« 0の0乗はいくら?を見るためにGoogle検索の3次元グラフ描画機能でz=x^yを描いてみた。 | トップページ | フィギュアスケートの羽生くん最高点発表で、羽生くんより驚いていた女性は小林芳子さん。⇒しかし金メダルを決めたフリーの得点発表のときに隣にいたのはオーサーコーチ。 »

2014年2月14日 (金)

2/13のビーバップハイヒールはチョコレート特集。アポロときのこの山の関係や、むぎチョコの値段など。

バレンタイン直前企画 世界が唸る!MADE IN JAPANチョコレート

という特集でした。

中南米、紀元前1100年前に液体の苦い薬として始まったチョコレート。しかし高級品だった。16世紀、ヨーロッパにカカオ豆をコロンブスが持ち込んだ。そこで進化に欠かせなかったのは砂糖。1847年にフライ社が板チョコを発売する。固形になったのは170年前程度だったのだ。1878年、東京の風月堂でチョコレート製造が始まる。チョコレート後進国だった日本は今ではチョコレートの最先端に。藤原浩さんが説明する。

明治10年に最初に作られたチョコは家庭の手作りチョコみたいなもので、海外から輸入したものを溶かして固めたもの。大正7年、カカオ豆から一貫生産されたチョコができた。あの森永ミルクチョコレート。1枚15銭。大正15年には明治ミルクチョコレートも。

日本の歴史を大きく変えるものが生まれた。それは、、、昭和30年、森永フィンガーチョコレート。銀紙につつんだやつ。そして昭和33年、グリコアーモンドチョコレートが。昭和36年には森永エンゼルパイ、昭和37年 不二家ルックアラモード。日本人らしくいろんなものと組み合わせたものが登場してきた。食べ慣れていないチョコレートをおいしく食べるためにいろいろ工夫をした。中でもアーモンドチョコレートが大ヒット。

グリコは次の商品を考えていた。バタープリッツにチョコをつけるアイデアが出てきた。チョコを全部付けて銀紙で巻いてみたが、、、そんなことしないでも端だけ残してみたという大発明。チョコテックの登場。あれ?ポッキーじゃないのか。てくてく歩きながら食べられるチョコ。でもそれは商標登録されていたので、、、食べる時の音に注目し、ポッキーにした。昭和43年発売。そしてカプリコチョコレートもこの年。ロッテは気泡を作ったクランキーを昭和49年に。チョコレート戦国時代だ。名前も大事になってきた。

きのこの山!当時はカタカナの名前が主流だったので画期的だった。たけのこの里なども加わる。つくんことか。しかしきのこの山にも苦労が。ある商品に似てない?

さかのぼること6年前、、、明治がアポロを発売した。アポロ宇宙船の形のやつね。だが思うように売れなかった。生産ラインも稼働しない。そこで同じラインで似たような形を作った。試作から5年で完成。チョコとクラッカーを合わせたのになぜそんなにかかった?こだわりがあった。コアラのマーチやビックリマンチョコもそれから登場。

そして昭和63年。神奈川県のシルスマリアで生まれたのが、生チョコ。生クリームと融合して口どけがいい。大評判になり、大手メーカも作った。平成4年に明治はメルティキッスを発売。冬季限定で付加価値をつけた。

最先端のバレンタインチョコは、、、パティシエエスコヤマの焼きみかんのチョコがモモコのお勧め。

次はむぎチョコ。兵庫県 尼崎。奇跡のチョコレートメーカーと呼ばれている高岡食品工業。明治13年創業、従業員70名。

昭和19年、中国の戦場に一人の若者がいた。高岡やすひろさん。小さいころからチョコレート好き。近所に森永の工場があり、板チョコを買うのが楽しみだった。我慢することなく、日本の子供たちに腹いっぱいチョコレートを食べさせたい。敗戦後、カカオ豆の輸入は規制されていた。唯一代用品として手に入ったのはココアパウダー。どうやってこれをチョコに近づけるか、、、そして、出来たのがブドウ糖+ココアパウダー。しかしココアパウダーも容易には入手できない。そこで森永製菓に向かった高岡さん。日本の子供たちに日本人がつくったチョコレートをお腹いっぱい食べてほしいという熱意。森永はココアパウダーを譲ってくれた(ええはなしや。。。)。代用チョコレートが完成した。

昭和25年、カカオ豆の輸入が再開、大手メーカはチョコレート製造を再開した。

これで自分でもチョコが作れる、と思った高岡さんにまた壁が。社員に猛反発された。莫大な設備投資がいると。しかし戦争から帰って来た後、アメリカ人にチョコを貰おうと群がる子供たちを見てなさけなかった、自分で作りたいと説得。最小限の設備投資とアイデアアで作った。

例えば、、、ネットイン(サッカー)というサッカーボール型のチョコ。ハート、というハート型の10円のチョコ。そしてむぎチョコ。1972年発売で、年間360万個の商品に。

製造には技術が必要。麦を大きな回る窯でいりながらチョコを手作業で賭けていく。1袋30円。40年間値段が変わっていない。海外に全く無いもの。ポップコーンにキャラメルかけるなどの元祖かと。

« 0の0乗はいくら?を見るためにGoogle検索の3次元グラフ描画機能でz=x^yを描いてみた。 | トップページ | フィギュアスケートの羽生くん最高点発表で、羽生くんより驚いていた女性は小林芳子さん。⇒しかし金メダルを決めたフリーの得点発表のときに隣にいたのはオーサーコーチ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59131518

この記事へのトラックバック一覧です: 2/13のビーバップハイヒールはチョコレート特集。アポロときのこの山の関係や、むぎチョコの値段など。:

« 0の0乗はいくら?を見るためにGoogle検索の3次元グラフ描画機能でz=x^yを描いてみた。 | トップページ | フィギュアスケートの羽生くん最高点発表で、羽生くんより驚いていた女性は小林芳子さん。⇒しかし金メダルを決めたフリーの得点発表のときに隣にいたのはオーサーコーチ。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ