« 西宮神社でお参り。正月に福男が走るコースをGIFアニメにしてみた。 | トップページ | スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 »

2013年9月 2日 (月)

で、シリアで化学兵器が使われた証拠って? (ScienceInsiderより)

こんな記事が出てました。

Backgrounder: Clues to a Chemical Weapons Attack in Syria

以下、抜粋。

1. なぜ専門家は他の神経に作用する化学兵器ではなく、サリンが使われたと考えたか?

→犠牲者は麻痺や痙攣の症状が出ているが、皮膚の水泡の症状が出ておらず、マスタードガスではないと考えられる。さらに致命的なVXガスでもなさそう、というのは揮発性がより低く、兵士の装備に汚染を残しているので。ただいくつかの化学兵器の混合の可能性もあり、分析は難しい。

2. 国連の調査団はシリアでなんの証拠を集めようとしているのか?

→1つは爆弾の破片を集めること。サリンは↓のような形で運ばれるかも(恐ろしい、、、)

762pxdemonstration_cluster_bomb

生存者に対しては血を検査してアセチルコリンエステラーゼを検出する。

こんな風に。数日後でもこの酵素レベルが低くなっているのでわかる。

http://www.celltechnology.com/products/fluoroache.htm

ただもしサリンの治療薬アトロピンを投与されていれば回復するので意味ないかも。

瞳孔が小さくなることで検査できるかも。ただ直接の検出は難しい。というのはすぐにサリンは分解するし、体内に残らないから。でも加水分解後の物質イソプロピルメチルホスホン酸はもっと長く残るので検出できるかも。

3. どこで検査する?

→携帯できる質量分析器と結合したガスクロマトグラフィーを持ちこんで最初にテスト、それからオランダの(OPCWOrganisation for the Prohibition of Chemical Weapons )に送られ、それからアメリカやアジアの施設に分配され確認される。

4. どのくらいかかる?

→15日で分析はできるが、最終レポートには数週間。しかしアメリカはそれを待たないかも、、、

---

化学兵器を使うのは許せないですが、戦争になるのはもっといただけない、、、

« 西宮神社でお参り。正月に福男が走るコースをGIFアニメにしてみた。 | トップページ | スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58115833

この記事へのトラックバック一覧です: で、シリアで化学兵器が使われた証拠って? (ScienceInsiderより):

« 西宮神社でお参り。正月に福男が走るコースをGIFアニメにしてみた。 | トップページ | スーパーセルの恐ろしくも美しい映像 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ