« ”アナと雪の女王”(Frozen)は本当はこう終わるべきだったという動画(少女時代にエルサが会うべきだった人物とは?) | トップページ | 2014年のプロ野球の統一球も反発係数が大きいということについてのミズノの説明が出てました。 »

2014年4月15日 (火)

大塚食品のビタミン炭酸MATCH(ピンクも出た)の青春と数学のCM、恋の三角関係の公式、、、これ求められるんじゃ、、、

三角関係にも公式があったら楽なのに、、、という二人の女子高生(広瀬アリスさんと広瀬すずさん。なんと実の姉妹。アリスさんが姉ですずさんが妹)の出てるMatchのCM。

これ、グランドに書かれている三角形、公式サイトにはもう少しわかりやすく書いてありますが、http://www.matchnews.com/

Cocolog_oekaki_2014_04_15_20_18

と見える。だったら、、、

x^2+y^2-2*x*y*cosθ=y^2*sinθ^2

なので、

(x-y*cosθ)^2=0

なので、、、x=y*cosθが最適な距離の公式じゃないのか???(しかも∠BACは直角、、、)

なんでこんな風に書いちゃったのかという、、、

でもまあθは求まってないので、x,y,ysinθをそれぞれθごとにどうなるかを描くと、

Matchmath

となる。そういう意味ではどの距離も等しい点はないし、どっかが完全にくっつくとその他は完全に離れる、ということで三角関係の公式と言えなくもない。

GeoGebra4.4でアニメにするとこんな感じですか?

Sankaku_2

« ”アナと雪の女王”(Frozen)は本当はこう終わるべきだったという動画(少女時代にエルサが会うべきだった人物とは?) | トップページ | 2014年のプロ野球の統一球も反発係数が大きいということについてのミズノの説明が出てました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とてもわかりやすい動画だと思います。
ただ、広告を見ると男の人は点Bにいるように思います。

そうなんですよね。前にも指摘を受けたけれど、めんどくさくて直してないという。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59475155

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚食品のビタミン炭酸MATCH(ピンクも出た)の青春と数学のCM、恋の三角関係の公式、、、これ求められるんじゃ、、、:

« ”アナと雪の女王”(Frozen)は本当はこう終わるべきだったという動画(少女時代にエルサが会うべきだった人物とは?) | トップページ | 2014年のプロ野球の統一球も反発係数が大きいということについてのミズノの説明が出てました。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

フォト