« 6/1のがっちりマンデーは"新企画!「儲かるプロの店」 プロが来るにはワケがある!金ピカの作業着が買えるお店とは!"でした。 | トップページ | パスポートを子供に落書きされて出国出来なくなった人のその後、、、 »

2014年6月 1日 (日)

6/1のNHKスペシャル"ミラクルボディー サッカー・FIFAワールドカップ 第1回 ネイマール "変幻自在"の至宝"を見てました。速記メモ。

サッカーワールドカップ開催に合わせた特集の第一回は、ブラジル代表のスーパースター、ネイマールの体の秘密。なんとモーションキャプチャしたって。これ使ったゲームとか出てきそう。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0601/index.html

では速記メモで。

変幻自在に相手を切り裂くドリブル。予測不能なシュート。ブラジルの至宝、ネイマール。

今月から祖国ブラジルで始まるワールドカップで最も注目される人物。

まるで蝶のような動き。ロナウドもペレもネイマールをすごい、と語る。一体どんな男なのか?

ミラクルボディと言うネイマール(あれだパーフェクトボディと言うケインコスギのパロディをやらせたな、NHK)。なかなかいい兄ちゃんだな。でも体格は1m75cm、64kg、あ、華奢だ。この体からどうやってあのプレイが?

ネイマールが語る。一番楽しいのは、相手が想像もしていないプレーをすることだ、と。

FIFAコンフェデレーションズカップ。ワールドカップの前哨戦。ここで、世界に注目された。

日本との対戦。開始三分でいきなりシュートが決まった。踊るネイマール。この大会4ゴールを決め、最優秀選手に選ばれた。世界を驚かせたのは、誰にも予測できない変幻自在のドリブル。相手の裏をかく多彩なフェイントが特徴。相手のまた下を抜く、あるいはボールに触らずに翻弄する、上体を揺らし、逆をつく、奇想天外な動きの組み合わせ。

ネイマールと対戦した内田は、ぼくを左右に振って、こっちいったらこっち行くし、もうどうしょうもないって。

ネイマールはドリブルは自分のサッカーを表現するもので、最大の武器。なによりも大事と語る。

スペイン、バルセロナ。ネイマールは去年からバルセロナに所属している。アルゼンチン代表のメッシ、スペイン代表のイニエスタなどと同じチーム。10カ月の交渉で、初めて科学の目で体を調べることを許された。

普段はチームが使ってないグランドで調べる。自分の体がどうなっているか楽しみだ。でも僕のドリブルを解明するのは無理だと思う、と。

で使うのは、最新鋭の撮影機器。2000コマ撮影できる超高速度カメラ、

360°の広角でひろえるカメラ、全身につけたマーカーを使って動きをとらえるモーションキャプチャなど。まず分析するのはドリブル。

1対1で抜いてもらう。このひとやっぱりすごいな、軽いノリでやってるのに相手が追い付けない。使ったテクニックはまずはペダラーダ(ボールを自転車のペダルを踏むようなテクニック)、スピードを上げたかと思うと急ブレーキ。あたかも相手をもてあそんで、シャペウというフェイント。ディフェンダーは全く反応できない。2つの足を同じように使うボールさばき。きき足の右足と左足を交互に使っている。右が12回で左が9回だった。

ネイマールはいくつのフェイントを持っている?ペダラーダ、エラシコ(足の外側でさわって、すぐに内側)、カヘチーリャ(ボールをはさむ)、カネッタ(また下)、メイアルア(ボールをけりだし逆サイド)、シャペウ、その数はいくつあるか自分でもわからない。

なぜこれが次々でてくるのか?

脳の活動を調べる医療機器(fMRIかな)で調べる。イメージするのはドリブルでディフェンダーを抜く動き。脳のどの部分が活動しているか?

特徴的な反応が出てきた。左側に赤い部分が多くみられる。内藤栄一さんがみて解説する。http://cinet.jp/research/bmi_research/index.html

エキスパート脳だって。左の脳には複雑な体の動きを司る部分がある。まず状況に応じたいくつかのプレイを準備し、その中からベストのプレイを選択、そして実行へ。

その一連の作業を繰り返していた。

どうやってこれが生まれたのか?そのルーツを探ることに。幼少期をすごした場所に向かう。年上の子供と小さいころからサッカーをしていた。体も小さく、足も速くなかったが、プロ選手だった父親からALEGRIA(楽しめ)と言われていた。でも父親は3部リーグで生活も苦しかった。息子にはサッカーを好きなだけやれ、と言った。6歳のとき、フットサルのチームに入った。当時の映像があった。あ、当時からドリブルめっちゃうまいぞ。フットサルはボールに触る機会が多い。それが原点になった。なるほどなあ。

困難を乗り越えれば、喜びと情熱が生まれる。それをフットサルで学んだ、とネイマール。

コーチも次々を難しい課題を与えていた。褒められるのがうれしくて、ネイマールは多彩なフェイントを身につけていった。

で次はいくつものマーカーを体につけて、モーションキャプチャを見てみる。

1対1で抜きさるときの動きを見てみた。うわ、ほんとにリアルに再現されてる。重心がどこにあるかを調べられる。

乾選手も同じ実験に加わる。乾のドリブル。緩急をつけて抜こうとするが、ディフェンダーも必死についてくる。乾とディフェンダーの重心の動きをグラフにすると、線がほぼ一致してしまった。一方、ネイマール。あ、全然違う動き。直交曲線だ。これ比べられると乾さんかわいそうだなあ。。。

乾さんが見ると、別格っすね、うますぎる、絶対できない、と語る。

筑波大学の浅井武さんに分析してもらった。

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/common-data/prof.php?ug&view=4

細かくて速くて手数が多い。止まった時にフェイントを出すのがセオリーなんだけど、細かい動きの中でやられているので手が出せない。

切り返しの速さにも驚く。左に行くと見せかけて、右に切りかえすまでの時間が短い!

0.13秒!

100mのオリンピック選手のスタートに匹敵する反応時間。こりゃ抜けんわ。

1930年に始まったワールドカップで5回優勝のブラジル。

10番を背負うことは誇り。ペレを始め名選手がつけてきたから。プレッシャーも大きいけどそのための準備はしている、とネイマール。

去年9月にはじめて10番をつけた。このころ、ネイマールはスランプだった。半年の間に決めたゴールはわずか3。特に、強豪相手では厳しくマークされ、1点も取れなかった。

ブラジルのファンは容赦しない。エースの資格がないと。ペレも代表では普通の選手になり下がった。10番にふさわしくないと、、、

でも、ALEGRIA、スパイクに刻まれている!楽しむ、という言葉が支えてくれた。

楽しむことを忘れなければ結果は自然についてくる、と語る。でコンフェデレーションズカップで大活躍。

さらにシュートにも迫る。

相手に構えるすきを与えないボレーシュート。空中のボールを軽々とけって決めてしまう。

どんなボールが来るかはやく見極めて、足の動きが重要と。

また分析に入る。シュートの動きを1秒2000コマの超ハイスピードカメラで撮影。

シュートの瞬間、足がボールにぴったりくっついている。他の選手も見ると、ボールが足から離れる瞬間、ボールと足との間に隙間ができてる。ネイマールは最後までずっとくっついたまま。確実にミートしていた。

このわずかな差がシュートの威力に出てきている。他の選手は初速は時速108km、最後は80kmまで。ネイマールは蹴りだしは107kmだが、104kmで突き刺さる!弾道が低い。

日本戦でみせたあのゴールだ。

まだボール遊びをしていたころ、父が足をつねって、ここで蹴るとよく飛ぶぞ、と教えてくれた。

ブラジルとスペインのコンフェデレーションズカップの決勝。

ネイマールがここ数年のベストゴールと言うものが得られた。ゴール前でボールを受け、

シュートを撃つことは決めていた。右に蹴るか、左に蹴るか。右は広かった。左は狭く、リスクが高い。カシーリャスという名キーパーが守る。さてどっちで蹴るのか?

右側を蹴るのが普通だと思った。ネイマールの軸足を見ていた。蹴る方向に向けるのが常識。みんなそう思った。しかしネイマールは、、、ゴールキーパーが予測していないのはどこか考えていた。左の高い位置を思いついた。で、ゴール。

うわ、これすごいな。絶対予測できない。軸足を右に置いて左に蹴る、常識破りのシュート。しかも左隅ぎりぎり。

夢にも思わなかったとゴールキーパー。

やはり足の使い方がポイント。モーションキャプチャで調べると、特徴はひざにあった。

また乾さんと比較。乾は途中でひざを固定し、そこを起点に足を振ってる。

ネイマールは、膝を固定しないまま足全体で振り抜いてる。

ヌンチャクみたいな感覚が普通の選手とすると、ネイマールは鞭(むち)のようだ、と浅井さんが語る。

シュートの基本はヌンチャクのような蹴り方。ひざを固定することでボールを確実に蹴れる。しかしその時にボールをどこをけるかわかってしまう。ネイマールを足の付け根を固定しているので、しなやかに蹴れる。

すべてのプレーで相手の裏をかく、と語るネイマール。

ペレが代表チームの激励に訪れ、ネイマールを激賞した。一度はエース失格と言ったペレが、自らの後継者と認めた瞬間。

ワールドカップの試合をイメージすると、自分がドリブルで抜いたりシュートをするのが見えるとポジティブイメージをするネイマール、楽しむことを忘れなければ結果はついてくると語る。

---

全くサッカー詳しくないんですが、この人のプレイ面白いな。ワールドカップはブラジル中心に見たい。あと私もどっかにAlegriaって貼っとこうかな。。。

二回目はこちら:

6/8のNHKスペシャル"ミラクルボディー サッカー・FIFAワールドカップ 第2回 スペイン代表 世界最強の"天才脳""を見てました。速記メモ。

« 6/1のがっちりマンデーは"新企画!「儲かるプロの店」 プロが来るにはワケがある!金ピカの作業着が買えるお店とは!"でした。 | トップページ | パスポートを子供に落書きされて出国出来なくなった人のその後、、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59743611

この記事へのトラックバック一覧です: 6/1のNHKスペシャル"ミラクルボディー サッカー・FIFAワールドカップ 第1回 ネイマール "変幻自在"の至宝"を見てました。速記メモ。:

« 6/1のがっちりマンデーは"新企画!「儲かるプロの店」 プロが来るにはワケがある!金ピカの作業着が買えるお店とは!"でした。 | トップページ | パスポートを子供に落書きされて出国出来なくなった人のその後、、、 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ