« 回転するボールが壁にぶつかったときどう跳ね返るの?(川上哲治さんがお亡くなりになった記事で巨人の星のシーンを見て) | トップページ | なんだって!ハローキティが超合金に、、、CMで普通の女の子になるのも面白い。 »

2013年10月31日 (木)

糖尿病の経口治療薬の可能性?(Natureオンライン版に載った東大のグループの論文)

A small-molecule AdipoR agonist for type 2 diabetes and short life in obesityという論文がでました。が、門外漢の私にはなんのこっちゃわからん、、、ということでPhys.orgで解説されてました。

Japan research could lead to oral diabetes treatment (Update)

2型の糖尿病に対してAdipoRonという化合物を合成、腸で分解されるadiponectinと違って経口できるかも?という話らしいです。

*アディポネクチンはこちら

で1型、2型ってなに?とか全然知らなかったのだが、1型は本当にインスリンが枯渇して、2型はあるにはあるのだが、肥満などで働きが悪くなる、ような話だそうです。

インスリン注射が必要なのは1型みたいで、注射が必要なくなるというわけではないのかな?

生活習慣病の糖尿病が2型か。

東大病院のプレスリリースもあった。

http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archive/20131031.html

【記者発表】アディポネクチン受容体を活性化して健康長寿を実現する内服薬の種を発見

―アディポネクチン受容体を活性化する内服薬が、運動と同様の効果をもたらし、メタボリックシンドロームや糖尿病の治療薬となることが期待―

« 回転するボールが壁にぶつかったときどう跳ね返るの?(川上哲治さんがお亡くなりになった記事で巨人の星のシーンを見て) | トップページ | なんだって!ハローキティが超合金に、、、CMで普通の女の子になるのも面白い。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58489910

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病の経口治療薬の可能性?(Natureオンライン版に載った東大のグループの論文):

« 回転するボールが壁にぶつかったときどう跳ね返るの?(川上哲治さんがお亡くなりになった記事で巨人の星のシーンを見て) | トップページ | なんだって!ハローキティが超合金に、、、CMで普通の女の子になるのも面白い。 »

最近の記事

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ