« 兵庫県立美術館でフルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展を見てきた。 | トップページ | 子供のころに楽器を習っておくと、大人になっても会話へのレスポンスが速くなるという論文が。 »

2014年2月25日 (火)

世界一辛い唐辛子が毎年入れ替わっているのか?

さっき読売テレビのすまたん、で向日市の第三回 kara-1グランプリの取材をしていた。

今年、よく使われていたのはモルガ・スコーピオンという種類の唐辛子で、”去年まで世界一の辛さと言われていた”とずっとテロップに書かれていたこと。

あれ?

世界一辛い唐辛子は「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」じゃないのか?

オーストラリアで世界一辛いトウガラシが誕生

146万3700スコヴィル。

と思ったら、2011年の話。

そのモルガ・スコーピオン2012年でてきて、、、200万9,231スコヴィル。

“世界一辛い唐辛子”が交代か、ギネス認定唐辛子を上回る辛さ検出。

で、さらに2013年には、、、約300万スコヴィルのキャロライナ・リーパーが、、、

世界一辛いトウガラシ「キャロライナ・リーパー」が発見される

ハバネロが35万スコヴィル、ブート・ジョロキアが100万スコヴィルなど、それを凌駕している。

スコヴィル値についてはこれを。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E5%80%A4

« 兵庫県立美術館でフルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展を見てきた。 | トップページ | 子供のころに楽器を習っておくと、大人になっても会話へのレスポンスが速くなるという論文が。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59195017

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一辛い唐辛子が毎年入れ替わっているのか?:

« 兵庫県立美術館でフルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展を見てきた。 | トップページ | 子供のころに楽器を習っておくと、大人になっても会話へのレスポンスが速くなるという論文が。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ