiccaters771402167197211

Google Nexus 7の新CM ダンス篇(Dance with students)公開。先生役は淵上 泰史さんだそうですよ。生徒は菊地麻衣ちゃんや悠樹くんたち。先輩の女性教師は永池南津子さん、曲は緑川徹さん

いやー、ほんとに小学校の先生は大変だと思うんですよ。ダンス必須になったってそんな簡単に教えられるもんでもないし、、、と思ったらNexus7でダンスの教え方を調べるCMが。

メトロノームでリズム取ったり、スタンドミラー5枚買ったり、ほんと大変。でも最後は、、、というこのシリーズいつもほのぼのしてていいなあ。

先生役は淵上 泰史さんだそうです。

http://apache2001.co.jp/info/information/archive

が、宣材写真はイメージが違ってワイルド。竹野内豊さんみたいな。ってR100にもでてるのか。

http://apache2001.co.jp/artist/fuchikami_yasushi/index.html

というかBOSSのCMでいちばん若い人役か!

---

そして教えてもらっている髪を編んでる女の子は、

http://hia2.horipro.co.jp/whats/

菊地麻衣ちゃん。

男の子は

http://www.gurre-kids.com/news/2013/09/cfgoogle_nexus_7_dance_with_students.html

悠樹くん。

先輩役の女性、いまだに情報ないですね。気になる。。。

---

2014/1/17

やっと情報出てきました。先輩先生は、、、http://www.ak-hb.jp/nagaikenatsuko.html

永池南津子さん。

そして曲は、緑川徹さん。

http://kyokutan.jp/music-33911.html

---

以前の:

GoogleのNexus7で赤ちゃん誕生を待っている父娘のCMは、バカボンのハジメちゃんが生まれる場面を思い出した。- 娘役は福田美姫ちゃんだそうです。

Google Nexus7の新CM、CAT編はほのぼのしてていいな。 -CM曲は澤田かおりさんのオリジナル

2013年9月15日 (日)

切られても勝手に自己修復する高分子が! - ってその文献探してたら武田邦彦氏の専門ってこれ?

スパッと二つに切った棒をくっつけたら常温で綺麗に治るという面白いもの。

First reported self-healing polymer that spontaneously and independently repairs itself

これが元の論文。

"Catalyst-free room-temperature self-healing elastomers based on aromatic disulfide metathesis "

http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2013/mh/c3mh00061c#!divAbstract

自己修復高分子は前からあるが、常温で、ってのがポイントなのかな。

で文献探していたら、、、↓の著者、あの武田邦彦氏か!これが専門なのかな。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kobunshi1952/53/9/53_9_735/_pdf

---

まあそれはそれとして、、、しかしGIZMODOの記事はターミネータ高分子になってる。

http://gizmodo.com/scientists-made-a-terminator-polymer-that-can-heal-it-1314189102

液体金属ってことでしょうが、どっちかというとドラゴンボールのナメック星人、、、って思ったけどあれは生えてくるのか。

じゃあ、原作のデビルマンで手をくっつけておいたらなおった、というのに近いか、、、(ってどんどん古く)。

tutu annaのCMに出てるのは小島藤子さん。

チュチュアンナって大阪、阿倍野の会社なのか!一気に親近感が、、、

http://www.tutuanna.co.jp/news/press/20130902

で最近やりだした、壁に貼ってある下着類を選ぶというCM(身支度篇)に出ているのは小島藤子さん。http://ameblo.jp/kojimafujiko/entry-11612272896.html?frm_src=thumb_module

アウディのA3スポーツバックのCMソングはダフトパンクの”仕事は終わらない”(Harder, Better, Faster, Stronger)

Daft Punkは前にAuのCMにOne more timeが使われて話題になりましたが、今度は同じDiscoveryに収録のHarder,Better, Faster, Stronger。邦題は「仕事は終わらない」(歌詞の中身から取ったもの)。

これもかっこいいな。オリジナルのMVも松本零士さんのキャラクター。

---

でこのAudi A3 Sportbackの売りは車内WiFiスポット。

http://japanese.engadget.com/2013/09/08/audi-connect-wifi/

って、こういうの必要かどうか微妙ですが、、、

「人造人間 キカイダー The Novel」(松岡圭祐)を読んだ。

キカイダー、子供のころ大好きで、ジローの影響でギター始めたり、全曲集のCD買ったりした。今でもジローの登場曲は私のレパートリーの宴会ネタ。

GoogleがMini Moogのdoodle出した時も真っ先にギルの笛の音を弾いたし、、、

GoogleのトップページがMini moogに!とすれば弾くのはもうこれしかないだろう(プロフェッサーギルの笛の音)

で、そのキカイダーが2014年映画化!そして”万能鑑定士Qの事件簿”でおなじみの松岡さんがノベライズということで読んでみた。

これ、かなり面白かったよ。原作を設定変えながらもちゃんと要所要所で重要なシーンを再現してる。現実にあるお店とかばんばん出てきてリアリティをだしてるし。なんたって一章のタイトルが”微分方程式”だし。

であの赤と青と透明なカラーリングもちゃんと理由づけしてる。人間らしさは2体の頭脳が絶えず意見を食い違わせて葛藤していることで起きるという、、、

B0087512_2127562

口癖の”機械的にいこうか”がかっこいい。

アンドロイドマン視点の章が特にいい。仮想生命体だからこそ死を人間よりも恐れるという。ちょっと浦沢さんのPLUTOや、ガイバー(特に技術者が全滅させられるシーン)みたいなとこも。

ハカイダーもビジンダーも登場。続編が明らかにできそうな構成。映画は、、、このまま映画化できればいいが、どうなんでしょ。

追記:映画観てきました。面白かった!↓を参照。

映画「キカイダーReboot」を公開初日に観てきた。かなり面白かった!高橋メアリージュンさんかっこいい。

2013年9月14日 (土)

イプシロン打ち上げ成功している間に、LADEE打ち上げ時にとんでもないものも一緒に打ち上がっていた。

イプシロンが打ち上げ成功したということでよかったですね。

でちょっと前にこういう話を書いた。

日本のイプシロンは人工知能を使い、一方アメリカのミノタウロスVはミサイル(ICBM)の転用という、、、、(月探査機LADEE打ち上げ)

そのLADEE打ち上げ時に、とんでもないものが。

Crispy frog photo-bombs LADEE moon launch

Dn241941_1200

カエル!なんでこんなところに!


巨大な電磁石をトラックと船で運ぶとは、、、さすがにアメリカ(ミューオン g-2) でマグネティックモーメントというビールができた。

ニューヨークのブルックヘブン国立研究所から、シカゴのフェルミラボまでトラックと船で運ぶという。。。

http://muon-g-2.fnal.gov/bigmove/

20130729towardswislonhall

20130720injolietlocksv2

で本当はこっちが本題。到着を記念してビールができた。

http://www.symmetrymagazine.org/article/september-2013/magnetic-moment

こういうのいいな。これもアメリカらしい。

しかしこれよりもテレビで見た家を丸ごとトレーラーで運ぶのがいまだに忘れららない。。。

そういや、私が昔住んでた二条駅付近ですが、木造時代の二条駅も移動したなあ。。。

 

歯車を使ってジャンプする昆虫の動画が!

すごい昆虫の記事が出てました。Insect leg cogs a first in animal kingdom

解説動画がこちら。

この虫か。ウンカ?

Issus_coleoptratus_1

Scienceに載ったんですね。”Interacting Gears Synchronize Propulsive Leg Movements in a Jumping Insect”

http://www.sciencemag.org/content/341/6151/1254

思った以上に歯車。

Gear_2

なぜか車輪の再発明、という言葉を思い出した。人間が作るより前に歯車が自然にあったとか。

ファインマン物理学(The Feynman Lectures on Physics)がオンラインで読める(HTML5版)-力学に続いて量子力学も!

カリフォルニア工科大学(Caltech)がweb版を公開してる!

http://feynmanlectures.caltech.edu/

まずはI巻、力学から。

LaTeXで書かれた式はMathJaxで、絵はScalable Vector Graphic(SVG)で。

Internet Explorerは8より古いのはサポートしないとのこと。

私が学生時代は、ランダウを読む派、ファインマンを読む派に分かれてたような気が。ランダウは最初っから難しいが、ファインマンは一度別の本で勉強してから読むと、すごく深いことを言っていたのがわかる。

---

11/25追記 III巻、量子力学も追加されました!!!

ついでに、、、Numerical Recepiesもオンラインで古いヴァージョンは読めますよ。

http://www.nr.com/oldverswitcher.html

2013年9月13日 (金)

今、山下智久くんの”原始的じゃナイト~アナログラブ~”をMusic Stationで聴いた。いつもいつも山下君の曲はおっさんホイホイ。

久保田利伸さん作で、めっちゃいいです。アルバム ”A NUDE”収録。

いつもいつも山下君の曲は30~40代のおっさんにピンポイントでずどんとくるいい曲だらけ。むかーし、こういう曲ずっと聴いてたなあ、、、という感じで。

2013年イグノーベル賞も日本の2グループが受賞! 各賞をざっと解説してみる。

ライブ中継は残念ながら観られなかったが、さっき帰ってきて受賞者を知りました。

受賞者一覧はこちら。http://www.improbable.com/ig/winners/#ig2013

ちょっと訳してみよう(でも心理学賞と同様に、私もホロ酔いで帰ってきたので面白くないのは御愛嬌、、、)

---

・医薬賞

 日本人のグループ(帝京大)が受賞!

 心臓移植されたマウスがオペラを聴くことの効果についての研究による。

 椿姫、モーツアルト、そしてエンヤなどをマウスに聴かせたときの効果を調べたもの。

受賞論文"Auditory stimulation of opera music induced prolongation of murine cardiac allograft survival and maintained generation of regulatory CD4+CD25+ cells"はこちら。

http://www.cardiothoracicsurgery.org/content/pdf/1749-8090-7-26.pdf

・心理学賞

 酔っぱらっていると思っている人もまた自分を魅力的だと思っていることの確認(なんじゃそりゃ)。アブストラクト読むと、酔ったら明るくなって社交的になってるので、俺おもしれーとか思いこんでる人が多いってことか、、、身につまされるかも。。。

受賞論文はこちら。

"Beauty is in the eye of the beer holder': people who think they are drunk also think they are attractive."

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23560668

・生物/天文学共同受賞

 糞虫が天の川を見て自分の巣に帰れるという発見(これほんとか!?)

受賞論文"Dung Beetles Use the Milky Way for Orientation"

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982212015072

・安全工学賞

 ハイジャック犯を飛行機の外にびょーんと吹っ飛ばすシステムの開発(コントか!)

http://www.google.com/patents/US3811643 特許はこれでござるよ。

・物理学賞

 

 池の表面を走れる人々がいるという発見について、、、、ただし、月面では(なんじゃそりゃ)

”Humans Running in Place on Water at Simulated Reduced Gravity”

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0037300

・化学賞

 これも日本のグループが受賞!そもそもNatureにBrief Communicationで載ってる論文なのか!

 玉ねぎでなんで涙がでるのか、その酵素を突き止めた。ハウス食品など含むグループ。

http://www.nature.com/nature/journal/v419/n6908/abs/419685a.html

・考古学賞

 死んだトガリネズミを煮沸して、噛まないで飲み込み、で排泄したら骨がどう溶けるかを見た(なんじゃこれ)

"Human Digestive Effects on a Micromammalian Skeleton "

・平和賞

 ベラルーシの首相が、公衆で拍手をすることを非合法とし、そして警察が片腕の男を逮捕したことに対し。。。

・確率賞

 長くねていればいるほど牛は、速くに立ち上がり、一方立ち上がった牛はいつねるかわからないということの発見(なんじゃこりゃ)

"Are cows more likely to lie down the longer they stand?"

http://journals.cambridge.org/action/displayFulltext?type=1&fid=7927437&jid=ABS&volumeId=1&issueId=01&aid=7927436

・公衆衛生賞

シャムにおけるペニスの切断の感染症予防について、、、ただしそれがアヒルに食べられている場合を除く、、、http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0002961083904208

アブストラクトみたら、、、理由は怒った奥さんが切断したって。無茶苦茶だ。

「最後のディナー」を読んだ。

島田さんの短編集。石岡さんメインで、でも御手洗さんも電話だけで事件を解決してしまいます。

「里美上京」は龍臥亭事件の犬坊里美が横浜の女子大に転入するお話。事件は全く起きませんが、あの「異邦の騎士」で通ったところを再度石岡さんが通り、、、など感慨深い。でも「犬坊里美の冒険」を先に読んでたので、ちょっと前の話って感じに。

「大根奇聞」はうって変わって歴史上の出来事を現代の御手洗さんが解決するお話。これはしみじみいいなあ。

そしてようやく事件が起きる「最後のディナー」。英語の苦手な石岡さんが(そこまで嫌がらなくてもいいのに)泣きながら英語学校に通う。どう考えても英語を学ぶとは思えない孤独な老人、大田原と知り合いになるが、彼はイブの夜、晩餐会を開いたあと殺されてしまう。

大田原が「神を見た!」と叫んだのはなぜか?なぜ英語を学んでいたのか?を御手洗さんが電話だけで解決。これもいろいろと考えさせられるものでした。

たった今、イグノーベル賞2013授賞式のライブ放送やってるよ。(2013/9/13 7:45時点)

Livestreamで放映中、、、だがもう会社に行かないと。

http://new.livestream.com/accounts/2829914/events/2343172

ということで受賞者の詳細は帰ってから。

---

20:00 帰ってきました。で解説はこちら。

2013年イグノーベル賞も日本の2グループが受賞! 各賞をざっと解説してみる。

2013年9月12日 (木)

マクドナルドでシェアポテト、シェアナゲットが発売。CMに出てる子役の女の子かわいらしいですね。

マクドナルドで、明日(9/13)から超でかいサイズのシェアポテト、シェアナゲットが発売になるそうです。

http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/share/index.html

サイズは、、、ポテトは書いてないなあ、、、前のメガポテトがLサイズ2個分なんで同じくらいかな?ナゲットは15個入りらしい。

日本のSサイズは74g、Mサイズは135g、Lサイズが171gだそうですが。

アメリカのサイズは大きいのかな?と思ったが、実はそうでもない。

http://www.mcdonalds.com/us/en/food/product_nutrition.snackssides.120.Small-French-Fries.html

Lサイズで154gだって。そういやそんなに多くなかったなあ。飲み物はでかかったが。

---

CMも始まってます(サッカーの応援をしている”ひとつの応援団篇”)が、「これ、どうぞ」という子役の女の子がかわいらしいですね。

cmgirlsによると、、、

http://www.cmgirls.com/mcdonalds-share-248

子役の子は、飯島緋梨(いいじまあかり)ちゃん、お母さんは鈴木咲子さんだそうです。

NATOが自爆テロを防ぐための非殺傷の電磁パルス砲?を開発中だって。

POPSCIより。NATO Tests Electromagnetic Beam To Stop Suicide Bombers

自爆テロで向かってくることを想定した車やジェットスキー、ラジコンヘリを止めている。

強力な電磁波を出して、制御系に干渉してエンジンを止めるというものだそう。

EMPですな。

詳細はもちろん秘密ですが、私が思い出したのがこの前見た映画”パシフィックリム”。

怪獣が同様にEMPを出して味方のロボットが動かなかったとき、主人公のロボットは”アナログ”だから動いたという、、、何ですかアナログとは。

でもこれを見たテロリストが昔の電子系統のない車で突っ込んできたり、歩いて突っ込んできたりするんだろう、、、いたちごっこ。

*最初見た時はフレイ効果とか怪しい話かと思ったが違いました。

摂津の新幹線公園に行ってきた。

大阪モノレールの摂津駅から歩いてぶらぶらと。

Imgp0881

初代新幹線0系。

Imgp0882

EF15型電気機関車。

Imgp0886

しばらくなごんだ後は、その近くの検査車両所でもう少し新しい新幹線を見た。

Imgp0891

あれ?柔軟剤入り洗剤のボールドCMの山田さん、いつの間にかミランダ・カーになってる!→オーランド・ブルームと離婚って。。。

いまCMぼーっと見ててびっくりした。P&Gのボールドhttp://myrepi.com/bold/のCMに出てる

山田キャメロンさん、いつの間にかミランダ・カーに入れ替わっている!というか、すでに、初代、二代目があったって!http://matome.naver.jp/odai/2135445721974950601

ミランダカーは三代目。知らなかった。でもミランダ、かわいらしいですな。30才でオーランドブルームの嫁ですが、とてもそうは見えない。

---

と思ったら離婚、、、

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/mdpr-20131025-1292189/1.htm

2013年9月11日 (水)

アップルのリンゴマークを関数で描く話(iPhone 5S/5C発売で思い出した)。

今朝はiPhoneの話題一色。私もこの業界にいるのでいろいろ言いたいこともあるがそれは置いておいて、、、

Wolfram Blogにアップルロゴを描く話が書かれていたを思い出した。

これ。

Even More Formulas… for Everything—From Filled Algebraic Curves to the Twitter Bird, the American Flag, Chocolate Easter Bunnies, and the Superman Solid

August 15, 2013 —  Michael Trott, Chief Scientist

の中のこれ。

Curves3inout54

こんな関数。Scratchで描こうと思ったが、ちょっとScratchには荷が重すぎか、、、

Curves3inout53_2

前にも書いたけど、こういうのはフォンノイマン(フェルミが引用)の考えとは相いれないなあ、、、

本当のところはパラメータいくつで象の絵が描ける? -フォンノイマンとWolframAlpha

自分がいつも聞いている自分の声と、録音して聞いた自分の声が全然違うことを説明するわかりやすい動画が出てました。

いつも自分の声を録音なりして聞くと、思っているよりずっと高い声で何か威厳がなくてがっかりする。自分でしゃべっているのを自分で聞くと落ち着いてる感じなのに、、、

というのは私だけでなくて一般的に録音したほうが声が高いという動画。

Why Does Your Voice Sound Different When It's Recorded?

あー、だからスピーチとか、もちろん歌とかは練習は録音して確認すべきということか。

2013年9月10日 (火)

ヨットのアメリカスカップに使われているテクノロジー

あんまりなじみがないんですが、America's cupってアメリカでは人気あるんですよね。今サンフランシスコで決勝やっているとか。

でこんな記事が。The Crazy Tech Behind The 2013 America's Cup (8 awesome facts about the world's fastest sailing yachts)

中身見てみよう。というか最初の写真から

Gmr_ac34augd8_5881

私が想像しているヨットとだいぶ違う形をしてるんですが、、、今回からAC72(72.2フィート)双胴船(カタマラン)という規格が統一規格になったらしいです。11人乗り。全然知らなかった、、、

で、アメリカンフットボールみたいなすごい防御スーツを着る必要がある。

43ノットというとんでもない速度(時速80km近く!無茶苦茶だ!)で動く。

帆、というかもはや翼ですな。実際ボーイング747と同じサイズ。

Gg13sfomar04419

そして水中翼船のように浮く!

Gg13sfojuly06098

てことで曲がるのがとんでもなく大変。

今年のハイライト映像があった。

これ確かに面白いわ。ヤンマーがスポンサーになったというニュースもありましたね。

http://www.yanmar.co.jp/news/2013/0214.html

しりとりは「ん」がついても、”まだだ、まだ終わらんよ” - Google翻訳がズールー語に対応!

さっきテレビ見てたら南アフリカの富豪の特集していた。で、名前にN+子音から始まる人が出てきたのだが、そういえば私が大学生のころ、英語の授業でアフリカの話題になった時の登場人物の名前がNgokで、衝撃を受けたことを思い出した。

”ん”で始まる名前って、、、と思ったがアフリカ系では結構多いそう。

http://www.behindthename.com/glossary/view/african_names

でもNから始まって子音が来る名前が結構ある。

*ベトナムの有名なレストランもNGOC SUONGってあるが、これは多分N読まない。ゴックスーン。http://ngocsuong.com.vn/vietnamese/index.html

また地名で、”ンジャメナ”てのがあって、チャドの首都でこれもよくしりとりにつかわれる。

が、Wikipediaでもアフリカでは”ん”から始まるのは珍しくないとコメントあり。

アフリカ、恐るべし。そもそも

元気です = Ngiyaphila

  • ありがとう = Ngiyabonga
  • だそうだ。

    Google翻訳がアフリカのローカル語に対応したということでこれからしりとりもかわっていくのではないか。

    http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2013/Gpre201398.html

    あと、、、エムボマってサッカー選手いたじゃないですか。

    あれって本当はMbomaでンボマっぽく発音するらしいです。

    巨大な昆虫型の乗り物(Mantis)の動画見た。

    この前の日曜日の”がっちりマンデー”で虫ビジネスの特集を見たけど↓

    今日のがっちりマンデー!!「大注目!虫ビジネス 昆虫が世界を変える?」を見てました。

    まあその1つと言えなくもない、人が乗れる6足歩行マシン マンティスの動画が出てました。

    Ride This: An SUV-Size Insectoid Robot

    Mantis3640x426

    http://www.mantisrobot.com/ (Mantis - Hexapod Walking Machine)

    日本のアニメでこういうの出てきそう。

    操縦はAのタッチパネルで。危なくなったら緊急ボタンを押すと。。。

    Untitled1_42

    2013年9月 9日 (月)

    クレ5-56と551(の蓬莱)をいつも間違えるが、その語源は?ココイチとココスは?

    ドアの金具が微妙に調子悪くなったので、KURE 5-56をシュッとひと吹きしたら直った。

    で、すぐクレ551と言って笑われる。実際はもちろん5-56。語源は、、、

    http://www.kure.com/history/index.html

    "5-56を開発したCRC社の創立時の所在地にちなんだものなのです。この住所の数字が1-16だったことから、最初の製品を1-16と名付けました。以下、2番目は2-26、3番目を3-36、そして、5番目に誕生したので5-56となったわけです。 "

    ということ。でよく間違う(私だけ?)”551の蓬莱”は、

    http://www.551horai.co.jp/question/yokuaruquestion.html#14

    ”551ってどういう意味?            一刻も早く意味が知りたい〜!という方の為に「551の意味」だけお答えしますと、早い話が・・・「551(ここがいちばん)」という語呂合わせからきているものです。これは「うちが一番なんや!」と言い切っているのではなく、味もサービスも全ての面で「ここが一番を目指して行こう!」という当社の目標をあらわしたものなのです。”

    ということ。あれ?ココイチと同じじゃないのと思った方。

    http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/09/post_2301.html

    その通り。

    ”創業当時、各地のカレー店を食べ歩いた創業者が「うちのカレーが一番おいしい」と確信し、関西弁風に「カレーならここが一番や!!」ということで『カレーハウスCoCo壱番屋』となりました。 ”

    ココイチは、昭和53年、551の蓬莱は(蓬莱は3種類あるのだ。株式会社蓬莱(551蓬莱 - ごーごーいちほうらい)、株式会社蓬莱本館、株式会社蓬莱別館)昭和39年オープンってことで蓬莱の方が先。

    あれ?じゃあCoco'sは?

    http://www.cocosbakery.com/

    これは”ここ”がどうこうは関係なく、もともとアメリカにCoco'sがあって持ってきた。

    --

    しかし蓬莱が三種類あるのと、王将が二種類(王将と大阪王将)と、ヒロタも二種類(もう今は1種類?)など、関西系の企業はどうしてこうも分裂するのか。

    バターココナツとココナツサブレ、サクマドロップスとサクマ式ドロップスとかも紛らわしいが、、、

    NTTドコモが携帯電話の情報を使った人口統計のデータを開示するって。

    昨日、NHKスペシャル「震災ビッグデータ2 復興の壁 未来への鍵」を見てました。が、その中で携帯電話の記録から人口を割り出す話が出てました。

    で、NTTドコモが、まさしく

    モバイル空間統計の実用化および携帯電話ネットワークの運用データ利用について

    というプレスリリースをしてる。

    ”「モバイル空間統計」は、携帯電話サービスをお客様に提供する過程で必要となる運用データの一部(携帯電話の位置データおよびお客様の年齢、性別、住所)に非識別化処理、集計処理、秘匿処理をドコモ内部で実行し作成する、お客様のプライバシー保護に配慮した統計情報です。場所や時間による人口の変動を推計することができます。”

    ということで、こういう情報が使われてたんだろうが、、、プライバシーのことはいろいろ書かれてますが、本当に大丈夫なのかどうかは不安、、、

    Img_01

    湊川神社でお参り→その後兵庫大仏へ。

    ここへ来るのは初めて。

    Imgp0555

    Imgp0556

    お祭りの前日で神輿が出てました。

    Imgp0560

    水戸光圀さんの像が。

    Imgp0563

    Imgp0562

    そして(決して近くはない)兵庫大仏へ。

    Imgp0568

    ここは無料でいつでもお参りできる。商売っ気がなさすぎる、、、

    Imgp0570

    2013年9月 8日 (日)

    NHKスペシャル「震災ビッグデータ2 復興の壁 未来への鍵」を見てました。

    第一回目を見てなかなか面白かったので↓

    NHKスペシャル "いのちの記録"を未来へ~震災ビッグデータ~ をさっきから見てました。

    第二回目も見た。

    http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0908/index.html

    以下メモ。ナビゲータは伊東敏恵さん。

    (注)

    第三回はこちら。

    NHKスペシャル 震災ビッグデータfile3 "首都パニック"を回避せよ を観てました。

    ----

    東日本大震災発生前の、携帯電話の位置情報をもとに日本地図にプロットしてみる。3/11のあと、人々は動き始める。避難する人や支援に向かう人の様子がよくわかる。そして現在も、戻る人、向かう人の様子が記録されている(いつものように、無作為に抽出したものです、と但し書きが)。こういうデータやツイッター情報をビッグデータとして解析したのが第一回。

    そして全国75万社の企業情報が新たにビッグデータに追加された。171件が震災の後、倒産した。その影響は続き、その後2年半で1336件にのぼる。一体何が復興を阻んでいるのか?

    場面は東京港区。まず全体像を知る上の基礎情報として、被災地の人口の推移をゼンリンで調査。被災地では住民票を移さないまま、住所を変えている人が多い。自治体では実際の人数を把握できてない。携帯電話の位置情報データを使って分析する。夜に動きが止まる点を住んでいるとして解析してみた。宮城県名取市では、県のデータに比べ時系列ではっきり動くことが見える。宮城県南三陸町では25%減ってるかも。岩手県釜石市は増えているかも。居住者の推移がわかってきた。宮城県の震災復興政策課の千葉課長がこのデータを見て、行政に生かせるのではないか、目標設定に使えるのではとコメント。

    石巻市では居住者の変化がほとんどない。水産業の街、石巻では国からの補助を受けて急ピッチで工場の復旧がすすんでいる。しかし経営者には不安も生じている。

    ある企業では売り上げが震災前の1/5にとどまっている。何が復興を妨げてるのか?

    帝国データバンクから提供された企業情報をもとに調べた。企業の所在地を日本地図に赤い点でプロットし、それを取引がるところを線で結んだネットワークを図示した。2万社で22万本の取引が震災前にあったものが、2万1840本のネットワークが失われていた。首都圏や関西の取引も失われている。

    震災前より売り上げを増やした企業・減らした企業をさらに調べる。http://www.yamatoku-h.com/

    山徳平塚水産では取引先8社のうち、4社が売り上げを減らしていた。また魚の卸会社が107社のうち7割が売り上げを落としていた。互いに依存する関係で、互いに利益を減らしている。

    ここで専門家2人登場。ビックデータを使った政策を考える東大の坂田一郎教授。もうひとりは関教授。

    そして阿部ディレクターが説明する。企業の取引先のそのまた取引先の、、、とネットワークが形成されるが、それを図示して解析する。これが企業にとってどういう意味を持つか?

    直接の1次取引先、その先の2次取引先を調べると、2次取引先と間接的に繋がっていることがわかる。これが調べられれば企業業績の回復も考えられる。

    石巻市970社の取引ネットワークを調べると、震災後、過去最高の売り上げをあげた企業が!白謙かまぼこ店!工場も店舗も被災したが、1カ月後に再開、取引先を一つもなくさなかった。2次取引まで広げると5000件以上になった。首都圏も含め。http://www.shiraken.co.jp/shop/corp/default.aspx

    コネクターハブという役割を果たしていた。全国のネットワークと地元のネットワークを結ぶ大事な存在。解析により、どの企業がコネクターハブなのかがわかってきた。

    白謙以外にも4つあった。その一つはまだ売り上げは回復してないが、たらこの湊水産がそう。40人くらいの規模だが、インターネット販売で取引のネットワークを広げるきっかけに。

    「愛情たらこ」など高級志向の客をつかんだ。通販会社と結ばれたことで、そこからひろがり、9000社以上のコネクターハブになった。作っても作ってもなくなるくらいには業績が回復。

    地元の企業もコネクターハブとつながることで業績があがる。例えば包装のサンパック。

    湊水産の高級品の箱を作って、業績が回復してきた。

    今回、コネクターハブであることが初めて分かった湊水産に、解析の結果を見てもらった。認識したことがなかったと。結構役割を果たしているんじゃないかと。

    コネクターハブは他の被災地にも存在する。これをどう活用していくか?

    岩手県宮古市の共和水産。40人程度の従業員で、生協を通じて商品を卸していた。4900社の震災前の取引を維持している。http://www.kyowa-suisan.co.jp/

    宮古市の役所がこれをサポートしようとしている。共和水産の鈴木さんは同業者と共同で新商品を開発しようとしている。漁火と名付けた。これを共和水産のネットワークで販売した結果

    共和水産のネットワークが6700まで増えている。さらに他の3社のネットワークも利用することでより多くのネットワークを作ろうとしている。

    ”振り屋”さんという役割を果たす人を見つけるのがビッグデータ。

    水産だけで100社以上のコネクターハブが見つかっている。例えば気仙沼のコネクターハブは東京と結びついている。大船渡は北の方と結びついている。

    どうすれば、コネクターハブになれるのか?行政が果たす役割が大きい。企業同士を繋ぎ合せたり。

    福島はさらに復興は難しい。ツイッターで何がつぶやかれていたのかみた。

    震災ということばは減ってきているが、原発ということばはいまだに高い。人々の心の変化を見ようとしている。

    福島県庁と東北大学の言語解析チームがツイッターを分析。桃をサンプルに調べた。福島の桃に関するつぶやきは29万件。時系列で並べると、出荷時期にはつぶやきが急増。

    ”息子に食べさせなくてよかった。”とかネガティブな意見を人力で!解析。否定的なつぶやきを詳細に見た。

    除染や調査をちゃんとしていると発信しているが、この夏も否定的なつぶやきが1万件以上。これがどうやってひろがっているのか分析した。

    リツイートを詳細に解析した結果、否定的/肯定的なつぶやきを発信するグループのなかで影響力が強い人をオピニオンリーダとして調べた。

    肯定的な意見は、複数のオピニオンリーダが、否定的なのは1人が何度もつぶやいているということが分かってきた。

    否定的なグループの解析を分析すると、あるオピニオンリーダーが突然肯定的なグループに近づいていた。国や県のデータを頻繁に発信しているオピニオンリーダが、今年、桃農園に行き、桃を食べたというつぶやきをした。

    北條農園で、そのオピニオンリーダが訪れた時に対応した女性が、除染をしたとか検査内奥をツイッターでつぶやいていた。訪れた人に検査結果を見せており、こういう正直な対応が好感をもたれた。今は震災前の9割まで売り上げが回復している。

    日本のイプシロンは人工知能を使い、一方アメリカのミノタウロスVはミサイル(ICBM)の転用という、、、、(月探査機LADEE打ち上げ)

    イプシロンが発射延期してる間にLADEE(Lunar Atmosphere and Dust Environment Explorer)が打ち上げられたというニュースが。

    http://www.theguardian.com/science/2013/sep/07/nasa-launches-ladee-moon-spacecraft-virginia

    で打ち上げに使われたのがミノタウロス5ロケット。

    http://www.orbital.com/NewsInfo/Publications/Minotaur_V_fact.pdf

    だが、これはICBM LGM-118 Peacekeeperの転用だって。日本とはだいぶ考え方が違うなあ。

    Minotaur5

    LADEEの測定設備の説明はこちら。
    http://www.nasa.gov/mission_pages/ladee/science/index.html

    紫外線・可視光の分光装置(UVS)と、質量分析器(NMS)と、ちりを分析する装置(LDEX)、で地球とレーザ通信するデモ用のLLCDが乗ってる。

    Ladeeinstrumentlocations

    Googleの自動運転カーのレーザレーダで象さんが捉えられた!

    Googleの自動運転カーについては前に書きましたが、

    Googleの自動運転カーのテクノロジー。

    屋根にLidar(ライダー、日本ではレーザーレーダと言った方がおなじみ)がくるくる回っている。http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2402516,00.asp

    VelodyneのLidar.  http://velodynelidar.com/lidar/lidar.aspx

    340499velodynelidarmodule

    それでなんと象を拾ったって。

    http://www.buzzfeed.com/charliewarzel/what-an-elephant-looks-like-to-googles-self-driving-car

    Btu8cm3cuaaw3nj

    象だ!


    おめでとう東京!ということでScratch(プログラム言語)でオリンピックのシンボル(五輪)を描いてみる。

    東京が2020年のオリンピック・パラリンピック開催地に選ばれたということでその記念。

    これ↓猫が5つの輪っかを順々に描いていって最後に、東京の文字が現れる。

    http://scratch.mit.edu/projects/12235505/

    Scratcholympic

    一応、単なる輪っか5つじゃなくて、重なっている部分を切っている。これがめっちゃめんどくさかった。

    今日のがっちりマンデー!!「大注目!虫ビジネス 昆虫が世界を変える?」を見てました。

    大分の日本文理大学、航空宇宙工学科の小幡章教授(71)からスタート。

    http://www.nbu.ac.jp/fac_sub/teacher/aerospace/p_obata.php

    トンボを使った研究をしている。それは、ゆっくり空を飛べるというのがスゴイところ。飛行機の羽の形状ならスピードが必要。

    羽が4枚あって、表面がギザギザしているのがポイント。水流を使った模擬実験で、うわ、カルマン渦がたくさんできるのが見えてた。

    Micro_wind_turbine02_ja

    http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pages/031653.html

    それで、、、トンボロボットを作った。風車も作って、わずかな風でも回るようにした。

    次は中野科学。http://www.nakano-acl.co.jp/

    酸化発色ステンレスを作っている。が!ステンレスには色をつけていない!(あ、これびっくり)。http://www.nakano-acl.co.jp/hassyoku/

    タマムシの羽の表面が見る角度で変わるという性質を利用している。多層膜構造になっている。それを応用してステンレスを薬品につけて、反射膜を作っている。

    Hassyoku4

    その他、プラズマクラスター空気清浄機にもトンボの羽のファンが入っている。扇風機のほうはアサギマダラ蝶の羽の形状を使っている。

    次はつくばの産業技術研究所。近江谷さん。

    http://unit.aist.go.jp/biomed-ri/ci/introduction/introduction.html

    光る虫を使っている。それは、、、蛍より光るむし、ヒカリコメツキムシ。中南米に生息する。

    http://nationalgeographic.jp/nng/article/20110622/275191/index3.shtml

    Ph_5

    新薬を開発するとき、細胞を見やすくするもの。細胞の反応を確かめるのに、従来は蛍の光を使っていたが蛍の発光物質ルシフェリンでは弱かった。ヒカリコメツキムシを使えば人のがん細胞を見てもはっきりわかるようになった。製薬会社にも技術提供している。

    次は西宮。普通の一軒家、、、福田さん(ライトニックス社長)。http://www.n-cci.or.jp/keikaku/lightnix.html

    痛くない注射針を蚊の針に注目して作った。今まで徐々に細くした注射針(鍛造とかね)はあったが、そういうやつじゃない。

    Photo4

    ぎざぎざになっている。さらに!樹脂でできている(しかもでんぷんからの植物性)。

    これすごいな。しかも女系家族で営業の娘さんが美人。。。

    森永さんはゴミムシダマシを推薦。水が一切ないところで霧から水分を集め、逆立ちして飲む。親水性と撥水性の部分に体がわかれているそう。

    今回はなかなか面白かった。ゴキブリなんかもありそう。テラフォーマーズになってしまうかもしれないが・・・

    2013年9月 7日 (土)

    MOVIX(映画館)で映画が始まる前にホフディラン(音楽)x中村佑介(イラスト)のポリシーシネマ映像が流れてます。→今日映画観に行ったらおしんの衣装のまま、濱田ここねちゃんが歌っているバージョンに!

    最近、MOVIXで何本か映画見た(京都・西宮・橿原、なんでこんなに場所離れたところで観たのかは置いておいて)。で始まる前にちょっと面白いポリシーシネマ(携帯使うな、前の人蹴るな、とか)が流れていた。

    http://hoff.jp/e/cinema/ (松竹マルチプレックスシアターズ meets ホフディラン)

    音楽がホフディランさんで、アニメーションが中村佑介さん(例えば森見登美彦の表紙イラストとか)なんですが、中村さんのイラストそのままにアニメーションするというもの。どうやってんの?と思ったら中村さんのブログに書いてあった。

    http://abenolife.exblog.jp/20698158/

    CALFというアニメ会社との共同作業だったそうですよ。http://calf.jp/

    --

    10/13追記

    今日、R100観に行ったらそのポリシーシネマが、、、

    http://news.mynavi.jp/news/2013/09/13/075/index.html

    うわ、濱田ここねちゃんがあの衣装のまま歌ってる。非常にかわいらしかったです。

    Scratch(プログラム言語)でパラボラ反射鏡の光線追跡してみる(ビルの反射で車が溶けた?記事見て)

    CNNですごいニュースが出てました。ジャガーの一部が変形したみたい。

    高層ビル反射光で車溶ける ロンドン

    Meltcarskyscraperlondon1

    うわ、こりゃこわい。ということで、放物線で光線が入射したとき、焦点に集まるというシミュレーション(てほどでもないけれど、、、)をScratchでやってみた。こちら。

    Scratchparabola

    http://scratch.mit.edu/projects/12222201/

    一応、ちゃんと光線を追跡している。点結ぶだけだとおもしろくなさすぎなんで、、、

    「対数の引数は必ず無次元になるとはいえない」という話で私が昔思っていたこと。

    なんと田崎さんご本人が回答したというので有名なこれですが・・・

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032017720

    A=B*C で、BとCが単位を持つとき(Aは無次元)、

    logA = logB+ logCで対数の中身が単位を持つことがあるという話。

    こういう計算、私が学生時代に最初に見たとき(田崎さんの回答では趣味の問題と書かれてますが)

    A = (B/B0) * (C/C0) 

    で B0とC0は単位を持っていて、値は1。

    なので logA = log(B/B0) + log(C/C0)

    という意味だが、めんどくさいのでいちいち書かない、と思っていた。というか誰か物理の教授が言っていたような気もする。まあどうでもいい話ですが、無次元とは言えないというのもわざわざ言うほどのことでもないような、、、(混乱している人がさっそく出てきているわけだし、、、)

    で、あなたのおしっこの成分は何? (20人の研究者が7年かけてデータベース作った)→10/26の朝日新聞、ののちゃんのDO科学ではなぜおしっこが黄色いかを取り上げてました。

    Popsciの記事:What's In Your Pee? より。

    健康診断で尿検査したりしますが、あれは6~7の成分の分析してるだけ、って。医学書でも50~100の成分が含まれていると記載されていたのが、、、

    20人が7年かけて調べて結果、、、3000以上の成分が含まれていたって。

    しかもフリーのデータベースにまとめられている。

    http://www.urinemetabolome.ca/

    犬が人間の尿や呼吸の匂いを嗅いでがんを検出する、という話を聞いて、ほんと?と胡散臭く思っていたが、これだけ含まれていたら何かがんに関係するものもあるかも。

    ---

    で今朝の朝日新聞の”ののちゃんのDO科学”。

    おしっこは、なぜ黄色?

    という質問に対して、赤血球にあるヘモグロビンが、肝臓で水に溶けるビリルビンにかわり、その一部が腎臓で酸化されてウロクロームに変わって、その色が黄色だから

    ということでした。結構複雑なんですね。

    で、ビタミン系の錠剤とか飲料を飲むとさらに真っ黄色になるのは、ビタミンB2(リホブラビン)

    http://www.gizmodo.jp/2013/09/post_13145.html

    オロナミンCの色ですな。

    http://www.otsuka.co.jp/orc/product/index.php

    ・・・ってそのまま出てるの?

    http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail175.html

    過剰摂取分がでるのか。じゃああんまり量とってもしかたない。ビタミン類はたいていそういうことだな。あのポーリングがビタミンCを過剰摂取するよう勧めていたのを思い出した。

    2013年9月 6日 (金)

    花のワルツを踊るカップラーメンロボタイマーがめっちゃ欲しいが、ヴイストンさんの開発品みたいです。

    日清のカップヌードルのキャンペーンで、カップヌードルが変形してロボになり、しかも踊り、かつ3分教えてくれるカップヌードルロボタイマーが当たる!

    http://www.cupnoodle.jp/robotimer/

    Cup

    プレゼントにしては完成度高いな、と思ったら、ロボットでは有名なヴイストンさんが、、、
    http://www.vstone.co.jp/index.html

    カップヌードルロボを作っているみたい。ひよこちゃんも。

    http://www.vstone.co.jp/entrusted_development/index.html

    これは一世代前の動画。

    トヨタアクアのCM(日本のハイブリッド篇)のCMソングはPerfumeのチョコレイト・ディスコのピアノアレンジ(まらしぃさん)⇒千本桜(黒うさP feat. 初音ミク)に変わった。ピアノはおなじくまらしぃさん。

    違和感ないなあ。ピアノアレンジ・演奏は曲名探偵団によると、まらしぃさんだそうです。

    http://kyokutan.jp/music-33751.html

    ニコニコ動画などで活躍、ということでした。

    http://www.marasy8.com/

    http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%83

    ヒャダインさんとか、こうやってメジャーになっていく人がどんどん増えていくんでしょう。

    --

    11/27追記:

    千本桜に変わりました。

    http://toyota.jp/aqua/movie/#id=665354865002

    ”バグ”(プログラム不具合)はトーマス・エジソンが作った造語だって!

    IEEEのニュースにこんな記事が出てました。

    Did You Know? Edison Coined the Term “Bug”

    私がずっと信じていたのはバグの語源は、グレースホッパーさんがHarvard MarkII(リレー式のコンピュータ)のなかで蛾が死んでいるのを見つけたことから来ているというもの。

    Firstcomputerbug

    Harvard_mark_i

    でもよく見ると、これ”First actual case of bug being found”なんで、バグ(ソフトウェア不具合)を見つけていて本物のバグ(蛾)を見つけた、という意味にとれる。

    ということで、これ以前にバグという言葉が使われていたということに。

    そこでエジソンが浮上。

    1本の銅線で4つの電信を同時に送るシステムを作っていたときに不具合が生じ、それをエジソンが”バグトラップ”という機構で解決したというもの。

    これがそのエジソンの特許。http://www.google.com/patents/US480567

    その後もエジソンはバグという言葉をいろいろ書き遺している。例えば1876年に

    “Awful lot of bugs still. Let  Moses try…to rid us of them.” など

    その後電信のハンドブックに書かれたりして、広まっていったといいう話。

    いやー、これは知らなかった。

    2013年9月 5日 (木)

    温めて飲む炭酸飲料が出るのを見て、CO2の溶解度って温度でどう変わるんだっけ?と調べた。

    コカコーラ(カナダドライホットジンジャーエール)とキリン(キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ)が相次いでホット炭酸飲料をだすそうだ。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130904/biz13090417170018-n1.htm

    温度高くなると炭酸抜けるよな、、、と溶解度ってどんなもんだっけ?と調べた。

    例えばこれ。

    An improved model calculating CO2 solubility in pure water and aqueous NaCl solutions from 273 to 533 K and from 0 to 2000 bar

    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0009254102002632

    ここに出てくる表を図(絶対温度→普通の℃、バール→気圧に直して)にしてみた。高温、高圧の振る舞いの方が圧倒的に面白いが、まあ炭酸飲料に使えそうな範囲だけ抜き出して。

    Co2

    やっぱりだいぶ下がるもんだな。どんな工夫したのかな?特許また見ておこう(会社帰ってから)。

    2013年9月 4日 (水)

    SoftbankのCMに吉永小百合さんが出ていてびっくり!曲はジャニス・イアンの”17才の頃”

    吉永さんと言えばシャープだったんですが、ソフトバンクのCM”箱から取り出す”篇に登場。

    CMソングはJanis IanのAt seventeen。いい曲ですね。

    新しいCMではなぜか樹木 希林さんと通話してます。

    ドロリッチCAFEのCMにドロリッチガールズ3期生が登場!エロさはなくなったが、にわみきほさんが出てる!

    エロさで話題になったドロリッチガールズ。

    5人のドロリッチガールズが出てくるドロリッチの新CMはいいな。-CM曲はパルプフィクション? そして2013年春の新CMは、ドロリッチガールズ2期生のドロリッチアガールズ。

    今回は泡のコーヒー、ドロリッチカフェのCMに、3期生として にわみきほさん、岡本あずささん、平野由美さん、古川美有さん、千国めぐみさんが登場。

    http://web.dororich.jp/info/3rd-girls/

    ダンスが面白いのと、みきほさんはZIPに出てるのをずっと見てます。私も「みきほさん、これからのお天気は?」と聞きたい。

    2013年9月 3日 (火)

    トマト、結構強い(ネオジム鉄ボロン磁石で挟まれて)

    いったい何でこんなことやろうと思ったかを考えるとじわじわ面白くなってくる。。。

    Gray Matter: When Tomato Meets Magnet

    まあ、この映像をご覧ください。

    この磁石、強すぎるので扱いちゃんとしないと危ないよ(経験者は語る)

    商品名(会社名?)はNEOMAX。(旧住友特殊金属→日立金属)

    http://www.hitachi-metals.co.jp/products/auto/el/p0_7.html

    Redditで高得点をたたき出す方程式

    Redditというサイトがある。http://www.reddit.com/

    誰かが記事をポストして、それにいろいろな人がコメントをつけていく、、、ということでそれだけ聞くと2ちゃんねるぽいみたいだが、そうでもない。点数が付けられて、順位がつくのが面白いところ。

    で点数がつくってことから最適化する方法を考える人もでてきた。16700の画像を分析して式を導き出したというGIZMODOの記事です。

    This Equation Can Tell You How Successful a Reddit Post Will Be

    でもとはこのスタンフォード大学のhttp://i.stanford.edu/~julian/pdfs/icwsm13.pdfから来てる。こんな式。

    Original

    まあ、当然のことをまとめたような気もしますが、、、


    アポロ計画で使われたコンピュータの貴重な解説映像が!

    ednより。Computers on the moon  この前から計算尺のことを何回か書いていたけれど、やっぱりコンピュータが面白いな。

    そういや宇宙に行った初めての電卓はHP-65で、その前まではやっぱり計算尺を持っていっていたという話を聞いたことがあります。

    ---

    こんな話もありますよ。↓

    アポロ11号のソースコード公開中。

    ”舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵”を読んだ。

    歌野さんは今、私が一番好きな作家さんです。このシリーズの前作、”舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵”ではひとみちゃんはダンスも探偵もあまりしてなかった!ですが、今回の作品は鋭い探偵として再登場します。ダンスは、、、途中まで、、、

    でこのシリーズは歌野さんには珍しく後味が悪い結末があまりないさわやか(ともいいにくい、、、)ですが、人は死にます。これは米澤さんなんかが人の誰も死なないシリーズやっているのと対照的。

    ひとみちゃん目線でなくて、その小学生の時の同級生(今は違う中学に通う)高梨エミリーの目線で書かれています。もちろんトシちゃんもでてくる。

    「白+赤=シロ」は募金詐欺の女が死体で発見されるものですが、私地理だめなんで(ネタバレ?)。「警備員は見た!」は、この病気、ミステリで使われるの初めてでは?(これもネタバレ?)「電卓男」はタイトルどおりですが、もうこれすら古く、、、スマートフォンの普及が早すぎる、、、「幽霊は先生」は、伏線通りの結末。「誘拐ポリリズム」は新しい犯罪ですね。しかもポリリズムがヒントに。そして「母」、これはちょっと余韻を残す終わり方に、、、でもこれでおわりじゃないですよね、続きがありそう。

    2013年9月 2日 (月)

    スーパーセルの恐ろしくも美しい映像

    埼玉や千葉の竜巻の原因になったというスーパーセル(回転する巨大積乱雲)。

    竜巻もたらすスーパーセル、暖湿気で大気不安定

    世界中で起こっているみたい。

    まずは2013/6のテキサス。

    オーストラリア。

    サウスダコタ。

    youtubeにはこんな画像がいっぱい。

    で、シリアで化学兵器が使われた証拠って? (ScienceInsiderより)

    こんな記事が出てました。

    Backgrounder: Clues to a Chemical Weapons Attack in Syria

    以下、抜粋。

    1. なぜ専門家は他の神経に作用する化学兵器ではなく、サリンが使われたと考えたか?

    →犠牲者は麻痺や痙攣の症状が出ているが、皮膚の水泡の症状が出ておらず、マスタードガスではないと考えられる。さらに致命的なVXガスでもなさそう、というのは揮発性がより低く、兵士の装備に汚染を残しているので。ただいくつかの化学兵器の混合の可能性もあり、分析は難しい。

    2. 国連の調査団はシリアでなんの証拠を集めようとしているのか?

    →1つは爆弾の破片を集めること。サリンは↓のような形で運ばれるかも(恐ろしい、、、)

    762pxdemonstration_cluster_bomb

    生存者に対しては血を検査してアセチルコリンエステラーゼを検出する。

    こんな風に。数日後でもこの酵素レベルが低くなっているのでわかる。

    http://www.celltechnology.com/products/fluoroache.htm

    ただもしサリンの治療薬アトロピンを投与されていれば回復するので意味ないかも。

    瞳孔が小さくなることで検査できるかも。ただ直接の検出は難しい。というのはすぐにサリンは分解するし、体内に残らないから。でも加水分解後の物質イソプロピルメチルホスホン酸はもっと長く残るので検出できるかも。

    3. どこで検査する?

    →携帯できる質量分析器と結合したガスクロマトグラフィーを持ちこんで最初にテスト、それからオランダの(OPCWOrganisation for the Prohibition of Chemical Weapons )に送られ、それからアメリカやアジアの施設に分配され確認される。

    4. どのくらいかかる?

    →15日で分析はできるが、最終レポートには数週間。しかしアメリカはそれを待たないかも、、、

    ---

    化学兵器を使うのは許せないですが、戦争になるのはもっといただけない、、、

    西宮神社でお参り。正月に福男が走るコースをGIFアニメにしてみた。

    西宮に用があっていくついでに、西宮神社でお参りしてきた。

    http://nishinomiya-ebisu.com/index.html

    ここはあの福男に選ばれるために大勢が走るので有名な神社。そこで、走っている(であろう)コースを写真に撮って、まとめてGIFアニメにしてみた。これ。

    Nishinomiya

    カーブが怖いよな。

    2013年9月 1日 (日)

    NHKスペシャル「MEGAQUAKE III 巨大地震 南海トラフ 見え始めた”予兆”」を見てました。

    今日は防災の日だったそうで、南海トラフを想定した防災訓練が行われたそうです。

    「防災の日」総合防災訓練 初めて南海トラフ想定

    ちょうど同じタイミングでNHKスペシャルの特集メガクエイクも南海トラフ。

    本州の南100km。ここに日本中の地震学者の注目が集まっている。強い音波を出して海底の様子を探る調査で日本の下に眠るプレートの形が分かってきた。巨大地震が想定される南海トラフ。不気味な振動が頻発している。高性能の地震計が3000mでこの振動を検知した。スロークエイクというもの。通常の地震とはことなり、小刻みな揺れが長く続く。

    注目されたのはおととしの地震。直前にスロークエイクが発生していたことが分かった。さらに浮かび上がる新たな異変。震源が東に動いている。

    ・・・とここまでがイントロ。でここから詳細がスタート。

    日本列島を取り囲む4つのプレートのうちフィリピン海プレートは数センチずつ縮んでいる。その境目が南海トラフ。陸側のプレートは押されて歪みを蓄えている。それが開放されるときに大地震が、、、想定されているのはマグニチュード9.1.東海から九州にかけて、震度7の激しい揺れ。10mを超える巨大な津波がやってくる。名古屋・大阪は都市機能が麻痺する。最悪の場合死者は36万人。昭和南海地震などこれまでも南海トラフ原因の地震は何回かやってきた。研究者は最新の技術で予兆をつかもうとしている。

    地下深くで発生するかすかな振動を高感度な地震計が捕える。それをみて東京大学の小原一成さんが予兆を見ようとしている。一見すると、普通のノイズだが、4分くらい謎の振動がおきている。地震はすぐにゆれが大きくなり次第に収まる。謎の振動は小刻みに揺れて数日から数週間に及ぶこともある。この動きをスロークエイクと呼ぶ。どこで起きているか?分析の結果、広範囲で発生していた。深さ5km~40kmで、かつての震源地を取り囲むように。

    巨大地震との関係はなかなかわからなかった。小原さんの考えた仕組みは、通常の地震は陸側のプレートにひずみが生じて、それが一気に解放されるもの。スロークエイクはゆっくりじわじわと解放されるもの。大きな地震はむしろ起きにくくなる?と考えた。エネルギーを貯めないための動きではと。ところが!東日本大震災の直前にスロークエイクが起きていたことがわかった。東北大学の伊藤よしひろさんが突き止めた。巨大地震の4カ月前に、東北のお気に地震計を設置していた。地震後にデータ解析すると、、、巨大地震の1か月前からスロークエイクが発生し、直前まで続いていた。なぜ歪みを解放していたはずのスロークエイクが?

    実際に起きていたスロークエイクと震源は同じ断層にあって、40cmも動いていた。

    陸側の下にしずむ海側のプレート。境目にはアスペリティとよばれる場所があり、それが震源地になる。長い間歪みをためる。一方、その周りにはまばらにしかくっついていないところがある。これがスロークエイク。限界まで歪みを貯めていたアスペリティがスロークエイクに引っ張られて爆発したのか?でばねをつかった模型で実験。あ、これわかりやすい。

    ひろく密着したアスペリティとまばらな場所がじわじわと動くのがよくわかる。最終的にまばらな部分に歪みが溜まった部分が引っ張られる。

    場面変わってまた小原さん。スロークエイクの後に巨大地震が起きたことにショックを受けた。10年分の南海トラフのデータを分析すると、パターンがあることがわかった。スロークエイクは三重県では半年ごとに発生。四国は3カ月に1回、一週間ほど続く。地域によってパターンがある。それを監視していけば巨大地震の予兆がつかめるんじゃないかと考えた。小原さんは仙台の若林地区生まれ。津波の被害を受けた場所で、それを防げなかったことがモチベーションになっている。

    世界の科学者たちもスロークエイクの研究を加速している。ニュージーランド、メキシコ、アラスカなど10の地域で観測されている。その1つ、アメリカのシアトルでスロークエイクのパターンに変化が現れた。西海岸のプレートの境目、カスケーディアで、巨大地震が懸念されている。ハーブドラガードさんは、今まで年に一回スロークエイクが発生し、3週間ほど続くことが分かっているが、去年大きく崩れたことを説明。南北600kmに拡大し、3週間過ぎてもおさまらなかった。6週間に及ぶが、急に拡大が止まり、減少していった。なぜ?まだはっきり巨大地震との関係が分かっていない。

    スロークエイクと並び、有効だと思われているのはGPS。国内で1200か所の大地のわずかな動きを記録している。伊豆諸島は北よりに伊豆半島は西寄りに動いていた。同じプレートなのになぜ?これを研究している高知大学の田部井さん。銭洲にGPSを設置すると、西寄りに動いていることがわかった。プレートに異変が起きている?プレートが割れている!!!(恐ろしい、、、)なぜ割れているのか?伊豆半島のせいじゃないか?フィリピン海プレートに載っている伊豆半島が陸側のプレートにぶつかり、それ以上進めない。で押され続けて割れて、またそれが沈み始めているかも。首都圏に震源地が近づいたことになる。津波の研究者、阿部さんがシミュレーションした。東に震源が動いた時は、、、鎌倉は14分後に高さ10mの津波が押し寄せる!45分で東京湾にも流れ込む。3mの高さ。従来のメカニズムより30分はやい。危険だ。想定の範囲で対策をとればいいというのは危険。

    GPSを使ったあらたな研究も京大の西村さんが行っている。GPSで観ると海側からおされる力がわかる。特にひずみが溜まっている部分を特定することができる。四国の南だ。

    さらに、スロークエイクの大地の動きも分析した。普段海側から押されている大地。スロークエイクが来たときは範囲に海側に押される。それで大きな変化を見つけた。四国で起きた最大規模のスロークエイク。2006/9に起きた。ひずみが溜まっている震源地の近くでおきている。これが巨大地震を引き起こすのではないかと懸念された。

    場面変わって、海上保安庁はGPSを海中に設置している。

    和歌山での井戸水の異変(水かさが減った)もスロークエイクによるものを考えている。

    60か所の井戸で監視を始めている。産業総合研究所の梅田さん。

    場面変わってまた小原さん。新たなスロークエイクの発生場所を見つけた。九州の南。今までわかっていた南海トラフの端よりさらに南。99%は無駄になっても1%が生かせれば、、、とのコメント。

    ---

    うーん、地震の予兆というのはずっといろいろ調べられていると思いますが、今回も決定打なのかどうかよくわからなかった。

    本日(8/8)夕方、奈良県で震度6以上の地震というエリアメールと会社での緊急速報があったが、、、

    という話もこういう海底地震計の不備みたいだし、、、

    国際計算尺博物館(International Slide Rule Museum)がすごすぎ、、、

    風立ちぬエンリコ・フェルミの件で、計算尺のことを調べていて、とんでもないサイトを見つけた。これ↓

    http://sliderulemuseum.com/

    世界各国の計算尺の資料(写真)がそろってる(もちろん日本も)のみならず!

    それを使っている人々の歴史的写真も満載。

    http://sliderulemuseum.com/SR_Ephemera.htm

    例えばさっきも出たフェルミ。ロケットの父ゴダード、水爆のテラー、ヒューレットさんとパッカードさん、V2ロケットを作ったフォンブラウン、反陽子のセグレ、DNAのワトソンとクリック、アポロ13のミッションコントロール、そして、、、なぜかスタートレックのスポック、、、いやもう多すぎて読み切れない。

    気になるのはこれですが、、、北海道に計算尺好きが多いの?

    Srm01

    どちらにしてもすごいことやっている人たちがいるなあ、、、

    計算尺を持ち歩いていた物理学者と言えば、、、あのエンリコ・フェルミ大先生ですよ。

    昨日、”風立ちぬ”を観に行って堀越さんが計算尺を持ち歩いているのを見て思い出したこと。Enrico Fermiはずっと何かを計算していた人で、かつ計算尺を持ち歩いていたそうです。

    Fermiの伝記にも、、、

    http://dspace.library.cornell.edu/retrieve/79/Enrico+Fermi%3FThe+Master+Scienti

    slide rule(計算尺の英語名)がいっぱいでてくる。ドラマ、ガリレオを実在の人物で実写化するなら、フェルミが計算尺を取りだすとあの湯川さんが計算するときの音楽が流れて、、、とか面白いんじゃないか?

    *フェルミの記念切手も計算尺もってる!

    Enrico_fermi_postcard_2001


    http://sliderulemuseum.com/SR_Ephemera.htm

    ---

    でフェルミが作った世界初の原子炉、シカゴ・パイル1号の後継、世界初のプルトニウムを抽出したハンフォードB反応炉には計算尺が残っている。

    http://www.roadsideamerica.com/blog/fermi-slide-rule/

    もしかしたらフェルミが触ったことがあるかも!

    Wahanreactor_ks4468

    でもう一つ有名な逸話。

    ”ファインマンによるシュレーディンガー方程式の導出”の書き出しに書いてある。

    マンハッタン計画(原爆計画、ロスアラモス)の時、ある計算を行うのにフェルミは計算尺、ファインマンは機械式の計算機(Marchant)、フォンノイマンは暗算で行ったが3人がほとんど同時に同じ近似値を出したという。。。

    <マーチャントの写真>

    Marchant_1

    でもこの逸話、尾ひれがついて、特に日本のサイトでは暗算のフォンノイマンが圧勝したことになっていますが・・・まあそっちの方が面白いけど事実じゃない。大元は日本のWikipedia?ひどいな。そもそも水爆の研究なんてこの3人してないし。

    Fallen Physicist, Rising Engineer : アクセス数 200万達成!

    2008年4月から始めて、100万アクセス達成したのが、2012年11月で4年8カ月かかってました。200万アクセスになったのが昨日8/31なんで8か月強で次の100万アクセスいきました。

    ココログはランキング公表しているので、AKB48の総選挙と同じく(2012/2013)、ランキングとアクセス数をプロットしてジップ(Zipf)の法則に乗るか見てみましょう。489日分。

    Zipfcocolog2013

    すごくきれいにべき乗になってる。しかし、大きいものから小さいものへ単調減少するように並べ替えてるんであたりまえっちゃーあたりまえ。

    で、このブログの99%のアクセスは”あのCMに出てる人は誰?CM曲は何?”ですが!

    (最近だとGoogle激辛ラーメンauのPlay screenがやたら多い)

    その他で定期的にアクセス数が増える定番は、

    電子レンジは、水分子の固有振動数(共振周波数)を利用しているのではないです。

    臭さの単位、アラバスター(Au)って何?というのを結構真剣に調べた。

    "隕石は大気との摩擦熱で燃える"というのは違う、、、空力加熱って?

    マラゴニー効果って何?(トイレスタンプクリーナー)、というかバブル君効果って何?

    空気抵抗があるときは振り子が最大速度になるのは真下に来たときじゃないという話。

    GeoGebraで遊んだり、

    スカイダイビングで音速を超えたという、その落ち方をGeoGebra4でシミュレート。

    最近はScratchで遊んだり(いろいろやってるけど最初のダンゴムシが一番Scratchのサイトでのアクセス多い)、

    Scratch(プログラム言語)で遊んでみる(その1、ダンゴムシと迷路)

    GIFアニメ系とか、

    41個以上の正方形を見つけられるか??? - わたしも思いついた! 42個目も思いついたぞ(Squareは正方形だけじゃない)。

    ”板チョコを無限に増やすライフハック”のトリックをGIFアニメで。

    ・・・でも本当はExcelVBAでの微分方程式の数値計算が主のサイトのはずだったんですが、、、

    (常微分方程式)

    Dormand-Prince(ルンゲ・クッタ8次)の有名なルーチンDOP853をExcel VBAに移植

    ピタゴラスの三体問題をGeoGebra4.2でGIFアニメにしてみる。

    (偏微分方程式系)

    蔵本・シバシンスキー方程式をExcel VBAで計算してGIFアニメにしてみた。

    複素TDGL方程式をExcel VBAで計算してスパイラルパターンをGIFアニメにしてみる。

    で最近はGIZMODO他の科学記事の翻訳がひどいので、海外版の科学系ニュースサイトをできるだけ紹介する記事をかきはじめてるんですが、どこまで続くことやら。

    « 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

    最近のコメント

    2017年8月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    フォト
    無料ブログはココログ