« 料理民宿 住栄丸でかき三昧 | トップページ | 1/3のJR有楽町の火災の原因、パチンコ店の水槽付近の電源ショートらしい。 »

2014年1月 5日 (日)

アナログコンピュータや微分解析機を知ってますか?メカノで再現した例も。→東京理科大で70年ぶりに復活したそうです。

先日、大人のピタゴラスイッチ デジむずを見ていたときに、斜面に2乗間隔でボールを置いて、斜面の先端で自由落下させると、ボールが等間隔に落ちる、というのを見た

これはある意味、平方根を計算するためのアナログコンピュータと見なせるなあ、と思ったらアナログコンピュータのことを思い出した。
最古のアナログコンピュータはアンティキテラ島の機械だと言われているようですが、(参照:

NHK BSでやっていた”アンティキテラ島の機械”の特集は面白かった

もう少し新しいので私が知っているのは、
というのがあります。
で微分解析機の積分をする機構が面白くて、2つの円板をうまいこと使っている。
出力側の円板の位置を変えると積分された値がでる。こいつだけではトルクが弱いので、この先にトルク増幅器がつく。
Diff_integrator_fig3
でこんなふうに微分方程式が計算できる。
Diff_analyser_fig5
詳細はこちらとか、こちらを参照ですが、メカノで再現されたりしてる。
で、電気式のは、まあオペアンプがそもそも演算増幅器なんで、いろんな演算が簡単にできる。例えば、こちら
しかし一番使ってみたいアナログコンピュータは計算尺。
2014/12/1追記:
東京理科大で再び動かせるようになったというニュースが。
微分解析機:70年ぶり再整備 東京理科大お披露目

« 料理民宿 住栄丸でかき三昧 | トップページ | 1/3のJR有楽町の火災の原因、パチンコ店の水槽付近の電源ショートらしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/58886870

この記事へのトラックバック一覧です: アナログコンピュータや微分解析機を知ってますか?メカノで再現した例も。→東京理科大で70年ぶりに復活したそうです。:

« 料理民宿 住栄丸でかき三昧 | トップページ | 1/3のJR有楽町の火災の原因、パチンコ店の水槽付近の電源ショートらしい。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ