« 映画”エンダーのゲーム”(字幕版)を観に行ってきた。 | トップページ | European word translator(ある英単語を入力すると、ヨーロッパの各国でどういうのか地図上に示してくれる)が面白い。 »

2014年1月18日 (土)

今日(1/18)の超潜入!リアルスコープハイパー は病院の裏側。GEヘルスケアのCTスキャン ディスカバリーCTベオを紹介してた。あと胃のX線撮影でなんであんなにぐるぐる回されるかも。

今回は病院の裏側。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/realscope/

まずは9秒で心臓から脳までCTがとれる装置。健診会 東京メディカルクリニックに導入されたディスカバリーCTベオ。1台3億円。これかな。http://www.innervision.co.jp/expo/products/ge_ct_ct750hd

プレスリリースはこれ:

http://www.atpress.ne.jp/view/27854

上地くんがやってみる。うわ、本当に速いぞ。9秒。

まずは皮をはぎとった映像。そして骨だけに。すごいな。で心臓まで。心臓の鼓動まで造影剤を使えば見えると。

そしてそのデータをSOLIFORMという3Dプリンタで心臓模型を作る?2千万円の装置。

http://www.medical-jmc.com/company/profile.html

だな。JMCメディカル。聖マリアンナ病院ではこれを使ってシミュレーションしていると。

このCT、腸の内側まで、内視鏡を使ったように見えるって。3万3000円で。

次は手術室。オペ室。

通常は立ち入りできないが、大森赤十字病院が入れてくれた。まずは服を着替える。手を洗う。センサーに手をかざすと水が出る。どこにも手を触れないように。赤い液体をぬりたくる。イソジンスクラブ液だって。殺菌力が強いので定番。次は医療用手洗いブラシ。爪さきを念入りにあらう。わっかにしたタオルで下から拭いていくという不思議な拭き方で拭いたあと、両手を上げて歩く。菌に触れないように。あ、あれ本当なんだ。ドアは、下の穴に足を突っ込むと開く。絶対に手が触れないように、、、

30畳の広さ。手術用ベッドは触ってみるとふかふか。テンピュール素材って。寝返りができないので。でベッドは自由自在に位置は変えられて、お値段は1000万円。

手術用ライトは、手をかざすとわかる。影ができにくい。手元がくらくならない。無影灯。いろんな角度から照らしている。900万円。

手術台の隣の青い包には手術道具。場所によって使う道具が違う。腹部の深い部分用ハサミとか、止血用とか、いろいろ。メモれなかった。。。

メスは2種類。円刃と尖刃。替え刃は1本50円。あ、結構安い。手術道具一式100万円。使い終わった後は自動で洗浄。システムは7000万円。

ここでクイズ。手術用ガウンは使い捨てが一般的(151円)。ほとんどで青か緑色。ではなんで?正解は、血液が多くて赤い色をずっとみていると目が疲れてくるので、目のバランスを保つため。実際に赤い星印をずっとみて、5秒後画面がまっしろになってもそこに青や緑が見えてしまう。

ここで質問タイム。長い手術のときの食事は?→とらない。トイレも行ったことない。ただ、みんながみんなそんなことできないので、手術室の隣にスタッフ専用の食堂を設けているところも。ゲストのお医者さんは別に肉を食べるのは全然気にならないって。

次は人間ドックの疑問。

胃カメラについて、苦しくない胃カメラがあるの?おえっとならないマジックハンド付きカメラ。

GIF-XP290N。オリンパス製。http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr121002luceraj.jsp

オリンパスは胃カメラで70%のシェア。でGIF-XP290Nは5.4mmの径。330万円。先端は、まずはレンズ。1.8mmのCCD。次はライトが2つ。2種類の光を切り替える。ブルー系の光はポリープが良性か悪性か見たり。そして水ノズル。レンズのくもりをとる。空気ノズルも。すごいな。胃の中に空気を送って膨らませたり。

そして最後にマジックハンド!一部組織をとってくるための生検鉗子。

しかも鼻から入れるのだ。べろの奥に当たらないのでおえっとならない。片手でカメラを操作可能などすごいマシン。

さらに、、、泳ぐ自走式内視鏡 マーメイド。http://www.osaka-med.ac.jp/official/public/official-announcement/pdf/documents2011.06.22.pdf

次は、胃のX線検査のとき、なんでこんなにぐるぐる回されるのか!これ私も疑問だった。

マシン操作室の内部にはジョイスティックでぐるぐる回す装置が。検査中の胃の状態を見てみる。バリウムを飲むと、黒く映る。X線を通さないので。そして食道を通り胃に到達。

ぐるぐる回ると胃の膜にバリウムが付く。発泡剤で胃を膨らますことできれいにとれる。胃の下の部分は、、、バリウムが溜まっているので見ない。傾くとバリウムが胃の上の方にあつまるので写真がとれる。バリウムを自在に操っているのだ。あ、こんな感じでバリウムが動くのか。納得。でもあの検査しんどいよ、、、

バリウムは何を原料に作られているのか?中国へ向かう。世界の4割が中国製。

洞窟?奥へ行くと、、、300m進むとそこに、何か掘っている人が。あ、これがバリウムの原料か。重晶石だって。1日20トン採掘されている。

カイゲンファーマの人が語るには、バリウムがおいしいと胃が活発に動いたりするので、わざとまずくしている!!!

あー、そいういうことか。でもカイゲンファーマではレモンやサイダー、ミント味を作ったりしている。

次は救急マシン。車体をひろげると8人治療できるスーパーアンビュランス、http://gigazine.net/news/20121019-tokyo-fire-department-vehicles-riscon-2012/ドクターヘリなどある。そして

空飛ぶ集中治療室は、航空自衛隊小牧基地にある。機動衛生ユニット。カーゴローダーという車両で運ばれていき、巨大なC-130H輸送機にのせる。サンダーバード2号のようだ。

http://www.fushou-miyajima.com/gekisya/070807_01.html

でいい病院の見つけ方は、

一般的には手術数や症例数の多いところ。検査だけに頼る医者が多いが、触診・聴診してくれるところとか。

« 映画”エンダーのゲーム”(字幕版)を観に行ってきた。 | トップページ | European word translator(ある英単語を入力すると、ヨーロッパの各国でどういうのか地図上に示してくれる)が面白い。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 映画”エンダーのゲーム”(字幕版)を観に行ってきた。 | トップページ | European word translator(ある英単語を入力すると、ヨーロッパの各国でどういうのか地図上に示してくれる)が面白い。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ