« 5/25(日)の朝、JR京都線が遅れてます。異音の確認で。 | トップページ | 能年玲奈さん、あまちゃん放映時にはTwitterでどこに視聴者が食いつくか分析して、それに応じた演技をしたとか。 »

2014年5月25日 (日)

NHKスペシャル"シリーズ エネルギーの奔流 第1回 膨張する欲望 資源は足りるのか"[5/24(土)]を見てました。

二夜連続のシリーズの第一回。http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0524/index.html

速記メモで。

急激な経済成長を遂げたインド。12億の人が全てアメリカのような暮らしをしたら、10年余りで原油が枯渇する。さらに全世界の70億人が豊かになったら、5年は持たない。

人類存亡のカギはエネルギー。という今回のお話。音楽は横山克さん

まずはインド。12億の人口。今月、国の新たなリーダーが決まる選挙が行われた。有権者数8億人を超える世界最大規模の選挙。ナレンドラ・モディ氏が当選した。長年州政府のトップだった人物。彼の主張は、あなた方の家々まで電気は供給されてますか?私は24時間、365日電気を供給しますと。人々のエネルギーへの渇望が支持を集めた。3000万台の車、8億8千万台の携帯電話、エネルギー消費は世界第三位。爆発的な需要を象徴するのは、盗電。勝手に電線を自宅に引き込んでいる。

冷蔵庫・扇風機・テレビがある家庭の人が盗電してる。しかし人々の需要に供給が追い付いていない。織物製造業の方は、毎日頭を悩ませている。すぐに停電になる。機械が一斉に停止した。インドでは停電は毎日のこと。復旧までには長い時には10時間もかかる。倉庫には停電で納期に間に合わなくなった製品が積まれていた。停電で経営が思わしくないと。モディ氏に期待すると。モディ氏がいたグジャラート州。太陽電池がずらっと。インドで唯一停電がない州となった。平均で年10%という成長率を実現させた。港を整備し、石炭や天然ガスを輸入。インド全体をグジャラート州のように発展させようとしている。

人類のエネルギー消費はこの200年で爆発的に増えた。産業革命以来だ。19世紀に石炭による産業革命に始まり、モータリゼーション、中東での石油のエネルギー革命。2050年、人口は100億近くまで増え、エネルギー消費も倍になると予想。

ベトナムもエネルギー消費が増えると予想されている。エネルギーを大量に使うライフスタイルに人々が目覚め始めている。

さらにナイジェリアも経済発展が目覚ましい。

人類はあらゆる手を使ってエネルギーを手に入れてきた。石炭、石油、天然ガス、原子力、水力、再生可能エネルギー。それでもこれでも消費が増えるとなると資源は足りるのか?

石油は40年、天然ガスは60年で枯渇すると言われていた。しかし、最近全く違う説がでてきた。

国際エネルギー機関のファディ・ビロール主席エコノミストは、資源はまだまだあると語る。何の問題もないと。これまで開発できなかったところから石油が出てくる。深い海の底など。

ブラジル、リオデジャネイロ。今ここで大規模な石油開発がおこなわれている。舞台は海岸のはるか沖合。ヘリに乗ること1時間半。見えてきたのは、船。日本の消費量の30年分の原油が眠っているという。全長332m、原油の採掘から精製まで行う基地だ。海底に掘った井戸から原油が出てきた。ガソリンなどに加工しやすい原油。とてもいい石油、軽い石油、黒い黄金と呼ばれていると語る。この原油はかつては手が届かなかった深海から採掘された。

最先端の技術が可能にした。船からのびるパイプは水深2000mの海底に繋がり、さらに5000m下に原油が。特殊なドリルが開発された。硬い岩盤をくりぬける。

プレソルトと呼ばれる地層の隙間に原油がある。調査の結果、ブラジル沖合にプレソルトが広がっていることがわかった。

http://oilgas-info.jogmec.go.jp/dicsearch.pl?freeword=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88%EF%BC%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E6%B7%B1%E6%B5%B7%EF%BC%89&target=KEYEQ

http://mitsui.mgssi.com/issues/report/r1310m_kinjo.pdf

1000億円の建造費の船が34隻も稼働している。開発には巨額の費用がかけられている。深海油田の採算ラインは1バレルあたり50ドルと言われている。1バレル10ドル以下の中東の原油よりも遥かに高い。原油価格は2000年ころまで20ドルくらいだったが、今は100ドルにも。

去年10月に、ブラジルで最大となる油田の入札権が6800億円で落札された。中国の国営企業含む2社。ブラジルでは5年間に8兆4000億円をかけてさらに油田を見つけようとしている。

ブラジルだけではなく、新たな方法で資源を手にする国が出てきている、ベネズエラ、シェール革命のアメリカ、カナダ。西アフリカは海底油田。

原油確認埋蔵量はこの10年で1.5倍になったが、、、、消費量は中国は2.5倍にインドは1.8倍に増えている。まだまだ足りない。

次はカナダ。アルバータ州の採掘現場。森林の奥。探しているのはオイルサンド。

https://www.japex.co.jp/business/oversea/canada.html

これが金を生むんだと。高温で熱することで原油を抽出できる。オイルサンドの埋蔵量は日本の消費量100年分。280兆円の富をもたらすと言われる。世界中から労働者が押し寄せてくる。給料がいい。整備士が月に240万円?そりゃすごい。トラック運転手も1000万円以上の年収。

地下300mにオイルサンドが眠っている。パイプはその地層に達したところで横に曲がり、1kmのびている。パイプから水蒸気をだす。原油が溶けだし、もう一本のパイプから採取している。1バレルあたり70ドル。今の原油価格なら利益がある。

オイルサンドの採掘は水蒸気が必要なため、火を燃やす。CO2の排出が懸念だが、、、

カナダは京都議定書から脱退した。ああ、あれこういうことなのか!知らなかった。

市場で投資家たちはこうした資源に競って投資する。エネルギーの需要がある限り、投資は続き、エネルギーの高値は続く。

石油アナリストのダン・ディッカーもこの流れは止まらないと語る。私たちが生きているうちに原油価格が下がることはないだろうと。

しかし、資源を持たない新興国にとってはつらい、、、

トルコ。人口はこの10年で急増。1000万人増えた。石油や天然ガスの輸入も増えた。年間6兆円。貿易赤字が膨らんでいる。これ以上赤字が出れば経済に打撃が。エネルギー天然資源省は水力発電に目をつけた。新たに400の水力発電所が出来たが、爆発的な需要に対応出来ない。2023年には倍の消費量になると予想。今月、炭鉱で大惨事が起きた。坑内でガス爆発、300人が死んだ。少しでも自国の資源を使おうとした中の悲劇。

どう必要なエネルギーを確保するか?トルコは今、原発の建設を計画している。ロシアの原発の導入だ。ロシア側のある提案があった。巨額の建設費がハードルだが、ロシアが2兆円の建設費を負担すると提案。運転や管理もロシアが担う。ただし、条件がある。原発を所有するのはロシア。電気料金を徴収することで利益を回収する。この提案をトルコは選択するしかなかった。

http://www.cnic.jp/5618

すでに建設に向けた動きが始まっている。ロシアの国営企業の担当者が村を訪れた。安全性を不安視する住民から質問が飛ぶ。

マトリョーシカ人形で説明(なんだこりゃ)。事故が起きても放射性物質を外に漏らさない構造になっていると(だから日本でもそんなこと言ってたけど漏れたんじゃないの。。。)。

ロシアの国営原子力会社は他の新興国でも欲しがると自信たっぷり。

トルコはもうひとつ、原発を作ることを決めた。日本とフランスの合弁会社だ。安倍さんがトルコの首相と会談してたなあ。

http://newsphere.jp/politics/20140109-3/

福島の事故から3年たった今、海外では状況が変わってきた。安全が一番の問題ではない、資金をどうやって確保するか。

リトアニアでも重要な政治課題になっている。原発の建設計画が進んでいる。協議を進めているのは日本のメーカー。政治的な理由が色濃く反映されている。ラトビア、エストニアとともにすすめ、リトアニアから電力を送る計画になっている。ヴィサギナスというところに、ロシア以外のところに作ってもらう必要が。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD260HT_W3A121C1TJ1000/

日立ですな。

ロシアからはパイプラインで天然ガスを輸入している。電力も7割。エネルギーをロシア一国に任せるのは避けたいと。ウクライナの問題で、この方針が決定的になった。

現在、世界にある原発は426基。さらに120以上が建設予定。

ベトナム。フンロン村。今、村の暮らしが大きく変わろうとしている。この日、変電設備が完成した。これまで電力が乏しかったが、使いたいときに電気が使えるようになった。

50km離れた電気店に向かう。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、携帯電話。。。農村の暮らしが急速に変貌を遂げている。やっぱりLGとかSamsungが多いな。

アメリカ政府にエネルギー政策を助言している、リチャードハインバーグさんが地球の資源に限界があるという現実を見ようとしていない、と語る。まずは今何が起きているのか、何をする必要があるかを理解しないといけないと。

次はモンゴル。ゴビ砂漠でも地下資源の掘削が始まっている。ウランだ。

http://mric.jogmec.go.jp/public/kogyojoho/2008-05/MRv38n1-05.pdf

むきだしで掘って大丈夫なの?新たな方法が試みられている。

---

とここまでが第一回。5/25(日)の第二回も見てみます。

第二回はこちら。

NHKスペシャル"シリーズ エネルギーの奔流 第2回 欲望の代償 破局は避けられるか"[5/25(日)]を見てました。速記メモ。

« 5/25(日)の朝、JR京都線が遅れてます。異音の確認で。 | トップページ | 能年玲奈さん、あまちゃん放映時にはTwitterでどこに視聴者が食いつくか分析して、それに応じた演技をしたとか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

速記、見事です。2時には検索結果に反映されていました。キーワードは「3000万台の自動車、8億8千万台の携帯電話」です。

いまさらこのドキュメンタリを見て
「原油価格は下がらない」と言っていたのに・・・
と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59703767

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル"シリーズ エネルギーの奔流 第1回 膨張する欲望 資源は足りるのか"[5/24(土)]を見てました。:

« 5/25(日)の朝、JR京都線が遅れてます。異音の確認で。 | トップページ | 能年玲奈さん、あまちゃん放映時にはTwitterでどこに視聴者が食いつくか分析して、それに応じた演技をしたとか。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ