« ウクライナは大変なことになってますが、ティモシェンコと言えばムダズモ無き改革の”ガスの魔女”しか思いつかない、、、 | トップページ | 世界一辛い唐辛子が毎年入れ替わっているのか? »

2014年2月25日 (火)

兵庫県立美術館でフルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展を見てきた。

え?ポンピドゥーセンターを知らないって?あのフランスにあるあんなに有名な、、、

って私も知りませんでした。たまたまこの近くに用事があって、終わって時間があったので行って見たという、、、

http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1401/index.html

20140222_152652

20140222_143610

20140222_144038

抽象画みたいなのは私にはピンとこないけど、映像や動きがあるものもあって面白かったですよ。しかし、とにかく真っ暗な部屋でビデオが上映されているのがあるんですが(アンリ・サラ《入り混じる行為》)、

本当に真っ暗!

入っても人間がいるのかなんなのかわからなくでぶつかり放題!

で、、、人間の目は偉いもので、しばらくすると慣れてきたら、、、めちゃくちゃ人がいたことが判明。

 

« ウクライナは大変なことになってますが、ティモシェンコと言えばムダズモ無き改革の”ガスの魔女”しか思いつかない、、、 | トップページ | 世界一辛い唐辛子が毎年入れ替わっているのか? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59179977

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県立美術館でフルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展を見てきた。:

« ウクライナは大変なことになってますが、ティモシェンコと言えばムダズモ無き改革の”ガスの魔女”しか思いつかない、、、 | トップページ | 世界一辛い唐辛子が毎年入れ替わっているのか? »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ