« 2/27のビーバップ!ハイヒールは鉄道で巡るアノ名作の聖地in関西 物語はこの風景から生まれた!でした。 | トップページ | 素数の間隔についての大きな成果を上げた、Yitang Zhang(张益唐)さんとTerence Taoの経歴が余りにも違いすぎるのに目頭が熱く、、、 »

2014年2月28日 (金)

高校生がスーパーコンピュータ(T2K-Tsukuba)を使って5x5の魔方陣の解を全部求めたって。

筑波大学計算科学研究センターのプレスリリース。

"高校生がスーパーコンピュータを使って5×5魔方陣の全解を求めることに成功"

http://www.ccs.tsukuba.ac.jp/pr/media/140228_press

って。面白いな。というか5x5の魔方陣の全解自体は求まっていたのかな?

http://www.guru.gr.jp/~issei/msqj/5houjin2.htm

とか。

しかしさっきまで”魔法”陣と間違えて書いてたし、、、

そういやメルセンヌ素数のM21701, M23209を発見したのも、スーパーコンピュータを使った高校生でした。

http://www.isthe.com/chongo/tech/math/prime/m21701.html

« 2/27のビーバップ!ハイヒールは鉄道で巡るアノ名作の聖地in関西 物語はこの風景から生まれた!でした。 | トップページ | 素数の間隔についての大きな成果を上げた、Yitang Zhang(张益唐)さんとTerence Taoの経歴が余りにも違いすぎるのに目頭が熱く、、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分でも挑戦してみたのですが、自分のディスクトップPCで、1スレッドで8時間、4スレッドで2時間を切るプログラムができました。この記事は、高校生とスパーコンピュータの組み合わせにニュースバリューがあるのでしょうね。 読売新聞の記事では、新しい枝狩り手法を見つけた、とありましたが、自分の作ったアルゴリズムの方が優秀そう。(自我自賛ですが。) 
記事と同じ 512コア 使えれば、1~2分で終了しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59213831

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生がスーパーコンピュータ(T2K-Tsukuba)を使って5x5の魔方陣の解を全部求めたって。:

« 2/27のビーバップ!ハイヒールは鉄道で巡るアノ名作の聖地in関西 物語はこの風景から生まれた!でした。 | トップページ | 素数の間隔についての大きな成果を上げた、Yitang Zhang(张益唐)さんとTerence Taoの経歴が余りにも違いすぎるのに目頭が熱く、、、 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ