« アメリカの政府閉鎖を予言していた数学者って?→ついでに2013年ノーベル経済学賞も資産市場の長期予測 | トップページ | ファインディング・ニモの鯨のシーンはうそ、、、という夢はないが大変面白いお話。 »

2013年10月15日 (火)

「彼女は存在しない」を読んだ。

タイトルが気になっていた本。浦賀さんの作品は初めて読む。

恋人である貴治と待ち合わせをしていた香奈子は、突然、アヤコではないかと見知らぬ女性に話しかけられる。彼女は由子と名乗り、非常におどおどして挙動不審。それでも交流をしていくが、ある日貴治が惨殺される。

一方、妹の異常行動をみるうちに、多重人格ではないかと疑う根本。

その後、さらなる殺人が、、、

多重人格を扱っていて、誰が誰かわからなくなりますが、最後の最後であっ!と思うどんでん返しが。

叙述といえばそうかな?最後は”殺戮に至る病”を思い出した。

« アメリカの政府閉鎖を予言していた数学者って?→ついでに2013年ノーベル経済学賞も資産市場の長期予測 | トップページ | ファインディング・ニモの鯨のシーンはうそ、、、という夢はないが大変面白いお話。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55149530

この記事へのトラックバック一覧です: 「彼女は存在しない」を読んだ。:

« アメリカの政府閉鎖を予言していた数学者って?→ついでに2013年ノーベル経済学賞も資産市場の長期予測 | トップページ | ファインディング・ニモの鯨のシーンはうそ、、、という夢はないが大変面白いお話。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ