« ウタマロ石けん、テレビCM始めた。いいタイミング!(アメトークで紹介されたやつ) | トップページ | ミジンコをいろんな角度から見てみる。 »

2013年10月 5日 (土)

”折れた竜骨”(上下巻)を読んだ。

第64回日本推理作家協会賞を始め、さまざまな賞を独占!という米澤穂信さんの”折れた竜骨”。前々から気になっていたのを東京⇔京都出張ののぞみの中で一気に読んでみた。

ハイ・ファンタジーの緻密な舞台・魔法設定の枠組みの中で、殺人事件の謎解きが本格ミステリとして行われるというもので、ミステリだけじゃなくてファンタジーの方も本格的なのは今まであまりなかったんじゃないか。

またタイトルがいいんですよ、一番最後にこのタイトルの意味がわかるんですが、それがいい。あらすじは

「ソロン諸島の領主ローレント・エイルウィンの娘アミーナ・エイルウィンは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンとその従者のニコラ・バゴと出会う。ファルクは暗殺騎士を殺すために旅をしており、ローレントもその騎士に命を狙われていると告げる。

小ソロンにあるローレントの館は自然の要塞であり、誰も近づけないはずであったが、暗殺騎士の魔術により<走狗>(ミニオン)にされた誰かが操られそしてローレントが殺される。

この魔術は操られた人間の殺人時の記憶もなくしている。ファルクは論理の力で一体誰が犯人なのかを導き出す。。。」

で結末はそれしかない、というもの。いろんな伏線とかヒントがちりばめられていて、最後にあ、こういうことか、とわかる。これはいろんなミステリの賞を総なめしたのも納得だわ。

ニコラがたまにかわいい(○○を風で飛ばされるとか)とか、女戦士の正体とかもすごい納得感があったり。

で最初にも書いたけどタイトル。これ続編ぜひ書いてほしいな。

« ウタマロ石けん、テレビCM始めた。いいタイミング!(アメトークで紹介されたやつ) | トップページ | ミジンコをいろんな角度から見てみる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58288666

この記事へのトラックバック一覧です: ”折れた竜骨”(上下巻)を読んだ。:

« ウタマロ石けん、テレビCM始めた。いいタイミング!(アメトークで紹介されたやつ) | トップページ | ミジンコをいろんな角度から見てみる。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ