« 今日6/25のためしてガッテンは、"やる気低下が危険信号 脳の異変を発見せよ"でした。 | トップページ | ×、÷の書き順が違うと×をつける算数の先生がいると言う話を聞いて、アインシュタインが積分記号∫を下から書いたのを思い出した。その先生、アインシュタインに×をつけるのかな、、、 »

2014年6月26日 (木)

Scratch(プログラム言語)で21ゲームを作ってみる(1~3ずつ数字を増やしていって21以上を言った人が負け)

この前、翠玉白菜を見るのに120分間並んでいたときに読んでいたのはなぜかトップラン(清涼院流水)。そこに数取りゲームが出ていた。これは懐かしい、と思ってScratchでやってみようと思う。で、海外でも多分有名だろう、とNIMで検索すると、

http://en.wikipedia.org/wiki/Nim

お、The 21 gameというのがあるのか。じゃあこれをやってみよう。1~3ずつ数を増やしていって21以上の数を言った人の負け。

これです。

http://scratch.mit.edu/projects/24042076/

21gamescratch

もちろん必勝法があってネコがいつも勝つ。

プレイヤーが先攻で、ネコが後攻なら、、、大人には多分すぐばれるだろう。ネコは4の倍数になるように数を増やしているだけ。どうしてもプレイヤーが21以上をいうはめになる。


« 今日6/25のためしてガッテンは、"やる気低下が危険信号 脳の異変を発見せよ"でした。 | トップページ | ×、÷の書き順が違うと×をつける算数の先生がいると言う話を聞いて、アインシュタインが積分記号∫を下から書いたのを思い出した。その先生、アインシュタインに×をつけるのかな、、、 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/59876707

この記事へのトラックバック一覧です: Scratch(プログラム言語)で21ゲームを作ってみる(1~3ずつ数字を増やしていって21以上を言った人が負け):

« 今日6/25のためしてガッテンは、"やる気低下が危険信号 脳の異変を発見せよ"でした。 | トップページ | ×、÷の書き順が違うと×をつける算数の先生がいると言う話を聞いて、アインシュタインが積分記号∫を下から書いたのを思い出した。その先生、アインシュタインに×をつけるのかな、、、 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ