« 今日(10/31)のGoogleトップページはハロウィンにちなんで魔女が怪しげな薬を作る、、、 | トップページ | 糖尿病の経口治療薬の可能性?(Natureオンライン版に載った東大のグループの論文) »

2013年10月31日 (木)

回転するボールが壁にぶつかったときどう跳ね返るの?(川上哲治さんがお亡くなりになった記事で巨人の星のシーンを見て)

川上さんがお亡くなりになった。で、その追悼の記事で、巨人の星に出た(?)エピソードがあった。それは、こんなの。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131030-OHT1T00250.htm

"自宅の壁にあるボール1個分の小さな穴から飛雄馬が投げ込んだ白球を、家の外にいる「川上」が打ち返し、再び穴を通過させる名場面だ"

Photo

(画像はこちらから:http://rolingwest.exblog.jp/17338256/

しかし、これ、木が穴に対して平行だったらいいけれど、木がちょっとでも傾いていたら無理だろう。。。と思ったが!いや、ボールが回転していたら跳ね返りの角度変えられるのか!と思いかえす。

では、ちょっとわかりやすい文献みてみよう。テニスボールとスーパーボールで跳ね返りを回転も含めて実験したもの。

Measurements of the horizontal coefficient of restitution for a superball and a tennis ball
(Rod Crossa、Am. J. Phys. 70(5), May 2002)

モデルとしてはGARWIN’S MODELやBRODY’S MODELってのがあるらしい。

でイメージこんな感じ。

Restitution_of_balls

要するに星飛雄馬&川上さんはコントロールだけでなく、回転も制御して戻ってくるようにしていたのか!

« 今日(10/31)のGoogleトップページはハロウィンにちなんで魔女が怪しげな薬を作る、、、 | トップページ | 糖尿病の経口治療薬の可能性?(Natureオンライン版に載った東大のグループの論文) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58489054

この記事へのトラックバック一覧です: 回転するボールが壁にぶつかったときどう跳ね返るの?(川上哲治さんがお亡くなりになった記事で巨人の星のシーンを見て):

« 今日(10/31)のGoogleトップページはハロウィンにちなんで魔女が怪しげな薬を作る、、、 | トップページ | 糖尿病の経口治療薬の可能性?(Natureオンライン版に載った東大のグループの論文) »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ