« 世界卓球のCMに橋本環奈ちゃんがでてる。マツケンサーブが面白いな。 | トップページ | 琵琶湖博物館にでかいプラナリアを見にいってきた。 »

2014年4月20日 (日)

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い を見てました。速記メモ。

4/20のNHKスペシャルは事故を起こした原子炉をどうやって廃炉にしていくかについて。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0420/index.html

では速記メモ。--

厚さ1.2mの特殊なガラスの奥で取りあつかわれている物体、、、原子炉の事故で生じた燃料デブリ。数万年にわたってひとを寄せ付けない、極めて強い放射線を出している。

スリーマイル島の事故からデブリを取りだした時の映像が残っていた。デブリだらけだ。なんてことだ。と係員が叫ぶ。

廃炉にするには、この燃料デブリを何とかしないとどうにもならない。3つのメルトダウンした原子炉を廃炉にするのは、人類にとって初めての経験。世代を超え、莫大な費用をかけて行わなければならない廃炉。この課題を見つめていく。というのがイントロ。

あなたは想像できますか?40年後の自分を。歳月の重みを。それだけかけて行われる廃炉。原発事故の後始末。全ての始まりは3年前の事故。3つの原子炉が次々とメルトダウン。世界最悪レベルとなった福島第一原発の事故。格納容器の原子炉に核燃料はおさめられているが、事故によって溶け落ち、格納容器にまで達し、溶け落ちたものは燃料デブリと呼ばれている。これを取り除き、原発を解体するのが廃炉。40年かかる作業の手順を東電が示している。工程表。長く複雑な工程。

準備、燃料デブリ取り出し、処分解体の3つからなる。

事故の格納容器を補修する。中に水をはって燃料デブリの放射線を封じ込める。冠水と呼ばれる。最大の山場は6年後から始まる燃料デブリの取り出し。原子炉の丈夫に人が入り、カメラで見ながらクレーンで取りだす。20年後に全てが取りだせる。その後、処分方法を決め、原発を解体。30~40年かかる。2兆円を超す費用になる。3つの原子炉で同時に廃炉をするのは世界でも初めて。実際にどのくらいの費用になるかはわからない。

東京電力は廃炉のための専門の組織を作った。福島第一原発廃炉推進カンパニー。増田さんが最高責任者。国内のメーカなど800社のトップに立つ。

廃炉への戦いが始まった福島第一原発。これまでの3年間、汚染されたがれきを取り除き、敷地内の放射線量を下げることにとりくんでいた。事故後、人が短時間しか作業できないほど高かった放射線量。今では外で作業できる場所が広がってきた。ようやく廃炉の本丸、原発中心部での作業が始まろうとしている。事故を起こした1~3号機。メルトダウンによって、核燃料が原子炉を突き破った。その影響で格納容器も破損。放射線が漏れだしている。

まずは格納容器周辺の除染をしなければならない。その調査が始まる。人が近づくこともむずかしいので、ロボット。MEISTeR(マイスター)が放射線量を計測し、2本の腕で放射性物質を採取する。三菱重工業のロボットだ。

http://www.mhi.co.jp/news/story/1402205498.html

マイスターを乗せたコンテナがクレーンにつるされ、運ばれた。2号機の最上階、オペフロ(オペレーションフロア)。ここが重要な拠点となる。

カメラの映像を頼りにオペフロを目指す。229ミリシーベルト/時だ。オペフロの3か所でコンクリートを採取するのが目的。ただフェンスがあり、マイスターではすすめない。そこでフェンスを取り除くもうひとつのロボット、Warrior(ウォーリア)を事前に投入した。iRobotのだな。http://wired.jp/2012/02/09/irobot-warrior/

しかしガレキは思った以上に散乱、思うように進めない。ウォーリアも段差で転倒、、、使用不能に陥っていた。ロボットは転倒に弱すぎる、、、

そこでとりあえず格納容器の真上1か所を調べる。コンクリートの床をくりぬく。放射性物質が床にどれだけ染み込んでいるか見るためだ。あと2か所も調べた。

そしてそれを持ち帰り、特殊な装置で放射線量を調べる。表面は非常に高い。深さ1mmまで放射性物質が染み込んでいる。洗い流すだけでは汚染は取り除けない。JAEA 大洗研究開発センターで調べてる。

そこで別のロボットの開発が進められている。表面を取り除き、除染する。

東芝のかな?

http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPTYE91E04W20130215

さらに天井も狭い場所も必要になってくる。

2号機は4400ミリシーベルトというポイントまである。今回のオペフロでも880ミリシーベルト。

免震棟では今も監視を続けている。

茨城 日立市。1号機でデブリに近づく方法を検討している。日立GEニュークリアエナジー。X-6と呼ばれる貫通。直径55cm。ここからロボットを投入する。人がX-6 まで近づけるのかが問題。去年12月、1号機で放射線量の調査が行われていた。ガンマ線カメラを搭載したロボット。http://www.robonable.jp/news/2013/02/hitachi-0226.html

X-6 から数mのところで、とんでもなくガンマ線が高い。振りきれた。正常な値がでない。天井を走る配管に集中する。1600ミリシーベルト。この配管のために放射線量が高いが、配管の除染は難しい。。。

そこで反対側のエリアに注目した。別の貫通部があった。直径は10cm。このためのロボットの開発が始まっている。岡田さんが開発している。ヘビ型ロボット。通りぬけると格納容器内で変形する。障害物を乗り越えながらデブリの撮影を目指す。

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/03/10hitachi/

かな。

で冠水が成功するかに次の工程に進めるかがかかっている。しかし水を上から注いでも水を貯めることができない。まずは補修し、水を入れ、デブリからの放射線を防ぐ。

さらにボート型ロボットも開発されており、内部を撮影している。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/14/063/

東芝とIHIが30億円かけた冠水のためのプロジェクトを実施している。

工場に実物大の格納容器を再現した。具体的な損傷場所はわからないが、ドーナツ型の太い管を止めれば水を貯められるのでは?管の内部で巨大な風船を膨らませる。

しかし、水が漏れた。。。しかしいろいろ試して水が漏れないようにした。

冠水の役割はもうひとつ、汚染水を止めること。山側から流れ出る地下水が汚染水の量を増やしている。

これまでは汚染水はタンクに貯蔵していたが、1000個を超え、敷地内を埋め尽くそうとしている。ALPSという汚染水処理設備もトラブルが相次いでいる。現場の作業員の半分がこれに手を取られ、廃炉作業も滞っている。

経済産業庁は現場周辺の漁師たちにある依頼を持ちかけた。原発の手前で地下水をくみ上げ、それを海に放出できないか?というもの。汚染される前にくみだして、だが、風評被害を漁師たちは心配した。誰が責任持つのか?と。今は検査のための魚を取り続けている。事故から3年。放射性物質はほとんどなくなった。しかし原発でトラブルが起きるたびに消費者が心配し、漁の再開が遠のいてきた。若手の漁師たちには変化が。これまで東電や国に強い不信感を持ってきたが、このまま対立しても問題は解決しない。廃炉が進み、汚染水を封じ込めることにかかっている。2019年で水を止めることができるかどうか?40年間何もできませんよ、と言われれば誰も漁師をやめるだろう。

子供にお父ちゃんのしごとなんだかわかる?と聞いたら、船でがれきとったり魚とったりと答える。がれきが先に来るのか、、、

地下水の放出を受け入れられるかどうか、議論が続いている、、、が話し合いのあと、地下水放出の受け入れを決めた。

次は燃料デブリの取り出しについて。作業の詳細はまだ記されてない。

貴重な手掛かりが海外にあった。スリーマイル島の事故。メルトダウンしたのは1つで、放射線量も比較的少なかったが、廃炉への道は苦難の道だった。

NHKで1000本もの映像をアメリカ政府から許可を得て調べた。

事故から3年、燃料デブリの取り出し前に初めてカメラで内部を取った。原子炉の上からカメラを下ろす。冷却水が少なくなり、燃料棒がむき出しになったが、格納容器に損傷がなかったので冠水はすぐにできた。デブリもないだろうと思っていた。が、カメラに映った光景は、、、担当者はJesus!と叫んだ。デブリだ。散乱していた。メルトダウンで核燃料の半分が溶け落ち、100トンにもなった。

まずは原子炉の上から工具を入れ、固まったデブリを取りだすことにした。事故から6年後。水中で細かな作業を行い、難しい。微生物もびっしり。熱の影響か。視界を遮るほど。

しかも想像以上にデブリが硬い。核燃料に溶けた金属が混ざったため。作業は遅れに遅れ、5年かかった。福島ではさらに硬い可能性がある。

スリーマイルでデブリはどう処理されたか?搬送するために開発された容器(衝突や火災が起きても大丈夫なように耐久試験を繰り返した物)を使って、アイダホ州の砂漠で保管されている。分厚いコンクリート。81トンのデブリがおさめられている。しかしここは1次的なものにすぎない。住民の反対で、最終処分が宙に浮いている。

もうひとつ、忘れてはいけない場所がある。チェルノブイリだ。

去年の原発内部の調査では、今も廃炉が進んでいないことがわかる。原子炉が爆発したため、デブリがむき出しになり、強い放射線を出し続けている。さらに100年待ち、その間に廃炉の方法を考えようとしている。当時の住民が移住したミンスクには故郷を思って祈る人たちが。チェルノブイリ教会。政府には当時3日で故郷に帰れると言われた。

しかしいまだにめどがない。チェルノブイリ近くの墓地には亡くなった村の名前がいっぱい書いてある。

また福島。廃炉を進めながら、原発周辺に人々の暮らしを取り戻そうという進め方を世界でも例をみないことをやろうとしている。大熊町ではしかし60%が帰らないと。町長ががんばっているが、、、むしろ町の外に大熊町を作れないかという住民。

町長は先月、新たな構想を取りまとめた原発から6kmのところに、廃炉を進めるスペースを作れないか?住民と廃炉にかかわる人たちが住む。

1.2号機の中央制御室。原発周辺の放射線量の監視が続いている。24時間体制。働いている人たちは地元福島出身が多い。

---

で時たま現れて語るかわいらしい女性は、小宮有紗さんでした。

http://ameblo.jp/komiyaarisa/

« 世界卓球のCMに橋本環奈ちゃんがでてる。マツケンサーブが面白いな。 | トップページ | 琵琶湖博物館にでかいプラナリアを見にいってきた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59502036

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い を見てました。速記メモ。:

« 世界卓球のCMに橋本環奈ちゃんがでてる。マツケンサーブが面白いな。 | トップページ | 琵琶湖博物館にでかいプラナリアを見にいってきた。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ