« え!AKB48の握手会で、川栄李奈さんと入山杏奈さんが刃物を持った24歳の男に襲われ、けが、、、梅田悟というやつが犯人だって。 | トップページ | スターターズ(リッサ・プライス)を読んだ。 »

2014年5月25日 (日)

NHKスペシャル"シリーズ エネルギーの奔流 第2回 欲望の代償 破局は避けられるか"[5/25(日)]を見てました。速記メモ。

昨日の第一回、"シリーズ エネルギーの奔流 第1回 膨張する欲望 資源は足りるのか"[5/24(土)]"に引き続き、第二回も見てました。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0525/index.html

では速記メモ。

モンゴル、ゴビ砂漠。700台ものトラックが中国との国境ゲートが開くのを待っている。一体何を運ぶ?午後5時、国境ゲートが開いた。積み荷は全て、、、石炭!!!PM2.5このせいじゃないか!

世界有数の石炭産出国、モンゴルはそのほとんどを中国に輸出している。環境には最も悪いが、最も消費はのびている。CO2放出の気候変動、放射性物質をどこに捨てるか、、、などエネルギーにまつわる問題がどんどん出てきている。

モンゴル。石炭トラックの群れが中国国境を超える。取材しようとしたらモンゴル国境警備隊は、上層部の許可を得てくれと。

世界最大の石炭輸入国、中国。37億トンも年間に使う。世界の半分。石炭は石油の1/3の値段。これを武器に経済成長していたが、環境対策が追い付いていない。

うわ、中国で建物壊してる。石炭を大量に使う工場を壊してるって。大気汚染が深刻化し、石炭の消費を抑えざるを得なくなった。肺がん患者は北京で6割増えたって。

全国人民代表大会でエネルギー消費量の65%以下の石炭消費にすることを宣言。しかし中国のエネルギー政策の専門家はあまり期待できないと。経済成長率が下がるから。

石炭に変わるエネルギー確保を急いでいる。海洋資源だ。南シナ海でベトナムと衝突したのもその一環。海底油田の掘削を中国の国営企業がやろうとしたのが原因。他国との摩擦が今後どんどん増えていくのでは?という予測。

人類のエネルギー消費はこの200年で爆発的に増えた。石炭による産業革命がおこってから、モータリゼーション、中東の大油田のエネルギー革命。エネルギーとともに人口も増えた。2050年、100億人に達し、エネルギー消費も倍になる。

CO2排出量もここ100年で増加、今も増え続けている。

インドネシア。人口2億5千万。ジャカルタ。エネルギー消費が急増している。異変が起きている。あれ?水没してるぞジャカルタ。満潮になると、一日8時間水没する。地盤沈下と温暖化の影響で20cm水面があがった。衛生状態も悪化してきている。これは全然知らなかった。

毎日水かきに追われている。

ボゴール農業大学の教授は、ジャカルタの10%が水没、50万人に影響すると。こりゃ大変だ。。。インドネシアではすでに24の島が海に沈んだ。今世紀中に国土の一割が無くなるとの予測も。

しかしCO2排出を増やすような行為をしている。石炭火力発電所を倍増した。

発電コストが1/3で済むから。経済成長を推し進めるために。インドネシアの経済は安い電力によって急成長してきた。電気料金は日本の半分。海外から企業を呼びやすい。30万人の雇用を生んでいる。内需も拡大している。

GDPは10年で4倍にのびた。CO2排出量も世界平均の4倍でのびた。

しかし、これからもこの状態を続けるのか?エネルギー省は今後10年の発電計画を発表した。やっぱり石炭。53%から66%にあげるって。なんでやねん。CO2の排出量は今の2倍になる見込み。環境に悪影響があることは分かっているが、安い電力は経済に不可欠。環境より経済成長を選んだ、とのこと。

今世紀末、4.8℃温度が上昇するという予測もある。海面は最大82cm上昇、数億人が住む場所を求めて移動、紛争も起きる?

アメリカ政府に助言しているリチャードハインバーグ氏。新興国は化石燃料を燃やして豊かになるというのに憧れるが、化石燃料は環境に影響を与え、結局経済がだめになる。なので新たなエネルギー確保には必至。

インドネシアの国立スルポン原子力研究所。小規模な実験を繰り返している。あ、チェレンコフ光だ。政府は4基の原発を建設する予定だ。

放射性廃棄物はどうする?原子力発電所は世界31カ国で426基、さらに181基が新たに建設される。すなわち放射性廃棄物も増える。自分の国で処理することになっているが、、、

またモンゴル。放射性廃棄物を処分しようという試みが進められている。国際処分場。

2011年3月にアメリカで明らかになった。ウラン燃料を輸出している韓国や台湾の廃棄物をモンゴルに運び処分。国内で処分の原則を破るもの。ゲイリーセイモア元大統領補佐官が、これは魅力的な計画だったと語る。

一方のモンゴルにも狙いが。ウラン試掘場で調べたところ、世界最大級のウラン鉱脈があることが分かった。使用済み核燃料を引き取るサービスを行うことで、ウランを世界に売りまくりたい。2010年にはモンゴル外務省に作業部会も組織された。しかし、2011年8月にばれ、反対運動が起こった。で計画は、、、消えた。しかし国際処分場の構想はヨーロッパでも進んでいた。

チャールズマコンビーさん。EU指令で加盟国に対し、使用済み核燃料の処分をどうするか示せと出た。このとき初めて共同で処分場を作る話が出た。小さな国にとって、安全でしっかりした最終処分場を作るのは難しい。高い技術と多額の費用が必要。一緒になることで効率的な処分場を作ることが可能になる。

オランダを訪ねる。所有する原発は1基。最終処分場を確保できていないので、放射性廃棄物 中間貯蔵所に保管。地下にコンクリートに固めて。毎年、3m^3ずつ増える。

処分場の設置には数千億円かかる。他国と共同したいが、、、問題は場所(TOSHIBAのPC、マコンビーさん使ってるな)。海に作ることを考えている。北海。

北海に人工の島を作り、そこから海底に穴を掘り、7カ国の廃棄物を埋める。

しかしマコンビーさんはこの計画の実現は容易ではないと語る。のにヨーロッパ以外からも問い合わせが相次いでいる。これを当てにして原発を作ろうとしている。

この日はUAEの大使館に招かれた。UAEは2基の原発を計画している。放射性廃棄物のことを考えずにエネルギーのことだけ考えるのはやめて、とマコンビーさん。

国際処分場をあてにするのはやめて、自力で放射性廃棄物を管理できるか考えてほしいとも。

再生可能エネルギーは?問題解決?といきたいところだが、、、

逆にCO2や核のゴミが増える?グリーンパラドックス?なにそれ?

ドイツ。脱原発にかじをきった。風力や太陽光発電をエネルギーの中心に占める。将来80%を再生可能エネルギーにする予定。しかしこの転換が矛盾を生む出している。

大手自動車部品メーカ BORGERS。この10年で電気料金は2倍に跳ね上がった。消費電力を制御する装置を導入した。5%は節約、、、たったそれだけ?と社長。

電気料金の安いチェコ共和国にも工場を持っていて、今後の設備投資はそこを中心にやろうとしている。海外移転を考える企業がドイツ全体に広がっている。すでに3%が移転、14%が計画中。隣国のチェコ共和国。国境からわずか30kmのところに、ドイツ企業が集まる工業団地がある。200社以上が建設されている。工業化によって電力需要が伸び続けるが、電気の半分は石炭で賄っている。国内で取れる褐炭が中心。通常より1割多くCO2を排出する。褐炭が取れる近くの村の村長が大気汚染を懸念している。

チェコは原発の建設も予定している。テメリン原子力発電所。ここに新たな原子炉を建設予定。ドイツの目と鼻の先で、原発が増えていく。2020年に原発は0%になるドイツ、しかし2040年に50%が原発になるチェコ。ドイツ・フランス国境でも原発が稼働している。

スロバキアやポーランドでも原発建設計画が。一つの国が再生可能エネルギーを増やしても、他の国で石炭や原発が増える。これをグリーンパラドックスと呼んだ。あ、本まで出てる。一つの国で対策しても意味がないと。

国の違いを乗り越えて協力できなければどうなるのか、、、

フランス、パリ大学のジャンマリーシュバリエ教授が語る。今必要なのはイノベーションだと。技術、組織、国家の運営、法律などを変えていかないと。エネルギーの分野で想像もつかないようなイノベーションが起きることを期待。

アメリカ、ミシシッピ州。石炭火力発電所。CCS 二酸化炭素回収装置が付いている。

CO2は圧縮され、パイプラインに送られる。地下1500mの地層に繋がっている。そこにCO2を閉じ込める。しかし、従来の発電所の2倍のコストがかかる。技術の普及はどこまでコストを下げられるかにかかっている。

茨城、東海村。放射性廃棄物を核変換技術で処理する方法も。日本原子力研究開発機構。

J-PARKセンター。加速した中性子をあて、これによって核分裂させ、元よりも半減期が短い物質に変える。数万年⇒数百年に短縮できるが、、、まだ微量の物質(1g未満)だけ。

実用化ははやくて2050年。

地球の人口は96億に、エネルギー需要は今の倍。技術革新は間に合うのか?

ハインバーグ氏は、人類の方向転換を考えなければと語る。折れそうな枝の先になっている。このまま折れるか、資源を消費する欲望を抑えるのか、時間がたてばたつほど枝の先からは引き返せなくなる。今、何を犠牲にし、何を守るかを考える必要があると。

モンゴル、ゴビ砂漠の石炭採掘場では今日も中国に輸出する石炭を掘り続けている。

近くでは遊牧民の暮らしが営まれている。羊の習性の教訓がある。

羊は表面の草しか食べない。来年また生えてくる。根まで食べると二度と生えない。

« え!AKB48の握手会で、川栄李奈さんと入山杏奈さんが刃物を持った24歳の男に襲われ、けが、、、梅田悟というやつが犯人だって。 | トップページ | スターターズ(リッサ・プライス)を読んだ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59704447

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル"シリーズ エネルギーの奔流 第2回 欲望の代償 破局は避けられるか"[5/25(日)]を見てました。速記メモ。:

« え!AKB48の握手会で、川栄李奈さんと入山杏奈さんが刃物を持った24歳の男に襲われ、けが、、、梅田悟というやつが犯人だって。 | トップページ | スターターズ(リッサ・プライス)を読んだ。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ