« 島原を歩く(京都中央卸売市場の帰り) | トップページ | 5次方程式と6次方程式をDKA法で解く自作式を再度、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにアップしてみた。 »

2014年1月 3日 (金)

1/2の深夜、大人のピタゴラスイッチを放送していた。今年はデジむず。で、斜面に二乗間隔でボールをおいて転がし、射出すると、、、

お正月で実家に来ている。でほろ酔いでテレビ見てたら

大人のピタゴラスイッチ デジむず  というのを昨晩やっていた。

その中で、こんな面白い実験していた。斜面に1、4、9、16、25、といった間隔でボールを置き、投射させると、落ちたときには等間隔になるというもの(酔ってたのでいまいちうろ覚えだが、、、)。

Cocolog_oekaki_2014_01_03_08_51

簡略化して考えると、上の斜面上を転げ落ちる距離をL、斜面の角度をθ、投射される斜面の先での速度をvとすると、mv^2/2 = mgLsinθなので

v=√2gL sinθ

めんどくさいので、これから斜面の傾きが小さいとしてこれが水平に投げ出されるとする。

投げ出された後は、水平方向に初速がある自由落下だと思うと、、、垂直方向をy方向、水平方向をx方向として、また斜面の先から地面までの高さをhとしとくと

x = v*t

y=h - g*t^2/2

なんで、地面に落ちるまでの時間はt =√2h/g

でそのとき、ボールの水平方向の距離は結局

x ∝√L

ってことでLが二乗(N^2 * a、N=1、2、3、、、、)の位置に置かれていたとすると

落ちた位置は1、2、3、4、、、のように等間隔になる。

ということですかね? ちゃんと計算するのはまた自宅に戻ってから、、、

どちらにしても画像は面白かった。あと斜面にものを置いてgをg*sinθに変換してゆっくりピタゴラ装置が動くようにしたり。

« 島原を歩く(京都中央卸売市場の帰り) | トップページ | 5次方程式と6次方程式をDKA法で解く自作式を再度、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにアップしてみた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58873285

この記事へのトラックバック一覧です: 1/2の深夜、大人のピタゴラスイッチを放送していた。今年はデジむず。で、斜面に二乗間隔でボールをおいて転がし、射出すると、、、:

» NHK 大人のピタゴラスイッチ「デジむず」 放送:H260102 [むぎの手記]
NHK 大人のピタゴラスイッチ 「デジむず」(放送:2014-01-02、再放送:2014-01-26) ◆概要 「大人のピタゴラスイッチ」はH25年の1月2日に「ちょいむず」、1月3日に「かなりむず」が放送された(該当記事)。今年も賀正特別版として新作「デジむず」が放送された。 今回のテーマは、「デジタル」と「マッピング」。 ◆感想 始めに今回の「デジむず」という題名に就いて批評する。これまでに現れた「大人のピタゴラスイッチ」の副題は「ちょいむず」と「かなりむず」の二つで、両方とも「むず」に難しさ... [続きを読む]

« 島原を歩く(京都中央卸売市場の帰り) | トップページ | 5次方程式と6次方程式をDKA法で解く自作式を再度、カシオの高精度計算サイトkeisan.casio.jpにアップしてみた。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ