« なぜ、黒板を爪でひっかくと人は悲鳴をあげるほど嫌がるのか? | トップページ | 5/6の有吉のダレトクは、音で水を操る、そして湯煎したコンデンスミルク »

2014年5月 6日 (火)

ホメロスの1504年版オデュッセイアの余白の手書き暗号、早くも解かれてしまったって。

ちょっと前に、

500年以上前の本「オデュッセイア」に書き込まれた謎の暗号解読に懸賞金がかけられる

という記事を見ましたが、早くもその暗号解読されたって。

こちら。

Mysterious 150-year-old writing in rare copy of Homer's 'Odyssey' identified

19世紀のフランス速記と比べたけどやっぱり違っていて、本当は

18世紀後半にThévenot が発明したtachygraphie" (shorthand) systemというものだったって。

オンラインで文献を見つけて、、、というのがいかにも現代風ですね。

« なぜ、黒板を爪でひっかくと人は悲鳴をあげるほど嫌がるのか? | トップページ | 5/6の有吉のダレトクは、音で水を操る、そして湯煎したコンデンスミルク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59597196

この記事へのトラックバック一覧です: ホメロスの1504年版オデュッセイアの余白の手書き暗号、早くも解かれてしまったって。:

« なぜ、黒板を爪でひっかくと人は悲鳴をあげるほど嫌がるのか? | トップページ | 5/6の有吉のダレトクは、音で水を操る、そして湯煎したコンデンスミルク »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ